「令和2年度全国中学生・高校生防災会議 ~全国防災ジュニアリーダー育成オンライン研修~」について

事業概要

事前学習用動画

参加校の取組発表動画

オンライン会議当日の様子

報告パンフレットダウンロード

令和2年度全国中学生・高校生防災会議
~防災ジュニアリーダー育成オンライン研修~ 概要

事業概要

目的

阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震や火山噴火、水害などが頻発している我が国における災害やその対策等の現状を世界にアピールするともに、次代を担う人材の育成、防災意識と社会参画意識のさらなる向上を目指し、これからの防災・減災の担い手である中学生・高校生を中心とした防災会議を開催する。
2018年度は兵庫、2019年度は東北・熊本を会場として実施した実績を踏まえ、当初2020年度は東京を会場として実施することを予定していたが、新型コロナウィルスの影響を鑑み、過去2年間の参加校のフォローアップと、東京を会場に開催する2021年度事業へ取組を繋いでいくことを目的に、2020年度は、オンライン会議を実施する。

主催

独立行政法人国立青少年教育振興機構

特別協力

公益財団法人上廣倫理財団

日時

令和2年12月26日(土)14:00~17:30

開催方法

ZOOMによるWEB会議(拠点:国立オリンピック記念青少年総合センター)

講師

特別講義:衆議院議員 福井 照 氏

講義1:宮城教育大学 特任教授 野澤 令照 氏

講義2:CODE海外災害援助市民センター 事務局長 吉椿 雅道 氏

全体ファシリテーター

国立青少年教育振興機構 青少年教育研究センター 青山 鉄兵 副センター長

参加校情報

対象

全国で防災教育や被災地支援活動に積極的に取り組んでいる中学生・高校生及び教員

参加校数

15都府県 31校(中学校:11校、高校:20校)
※申込32校(欠席1校)

参加校一覧

釜石市立釜石東中学校、岩手県立大槌高等学校、宮城県築館高等学校、気仙沼市立階上中学校、福島県立小高産業技術高等学校、千葉県立館山総合高等学校、東京都立大崎高等学校、東京都立新宿山吹高等学校、桜美林高等学校、新潟県立糸魚川白嶺高等学校、大阪市立白鷺中学校、京都府立東稜高等学校、兵庫県立尼崎小田高等学校、神戸市立神港橘高等学校、兵庫県立舞子高等学校、兵庫県立西脇北高等学校、南あわじ市立倭文中学校、南あわじ市立沼島中学校、南あわじ市立西淡中学校、南あわじ市・洲本市組合立広田中学校、南あわじ市立三原中学校、南あわじ市立南淡中学校、岡山県立真庭高等学校、徳島市津田中学校、高知県立大方高等学校、高知県立須崎総合高等学校、熊本県立第二高等学校、熊本県立高森高等学校、南阿蘇村立南阿蘇中学校、大分県立佐伯鶴城高等学校、宮崎県立福島高等学校
※欠席:宮城県多賀城高等学校

参加者数

166名(中学生:33名 高校生:80名 教員:53名)

事前の取組の紹介

オンライン事前説明会

日時:令和2年11月28日(土)14:00~14:40

講師による事前学習用講義動画の公開/参加者からの事前質問の受付

公開期間:令和2年11月1日(日)~12月25日(金)

参加校による取組発表動画の事前公開

公開期間:令和2年11月1日(日)~12月25日(金)

事前学習用講義動画

 

特別講義「強くしなやかな 美しい国 日本の防災減災・国土強靭化と公衆免疫・公衆医療強靭化」

講師:衆議院議員 福井 照 氏

内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、消費者及び食品安全、海洋政策)、領土問題担当大臣(第4次安倍内閣)、文部科学副大臣(第2次安倍内閣)、農林水産大臣政務官(第1次安倍内閣)等を歴任。防災のスペシャリストとして、長年、国土強靭化の推進に携わる。
 

 

講義1「今、防災ジュニアリーダーに求められること」

講師:宮城教育大学 特任教授 野澤 令照 氏

「探究の対話(p4c)」の研究・実践を深め次代へつなぐ教育の創造を目指している。知的セーフティの構築を前提として、互いを認め合う心の教育や主体的・協働的な活動を取り入れた教育の構築に取り組んでいる。また、防災教育にも関わっており、両者のコラボも目指している。
 

講義2「感染症と災害~被災地KOBEの25年の経験から~」

講師:CODE海外災害援助市民センター 事務局長 吉椿 雅道 氏

20代より先住民支援などのNGOやボランティアにかかわり、阪神・淡路大震災では足湯ボランティアを始める。2004年より災害NGOのスタッフとして国内外の被災地で復興支援に携わる。`13年CODE事務局長に就任。現在は、支援の傍ら、多数の大学・高校などで非常勤講師を務める。関西NGO協議会常任理事、Kansai-SDGs市民アジェンダ分科会座長。コロナ支援の国際アライアンスIACCR呼びかけ人。

講義参考資料 CODEパンフレット1(PDF 1.2MB)ダウンロード

講義参考資料 CODEパンフレット2(PDF 1.1MB)ダウンロード

講義参考資料 CODEパンフレット3(PDF 1.1MB)ダウンロード
 

参加校の取組発表動画

1 大阪市立白鷺中学校

2 兵庫県立舞子高等学校

3 千葉県立館山総合高等学校

4 大分県立佐伯鶴城高等学校

5 徳島市津田中学校

6 熊本県立第二高等学校

7 宮城県多賀城高等学校

 

オンライン会議当日の様子

開会式

主催者挨拶:国立青少年教育振興機構 理事長 鈴木 みゆき
来賓挨拶:福井 照 衆議院議員
ファシリテーター:国立青少年教育振興機構 青少年教育研究センター 副センター長 青山 鉄兵
 

セッション1「事前講義動画に対する質疑応答」

特別講義 講師:福井 照 衆議院議員
講義1 講師:宮城教育大学 野澤 令照 特任教授
講義2 講師:CODE海外災害援助市民センター 吉椿 雅道 事務局長
 

セッション2「代表校による取組の発表」

代表校:兵庫県立舞子高等学校
テーマ:コロナ禍における取組「学びと発信の工夫 ~変わる形・変わらぬ思い~」
 

※予定されていた宮城県多賀城高等学校による発表は、都合により中止しました。
 取組発表はこちらからご覧いただけます。>>>宮城県多賀城高等学校 取組発表動画

セッション3「他校との情報交換」

10グループ3~4校に分かれ、「各校で取り組んでいること」「課題や悩み」などをテーマに、情報交換を行いました。

ファシリテーター:宮城教育大学 特任教授 野澤 令照 氏
グループファシリテーター:宮城教育大学 学生及びOB

※動画記録はありませんが、セッション4「まとめ」の時間に、話し合われた内容の共有をしています。

セッション4「まとめ」

ファシリテーター:国立青少年教育振興機構 青少年教育研究センター 副センター長 青山 鉄兵
 

閉会式

講師総評:宮城教育大学 野澤 令照 特任教授
     CODE海外災害援助市民センター 吉椿 雅道 事務局長
閉会挨拶:国立青少年教育振興機構 理事 伊野 亘
 

「令和2年度全国中学生・高校生防災会議」
報告パンフレットダウンロード

令和2年度全国中学生・高校生防災会議 報告パンフレット(3.2MB)

「全国中学生・高校生防災会議 ~全国防災ジュニアリーダー育成合宿~」とは

アーカイブ( 2018 / 2019 記録集ダウンロード )

お問い合わせ先
国立青少年教育振興機構教育事業部事業課
TEL:03-6407-7718
FAX:03-6407-7699
MAIL:honbu-jigyoukakari■niye.go.jp
※メール送付の際は、■ を@に変えてください。