間違いだらけの双眼鏡~正しい双眼鏡のセッティングを伝授!~

あなたは、双眼鏡を使って遠くをのぞいたことがありますか?
双眼鏡で遠くをのぞくと、どのように見えるでしょう?

 写真

Aを選んだ人は間違い。 マンガでは、よく見る構図ですが・・・・・。
見る人に合わせて正しくセッティングされた双眼鏡ならBのように視界が丸く見えるはずです。
何がおかしいのでしょう? どうしたら、よく見えるようになるでしょう?
これから、あなたのための双眼鏡セッティング方法を伝授します。
まずは、セッティングのために知っておきたい各部の名称を確認しましょう。

写真

双眼鏡の各部の名称

Step1

写真

双眼鏡は、長い間、手に持っていると「お荷物」になってしまいますので、ストラップをつけて首にかけられるようになっています。ストラップの長さは、双眼鏡が胸元にくるように調整しましょう。(右写真)
 

長すぎるとブラブラと揺れてじゃまになったり、あちこちにぶつけてしまいます。短すぎると首にかけにくかったり、のぞくときに顔に当たってしまいます。

Step2 メガネをかけていると周りが暗くなって見えにくい

写真

この周辺に黒い部分が見えることを「ケラレ」といいますが、接眼レンズにある、目当てのゴムを外側に折ることで解消できます。

写真

左目の接眼レンズの目当てを外側に折り返した状態

写真

最近の双眼鏡には、接眼部を回し入れるタイプのものもあります。

左目の接眼レンズの目当てを回し入れてある状態

Step3 さて、冒頭にあった見え方

写真

A(挿図)のように見える場合は、双眼鏡の接眼レンズの幅が、あなたの目の幅にあっていないのです。双眼鏡は、中心から動いて幅が広がるようになっています。(右写真)

両目でのぞいて、Bの(視野が丸く見える)ように見えるよう目の幅をあわせます。
これが合っていないと両目で見ることができず非常に不快感を感じることがあります。

Step4 双眼鏡をのぞくと、両目がバラバラになったような感じでキモチ悪い・・・

このステップが正しくセッティングできれば、両目できちんと見えるようになります。
また、長い時間見ていても疲れにくくなります。

  1. 双眼鏡をのぞきます。
  2. 右目をウインクして閉じ、左目だけで見ます。
  3. ピントをピントリングで合わせます。
  4. 左目をウインクのように閉じ、右目だけで見ます。
  5. 右目の接眼レンズについている視度調整リングを回して、右のピントを合わせます。

    写真 
     
  6. 双眼鏡の種類によっては、ピントリングを手前にスライドさせると視度調整ができるものもあります。(主に、目当てを回し入れるタイプに多い)
  7. 両目でクリアできたらOK
  8. この後は、ピントリングだけで両目のピント合わせができます。この操作は、右目と左目の視力の違いを調整するものです。

さて、ここまで準備できれば、あなたは双眼鏡を使いこなせるはず。
国立三瓶青少年交流の家の目の前には、国の天然記念物「北の原自然林」の森が広がっています。そこは野鳥の宝庫。双眼鏡を持って早朝の森の中に入れば、さまざま野鳥の姿を見ることが出来ます。また、主峰男三瓶山の山頂は360度の展望が開けます。眼下には国立三瓶青少年交流の家が、遠くは出雲平野、大山、中国山地を見渡すことが出来ます。ここに双眼鏡があれば、さらに楽しく眺望を眺めることが出来ますよ。
三瓶青少年交流の家にお越しの際は、野鳥観察スポット、山登りお薦めコースなどをお教えいたしますので、ぜひ事務室にお声がけください。

おまけ

知って得する!1 双眼鏡酔い?

写真

視野の狭い双眼鏡を長い間覗き続けていると、呼吸や支える腕のブレなどで視界が微妙に揺れて船酔いに似たような症状になり、気持ちが悪くなることがあります。慣れないうちは、5分以上のぞかないようにしましょう。また、双眼鏡を持つ腕を、台の上に載せたり、体につけて固定するように心がけると視界がぶれにくくなります。

知って得する!2 遠くは大きい?

同じ大きさの物は、遠くの物が小さく、近くの物が大きく見えるのが遠近法の基本です。ところが、双眼鏡や望遠鏡でのぞくと、同じ大きさのものは遠くが大きく、近くが小さく見えます。この現象は、倍率が高くなるほど顕著に見られる現象です。

知って得する!3 さらに大きく見える!

写真

双眼鏡の対物レンズ側からのぞくと、景色が遠くに見えます。さらに、接眼レンズに物を近づけてのぞくと、ものが大きく見えます。ルーペ代わりとして使える双眼鏡!!一つの双眼鏡が、二つのアイテムとして利用できますよ!!

  ダウンロード用PDF 

  間違いだらけの双眼鏡~正しい双眼鏡のセッティングを伝授!~(PDF/472KB)

情報提供

国立三瓶青少年交流の家

2003年作成

ページの先頭へ戻る