研究体制

センター長:村上 徹也(むらかみ てつや)(非常勤)

 1989年から2002年、青少年のボランティア活動を推進する社団法人に勤務。2002-2004年、米国のポインツ・オブ・ライト財団の研究員としてサービスラーニングを研究。帰国後、市民社会コンサルタントとして、サービスラーニングを普及する教育施策づくり、教育現場と地域の協働プログラム開発、講演やワークショップのファシリテートなど市民社会に関わる幅広い活動を展開。

 2009年から2018年、日本福祉大学で、サービスラーニング、ボランティア論などの科目を担当。さらに、東日本大震災後は様々な災害時に、日本福祉大学災害ボランティアセンターの被災地支援活動にも参加。2018年4月から、現職。

村上センター長

 

 

 

 

 

 

 

副センター長:青山 鉄兵(あおやま てっぺい)(非常勤)

【経 歴】

 東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学、桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部助教等を経て、文教大学人間科学部准教授。平成18年度より当機構客員研究員を兼務し、平成30年度より副センター長。平成26~30年度の間、文部科学省生涯学習調査官を兼務。

【学 位】

   修士(教育学)

【専門分野】

   社会教育学、青少年教育論

【主な研究テーマ】

   体験活動の支援方法、グループワーク、青少年教育史

【所属学会】

   日本生涯教育学会、日本野外教育学会、日本教育社会学会、日本ボランティア学習協会

【社会活動】

   (公財)日本YMCA同盟常議員、(公財)東京YMCA長期キャンプ「野尻学荘」スタッフ、埼玉県社会教育委員

 

研究員:大嶋 尚史(おおしま たかふみ)

大嶋研究員

【経 歴】

 筑波大学大学院教育研究科教科教育専攻社会科教育コース修了、筑波大学大学院人文社会科学研究科博士課程単位取得満期退学、日本工業大学共通教育系非常勤講師を経て、現職

【学 位】

 修士(教育学)

【専門分野】

 子ども社会学、教育社会学

【主な研究テーマ】

 子どもをキーワードにした地域づくり

【所属学会】

 日本社会学会、日本教育社会学会、日本子ども社会学会、日本野外教育学会、日本リメディアル教育学会

【資 格】

 中学校・高等学校教諭専修免許状

研究員:遠藤 伸太郎(えんどう しんたろう)

【経歴】

 立教大学大学院コミュニティ福祉学研究科博士課程後期課程修了、中央大学理工学部助教を経て、現職

【学位】

 博士(コミュニティ福祉学)

【専門分野】

 スポーツ科学、応用健康科学

【主な研究テーマ】

 青少年における体験活動と品格、心身の健康の関連。

【所属学会】

 日本スポーツ心理学会、日本健康心理学会、日本パーソナリティ心理学会、日本体育学会、日本臨床救急医学会

【URL】 researchmap.jp(外部リンク)

 

 

客員研究員:青木 康太朗(あおき こうたろう)

【経 歴】

 大阪体育大学大学院スポーツ科学研究科修了。国立室戸少年自然の家事業課準専門職員、国立青少年教育振興機構調査研究・広報課研究員、北翔大学生涯スポーツ学部准教授を経て、現職

【学 位】

 修士(スポーツ科学)

【専門分野】

 青少年教育、野外教育、レクリエーション

【主な研究テーマ】

 体験活動を通じた青少年の育成や支援、自然体験活動における指導者養成や安全管理

【所属学会】

 日本生涯教育学会、日本野外教育学会、日本レジャー・レクリエーション学会

【資 格】

 自然体験活動総括指導者(NEALコーディネーター)、キャンプディレクター1級、レクリエーション・コーディネーター、社会教育主事(任用資格)

客員研究員:胡 霞(こ か)

【経 歴】

 千葉大学大学院教育学研究科修士課程修了。財団法人日本青少年研究所研究員を経て、現職

【学 位】

 修士(教育学)

【専門分野】

 学校教育

【主な研究テーマ】

 青少年の意識や行動


  

客員研究員:池田 幸恭(いけだ ゆきたか)

【経 歴】

 筑波大学大学院人間総合科学研究科心理学専攻修了、和洋女子大学人間社会科学系心理学研究室人文学群心理学類准教授

【学 位】

 博士(心理学)

【専門分野】

 青年心理学

【主な研究テーマ】

 親に対する感謝の発達

【所属学会】

 日本教育心理学会、日本青年心理学会、日本発達心理学会など

 

 

※その他、研究テーマに応じて、有識者を含めた調査研究協力者会議を設置し、調査研究を進めています。