トップページ >  活動内容:自然体験
【さらに絞り込む場合はこちら】 山・森での活動 川・湖での活動 海での活動 自然観察 その他の自然体験
事業名 夢冒険 真冬にチャレンジ 〜一歩から広がる『∞』の可能性〜 事業施設 国立曽爾青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成32年1月11日(土)〜1月13日(月)
事業概要  『∞』の可能性をテーマに、「真夏にチャレンジ」の経験を活かし、冬の自然の素晴らしさや厳しさを体験し、そこにある「自然」「人」「歴史」に触れ、仲間とともに、冬山登山などの様々な困難やチャレンジを重ねた。
 また、屋外でのテント生活を中心に焚き火を囲んでの鍋作り、雪山登山、キャンドルファイアーなどの活動を盛り込んだプログラムを通して、曽爾周辺の自然にふれると共に、自分や仲間と向き合った。
参考資料 報告書1
事業名 山から君へのメッセージ 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生  中学生  高校生   事業目的 子どもの抱える問題 ( 不登校・ひきこもり )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成31年12月25日(水)〜12月28日(土)
事業概要  冬の高隈山縦走を通して,自然の厳しさや偉大さを体感するとともに,最後までやり遂げる忍耐力や協力心を培い,青少年の自立を支援することを目的に3泊4日で実施した。
 参加者が安心してグループで縦走に挑み,グループで相談しながら頂上を目指すという段階的なチャレンジを設定した。参加者はグループでお互いの様子を気づかってペースを合わせたり,積極的に声をかけ合ったりしながら縦走した。
参考資料 報告書1
事業名 親子ちゃれんじぁ船リスマス&お正月〜 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 自然観察 ) 期 間 平成31年12月14日(土)〜12月15日(日)
事業概要  親子で様々な体験活動にチャレンジする機会を提供し、親子の絆を深めるとともに、保護者間のコミュニティの構築を図る。
 親子ちゃれんじい魯リスマスとお正月に関連するプログラムを実施した。
参考資料 報告書1
事業名 ボランティア自主企画事業「わくわく自然体験inとかしき」 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  中学生  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成31年12月14日(土)〜12月15日(日)
事業概要  これまで培った知識・技能・経験を活かした自然体験活動における企画や実践的な取り組みをとおしてボランティアとしての意識の向上を図るとともに、新人ボランティアにはこれからの活動にむけた教育的視点づくりを行う。また、参加者に対し、集団宿泊体験をとおして、家族や仲間との交流、ふれあいの大切さや自然体験活動の魅力を伝える。
参考資料 報告書1
事業名 体験の風をおこそう ファミリーキャンプ 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成31年12月14日(土)〜12月15日(日)
事業概要  自然体験・生活体験等を通して家族の絆を深めるとともに,子供の豊かな情操を養うことを目的に実施した。
 1日目は,クリスマスジェルキャンドル作りやクリスマス会,家族ゲームを行った。
 2日目は,親子でティータイムと題して,コーヒー焙煎体験や焼きマシュマロ,焼き芋を行い,家族の交流を図った。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動上級指導者(NEALインストラクター)養成講習会 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成31年11月22日(金)〜11月24日(日)
事業概要  自然体験活動指導者認定制度における養成カリキュラム(概論供砲亡陲鼎い森崕会を実施し、自然体験活動上級指導者(NEALインストラクター)を養成することで、自然体験活動の推進に寄与する。
参考資料 報告書1
事業名 キッズチャレンジキャンプ 事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成31年11月9日(土)〜11月10日(日)
事業概要  未就学児を対象に,体を使った遊びや森歩き等を通して,感じる力や気付く力,さらにそれらを使って,考えたり試したりする力を育むことを目的としたキャンプ。2日目の森歩きでは,山口大学附属幼稚園教諭の高田和宜氏に,植物の話をしていただきながら森の中を歩いた。また,冒険の広場あそびについては1日目,2日目を通して繰り返し遊ぶことで,子供のチャレンジ心や創造力を引き出すこととした。 また,簡単なアウトドアクッキングにもチャレンジした。
参考資料 報告書1
事業名 森のたんけんたい2019(おもちゃ王国共催事業) 事業施設 国立吉備青少年自然の家
対 象 幼児  小学生  親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成31年11月3日(日)〜11月4日(月)
事業概要  自然に親しみ、楽しみながら活動し、子供たち同士、保護者同士も仲良くなることを目的とした事業。
参考資料 報告書1
事業名 体験の風をおこそう ファミリーキャンプ 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成31年11月2日(土)〜11月3日(日)
事業概要  自然体験・生活体験等を通して家族の絆を深め,子供の豊かな情操を養うことを目的に実施した。
 1日目は,段ボールでオリジナルのくん製器を作成して食材をくん製にしたり,鉄板でお好み焼きや焼きそばを作ったりするなどアウトドアクッキングを楽しんだ
 2日目は当施設のマウンテンバイクを貸し出してサイクリング活動を行った。
参考資料 報告書1
事業名 わくわく!のり森ランド 〜家族の絆プロジェクト〜 
第3回「秋の森」
事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成31年10月19日(土)〜10月20日(日)
事業概要  幼児期の子育てを行う親が「五感」を使って自然を味わい楽しむことで自然体験の必要性を実感し、子どもとの体験活動への意欲を高める。また、子育てに関わる情報の共有化を図り、ネットワーク作りのきっかけとする。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→