トップページ >  九州・沖縄 > 国立沖縄青少年交流の家
事業名 いきいき自然体験キャンプ 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの抱える問題 ( 不登校・ひきこもり )
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成26年9月16日(火)〜9月19日(金)
事業概要  県内の適応指導教室等に通う児童生徒が、渡嘉敷島の大自然の中での野外生活やマリンスポーツなどを行いながら、参加者同士の交流を通して心のふれ合いを深め、自己有用感を育んでいく。
参考資料 報告書1
事業名 アジアの架け橋 沖縄スリランカプロジェクト 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 中学生   事業目的 リーダー養成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成26年9月11日(木)〜9月20日(土)
事業概要  日本(沖縄)とスリランカの中学生、そしてそれをリードする両国の大学生チューターが、「命と平和を未来へ」 のテーマのもと交流することで、スリランカの中学生は日本に対する理解を増進し、また、日本(沖縄)の青少年は国際的視野を醸成する。
参考資料 報告書1
事業名 とかしきワクワクキャンプ 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 小学生  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成26年8月30日(土)〜8月31日(日)
事業概要  ボランティアがこれまで培った知識・技能・経験を活かし、自然体験活動における実践的な取り組みをとおしてボランティアとしての意識の向上を図るとともに、新規ボランティアにはこれからの活動にむけた教育的視点づくりを行う。また、子供たちが自然体験活動の魅力を感じ、異年齢の交流をとおしてコミュニケーション能力や協調性を身につける機会とする。
参考資料 報告書1
事業名 教員免許状更新講習 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成26年8月20日(水)〜8月22日(金)
事業概要  学校教育における体験活動は、豊かな人間性や自ら学び・自ら考える力などの生きる力の基盤の育成、子どもの成長の糧としての役割が期待されている。
 本事業では、自然体験活動の意義を理解し、活動に伴う安全管理の意識を高めるとともに学校における体験活動の指導法の工夫改善に資するなど、教員の資質向上を図る。
参考資料 報告書1
事業名 無人島アドベンチャーキャンプ 2014 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成26年7月28日(月)〜7月29日(火)
事業概要  豊かな自然に恵まれている反面、厳しい生活環境の「無人島」において、全国各地から集まった小中学生が助け合い、協力し合ってサバイバル活動や集団生活を行うことで、自分の力で生きる技能と自信を持ち、たくましい青少年を育成する。
参考資料 報告書1
事業名 体験の風をおこそうフォーラム in 沖縄 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成25年10月19日(土)
事業概要  青少年の体験活動の普及・充実を目的に、県内各地から青少年体験活動の関係者が一堂に会し、「体験活動の意義と有用性」をテーマとした基調講演と「子どもの頃の体験の重要性と体験の機会の提供」というテーマで3名の実践事例発表・パネルディスカッションを行った。
  
参考資料 報告書1
事業名 イチ・ニ・サンゴ大作戦 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 海洋 )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成25年10月12日(土)〜10月14日(月)
事業概要  サンゴという題材をとおして多様な生物のつながりや地球規模の環境課題について知識を深めることにより、身近な環境問題について関心を高め地域の一員として積極的に環境保全活動に取り組もうとする意欲を高める。
参考資料 報告書1
事業名 いきいき自然体験キャンプ 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの抱える問題 ( 不登校・ひきこもり )
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成25年9月24日(火)〜9月27日(金)
事業概要  県内の適応指導教室等に通う児童生徒が、渡嘉敷島の大自然の中での野外生活やマリンスポーツなどを行いながら、参加者同士の交流を通して心のふれ合いを深め、自己有用感を育んでいく。
参考資料 報告書1
事業名 アジアの架け橋 沖縄スリランカプロジェクト 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 中学生   事業目的 リーダー養成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成25年9月12日(木)〜9月21日(土)
事業概要  日本(沖縄)とスリランカの中学生、そしてそれをリードする両国の大学生チューターが、「命と平和を未来へ」 のテーマのもと交流することで、スリランカの中学生は日本に対する理解を増進し、また、日本(沖縄)の青少年は国際的視野を醸成する。
参考資料 報告書1
事業名 教員免許状更新講習 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成25年8月14日(水)〜8月16日(金)
事業概要  学校教育における体験活動は、豊かな人間性や自ら学び・自ら考える力などの生きる力の基盤の育成、子どもの成長の糧としての役割が期待されている。
 本事業では、自然体験活動の意義を理解し、活動に伴う安全管理の意識を高めるとともに学校における体験活動の指導法の工夫改善に資するなど、教員の資質向上を図る。
参考資料 報告書1

←戻る  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→