青少年の体験活動等に関する意識調査(令和元年度調査)

調査結果のポイント

① 2010年代を通じて、子供の自然体験の一部に、やや減少傾向がみられる。

② 自立的行動習慣が身についている子供や自己肯定感が高い子供の割合は増加傾向にある。

③ 自然体験や生活体験、文化芸術体験が豊富な子供、お手伝いを多く行っている子供は、自己肯定感が高く、自立的行動習慣や探究力が身についている傾向がある。

④ 就学前から子供の外遊びを奨励する保護者の働きかけに注目すると、その後の探究力の向上に肯定的な影響を及ぼす。

⑤ 外で過ごす時間の長さが、子供の肥満と近視傾向の抑制につながる可能性がある。

⑥ 社会経済的背景の相違に関わらず、自然体験が多い子供ほど、自己肯定感が高く、自立的行動習慣が身についている傾向がある。また、公的機関等が行う自然体験活動に関する行事へ小学生が参加しない理由として、世帯年収が400万円未満の家庭は、経済的あるいは時間的な負担によるものが多くみられた。

調査の概要

令和元年度調査では、多様で変化の激しい社会において個人の自立の必要性が指摘されていることを踏まえて、将来の社会的自立の基礎となる資質・能力の一つとして青少年の自立的行動習慣に関する指標である「自律性」、「積極性」、「協調性」に着目し、自然体験、生活体験、お手伝いといった体験活動、早寝早起き朝ごはん等の生活習慣、自己肯定感や心身の疲労感に関する意識等との関係について分析しました。また、ボランティア体験、文化芸術体験に関する内容を加えて、体験活動をとらえました。

さらに今回は、「総合的な探究の時間」でも重要視されている探究に関わる資質・能力を「探究力」としてとらえ、これらを測定するための設問や、幼児期の外遊び、生理的指標、社会経済的背景に関する設問を追加し、追加分析と考察を行いました。

報告書

報告書(PDF:9,185KB)

結果の概要(PDF:719KB)

解説動画