富士山にかかる雲を観察しよう

はじめに

 富士山は単独峰であるため、駿河湾の水分 をふくんだ風が山にぶつかり、高度を増すにつれて水分が冷やされ、風の強さや気温などの条件で、いろいろな形をした雲があらわれます。
 この雲の様子でこれからの天候を推測することができるんです!!

内容

1.富士山の雲のでき方

(1)山を回り込んだ風によってできる雲(笠雲・つるし雲)

 

(2)日射による上昇気流でできる雲(笠雲)

豆知識 
 富士山にかかる雲は古来より観天望気〈かんてんぼうき〉のよい指標となってきました。観天望気とは、雲や風など大気の状態を観測し、天気を予測することです。富士山の雲は非常に顕著な現象を示すため、麓の住民は富士山の雲を見て天気を予測してきたのです。
 富士山に発生する雲の中で代表的なものが笠雲とつるし雲です。「富士山が笠をかぶれば近いうちに雨」 「ひとつ笠は雨、二重笠は風雨」など、麓には雲に関係する言い伝えが多く残されています。
 

  

2.笠雲の例(様々な雲から推測できる観天望気)

(1)つみ笠雲

はなれ笠雲

 

 

①次の日の天候   ・・・ 晴天が続く

②できやすい時期  ・・・  春

③雨                 ・・・  降らない

④風       ・・・ 吹きやすい

⑤特徴 ・・・ 天候は良いが冷たい風が吹く


(2)はなれ笠雲

はなれ笠雲

①次の日の天候   ・・・ 晴天

②できやすい時期  ・・・  冬

③雨                 ・・・  降らない

④風      ・・・ 吹かない

⑤特徴  ・・・ 冷え込む事が予想される

(3)うず笠雲

うず笠雲

①次の日の天候   ・・・ ー

②できやすい時期  ・・・  冬

③雨                 ・・・  降らない

④風       ・・・ 強くなる

⑤特徴  ・・・ ふもとで強風となる

(4)まえかけ雲

まえかけ雲

①次の日の天候  ・・・ 下り坂

②できやすい時期  ・・・  夏

③雨              ・・・  降り出すことが予想さ
                              れる

④風      ・・・ 微風

⑤特徴  ・・・ 晴れの時にでるが次第に下
                       り坂となる

(5)ふきだき雲

ふきだき雲

①次の日の天候   ・・・ -

②できやすい時期  ・・・  冬

③雨                 ・・・  降り出すことが予想
                                 される

④風       ・・・ 吹く

⑤特徴 ・・・ 西高東低の気圧配置で発生

(6)かいまき笠雲

①次の日の天候 ・・・ 風と雨〈雪〉が激し
                                  くなる

②できやすい時期  ・・・  秋

③雨                 ・・・  降り出すことが予想
                                 される

④風        ・・・ 強くなることが予想
                                される

⑤特徴     ・・・ ふもとも気温が低い事を
                           示しています。

3.実際の写真

(1)下の写真は次の日、晴天の可能性が高い笠雲です。


①つみ笠雲


②みだれ笠雲


③はなれ笠雲


 

(2)下の写真は次の日、天候が崩れる可能性が高い笠雲です。


①ひさし笠雲


②にがい笠雲


③破風笠雲


④ひとつ笠雲

                                                         ※無断転写禁止
                                                        (撮影 小曽戸恒夫氏)

4.ある日の富士山(10月下旬)


朝から太陽が出て、気持ちよく晴れ、風も穏やかなある日。
富士山頂付近に笠雲ができていました。一番下に大きな笠、その上に小さな笠が2つありました。


一番下に大きな笠が小さくなり、小さな笠と同じ大きさになりました。
気温が上がってきたため、富士山の下に雲が目立つようになってきました。


下の大きな笠雲が風で横に流されてきました。所でも風が強くなってきました。
上の笠が重なって1つになったように見えます。


上の笠が、さらに大きくなって横に伸びてきました。
全体的に雲に包まれています。


お昼前には富士山が笠雲に包まれました。
気温が上がり、大気中に水分が増えた事が原因の一つと考えられます。

雲が出てきた状況から判断すると、「すえひろ笠」という雲のようです。
この雲が出た場合は、①天候が崩れない、②風が強くなる、③秋冬に出やすい、などという特徴があります。
この雲が出始めた後は、天候は崩れませんが、風は強くなりました。

おわりに

笠雲には他にもさまざまな形状があり、それぞれに名前が付けられています。
富士山に雲がかかっていたら、なんという雲なのか、そしてそれが今後どの様に天候が変化していく雲なのか、観察してみてはいかがでしょうか。

情報提供

国立中央青少年交流の家

2011年 9月作成

ページの先頭へ戻る