森小屋作り

はじめに

 樹木や丸太などを使い森小屋を作ります。
 仲間と協力して作った森小屋での寝心地は最高です!

内容


森小屋

準備するもの
  
荒縄(1班で2巻)  
  ・PPロープ(ナイロンのロープ)(1~2班で1巻)     
  ・丸太  ・
コンパネ  ・ブルーシート   
  ・竹   ・カマ      ・脚立   
      ・シュラフ   ・軍手   
  ・はさみ    ・ほうき


対象   
   ・小学生~中学生

所要時間
   ・4時間~5時間

注意事項
  
・縄を切るときには、カマや刃物の取り扱いに十分
    注意するよう、事前に確認し合いましょう。

   ・ウルシなどのかぶれやすい植物は、実物を示し、
    その特徴を教えて注意を促します。
   ・アブ、ハチなどの昆虫について、対処方法などを
          伝え注意を促します。

  ※ハチの対処法
   あそぶ:「野外でスズメバチに出会ったら」参照


  森小屋を作ろう

1.森の中を歩いて、森小屋を作る場所を決め、土台に
   なる部分を作ります。

 ※コンクリートブロック等で床面を水平にします。
 ※木材を井桁に組み、縄で縛ります。

 土台を作る
 2.屋根になる部分を組みます。 屋根を組む 
 3.屋根になる部分に横木や竹を渡し、全体のズレを直し固定します。 

 4.斜めの木を入れて固定すると、小屋全体がガッシリします。

 5.土台の木の上にコンパネ(板)を並べていきます。

 6.屋根となるブルーシートを上からかぶせます。
 

 ※屋根の下に、防草シートを敷くと雨がしみて
     きません。

 ※完成した森小屋は、必ず指導者が安全確認を
      行ってください。

     

ブルーシートをかぶせる 


後片付けもしっかりと!

 活動が終わったら、森を元の状態に戻しましょう。
  ・ブルーシートの汚れは洗い流します。
  ・使った縄やPPロープ等は短く切って持ち帰ります。
  ・ゴミはすべて持ち帰りです。
 

 おわりに

 活動のまとめとして、次のような言葉をかけるとよいでしょう。
  ・森小屋を作っているときの、自分や友達の作業への関わり方はどうでしたか?
  ・完成した自分たちの森小屋で過ごしてみてどうでしたか?

情報提供
国立妙高青少年自然の家
2014年 6月作成

ページの先頭へ戻る