「早寝早起き朝ごはん」の効果に関する調査研究

「早寝早起き朝ごはん」全国協議会は、2021年4月26日に上記のテーマについて報道発表を行いました。

「早寝早起き朝ごはん」全国協議会では、平成30年に「『早寝早起き朝ごはん』の効果に関する調査研究会」(委員長:明石要一)を設け、子供の頃の「早寝早起き朝ごはん」をはじめとする規則正しい生活習慣や様々な体験と、大人になった現在の自尊感情や共生感等の資質・能力等との関係について調査・分析を行ってまいりました。この度、下記のリンクのとおり、その調査結果をとりまとめましたので、お知らせします。


発表の概要をまとめた説明資料です。

報道発表資料(PDF/1,276KB)

「早寝早起き朝ごはん」の効果に関する調査研究報告書(全体版の報告書)※168ページあります

報告書(PDF/9,496KB)

お問い合わせ先

「早寝早起き朝ごはん」全国協議会事務局(国立青少年教育振興機構 事業課)

TEL:03-6407-7618
FAX:03-6407-7699
MAIL:hayane-hayaoki■niye.go.jp

※メール送付の際は、■を@に変えてください。