平成27年度調査研究

1.青少年教育研究センター紀要(第4号)

 青少年教育研究センターにおける研究成果及び投稿原稿を取りまとめた紀要を刊行する。

2.日本・米国・中国・韓国の青少年の意識調査

 日本・米国・中国・韓国の青少年を対象とした意識調査を実施する。平成26年度実施の「高校生の生活と意識に関する意識調査」の結果を公表するとともに、「高校生の安全に関する意識調査」を実施する。

3.青少年教育関連職員の養成・研修に関する調査研究

 国立青少年教育施設における職員の養成・研修の取組を事例として、青少年教育関連職員の養成・研修システムの在り方について検討する。

4.自治体における青少年教育関連施策の展開に関する調査研究

 自治体における青少年教育関連施策の在り方について、施策の展開方法の類型化を試みつつ検討する。

5.青少年教育施設での勤務経験を生かした地域社会での取組等に関する調査

 人事交流で国立青少年教育振興機構の各施設に勤務経験がある元職員を対象とした調査を実施し、勤務経験を生かした地域社会での取組等を明らかにする。

6.ふだんの生活などについてのアンケート調査

 国立青少年教育振興機構の各施設を利用する小中学生を対象としたアンケートを年4回実施し、小中学生の最新の意識等について把握する。

7.青少年教育史に関する研究

 ヒアリング調査等を通じて、これまで明らかになっていない青少年教育施策の変遷を明らかにする。

8.若者の結婚観・子育て観に関する調査研究

 国立青少年教育振興機構が平成20年度に実施した「これから親となる若者の就労観、結婚観、子育て観に関する調査研究」の成果を引き継ぎ、結婚観と子育て観との関連及びそれらに影響を与える要因を明らかにする。

9.青少年教育における専門職化の在り方に関する調査研究

 日本の青少年教育における専門職化の取組の成果と課題を明らかにし、専門職化の在り方について検討する。

10.ボランティアの養成カリキュラムに関する調査研究

 青少年教育施設において事業運営をする上で大きな役割を担うボランティアについて、その実態を明らかにし、これをもとに、ボランティア養成カリキュラムの在り方や内容について検討を行う。