認定絵本士養成講座

  

認定絵本士養成制度の概要 

 国立青少年教育振興機構では、平成26年度から「絵本専門士」を養成する「絵本専門士養成講座」を開設しています。これまでに、この講座を修了し絵本専門士として認定された者は約280名であり、養成講座で修得したとを活かし、全国各地で様々な形で活躍され、高い評価を得ています。しかし、子供の読書活動を力強く推し進めていくためには、現在の絵本専門士だけでは十分ではありませんし、若い方々にもっと関心を持ってもらい、活動に参画し、牽引してもらうことが不可欠です。このため、平成286月から「認定絵本士課程認定検討WG」(座長:秋田喜代美東京大学大学院教育学研究科教授)を設置し、9回に亘る検討を重ね、大学や短大等の授業の中で学ぶことのできる『認定絵本士養成制度を創設し、平成31年4月からスタートさせることとしました

 認定絵本士養成制度は、教育課程に位置付けられた授業科目の中で、絵本専門士委員会(以下、本委員会」という。)が定める「認定絵本士養成講座カリキュラムに関するガイドライン」(以下、「ガイドライン」という。)に基づいた講座(30科目(コマ)、50.5時間)を開設し、学生がその講座が含まれる授業科目の単位を修得することにより、認定絵本士の称号を得ることができるものです。 
 

 認定後は、講座で学んだ幅広い知識や技能等を活かし地域や職場で、絵本の魅力や可能性を伝え地域の読書活動を充実させる役割が期待されます。さらに、こうした活動を通して一定の実務・実践経験を積み、資質、能力がふさわしいと本委員会から認められることにより、絵本の専門家である「絵本専門士」と認定されます。 
 

開設機関 

●大学   (学校教育法第83条)
●短期大学 (学校教育法第108条)
●専門学校 (学校教育法第124条)
●その他、絵本専門士委員会が同等と認めた高等教育機関
 

講座開設の申請

 認定絵本士養成講座を開設するためには、以下の準備を行い、本委員会に申請・認定されることが必要です。

1.講座責任者(講座全体を統括し講座を円滑に実施するための者)の配置
※講座責任者を補佐し、円滑な講座運営を行うための事務担当者を置くことができます。 
2.養成課程
(開設機関の教育課程に位置付けられた複数の授業科目で構成)
(ガイドラインを基にカリキュラムを策定)
3.授業担当者の人選
 

認定登録料

80,000円
※開設する年度ごとにお支払いいただきます。


令和元年度認定絵本士養成講座開設機関

1.千葉敬愛短期大学(千葉県佐倉市)
2.昭和学院短期大学(千葉県市川市)
3.浜松情報専門学校(静岡県浜松市)
4.大阪樟蔭女子大学(大阪府東大阪市)
5.大阪総合保育大学(大阪府大阪市)
6.西南女学院大学短期大学部(福岡県北九州市)


本制度に関する詳細は、リーフレットをご覧ください。

認定絵本士養成講座リーフレット(5.15MB/PDF) 


※認定絵本士養成講座開設検討機関を対象とした事前説明会は、令和2年2月頃に実施予定です。

 日程が確定次第、当ページにてお知らせいたします。
 
 

 

〇本制度先般、講座開設に関するお問い合わせ先
  絵本専門士委員会事務局
(国立青少年教育振興機構教育事業部企画課)

TEL:03-6407-7712
FAX:03-6407-7699
MAIL:ehon-senmonshi@niye.go.jp
※迷惑メール防止のため、@を半角に変え、送信してください。 

〇認定絵本士養成講座に関する受講等に関するお問い合わせ先
認定絵本士養成講座開設機関 

  

 

 

絵本専門士とは   第6期絵本専門士養成講座へリンク   絵本専門士への依頼