野外炊事の火のつけ方

はじめに

 野外炊飯のときには自分たちで火をつけなければなりません。一般的には周りにある木の葉や小枝を拾い火をつけたり、着火材や新聞紙を使って火を起こしていきます。しかし、今回は新聞紙等は使わずに、まきのみを使用する火のつけ方を紹介します。   
 自然にやさしい火のつけ方。チャレンジしてみてはどうですか?

内容

準備するもの

 ・ ナタ  
 ・ まき(細く割ったものも含む) 
   ※まきの割り方は「くらす」の「ナタの使い方・まきの割り方」参照
 ・ まき割り台  ・ 軍手 ・ マッチ 

注意すること

 ・ナタによるけがや、火によるヤケドに注意しましよう。
 

1.新聞紙の代わりとなる「赤ちゃんまき」を作る

まき割り〈赤ちゃん〉

※ まきの束にある大きなまきにマッチで火をつけようとしても、
  火はつきません。まきを「ナタの使い方・まきの割り方」
    (くらす内情報)でやった通りにさいばしぐらいの太さになる
    ように割って準備をします。

※ 小さく割ったまきにもマッチでは火はつきずらいです。
  マッチ1本で火をつけるために、「赤ちゃんまき」を作って
    いきます。
 

※ 別に記した「ナタの使い方・まきの割り方」の時にはまき
    を台の上に寝かせましたが、今回はまきを立てます。そし
    て、鉛筆をナイフで削るようにまきの角を削っていきます。
    この時に、ナタの刃に近い方の柄の部分を持つのがポイント
   
です。力が入りやすくなります。
 

※ 削り方のポイントとしては、押して切るのではなく、力は
    使わずにナタの重さを利用して、やさしく何度も叩いて作
    るイメージです。

※ そして、削ってできた木のくずを「赤ちゃんまき」と呼ん
    でいます。
 

※ 「赤ちゃんまき」をどのくらい作ればいいか?
  出来るだけ多く作って欲しいのですが、目安としては右
    写真にあるように両方の手のひらに乗せて、山の形にな
    るくらいまで「赤ちゃんまき」が出来れば準備完了です。

2.火をつける準備、まきを組みます

(1) 準備した「赤ちゃんまき」を山の形になるように置き
     ます。

 

(2) さいばしの太さくらいまで割った一番細いまき(諫早
      自然の家では小学生のまきと呼んでいます)を折り、
      山をつぶさないようにやさしく置きます。


 ★ポイント:同じ方向に置くと空気が入らず、火が息が
                  出来ずにつきません。
       重ならないように×印 になるように
                  置いていきます。

 

組み方3

(3) 1~3本だけ、さいばしサイズのまきよりも一回り
     太いまき(中学生のまき)を置きます。

3.火付け

2.で組んだまきに火をつけていきます。火はまきに
    押し付けるのではなく、ゆっくりとやさしく当てま
    しょう。火は上に向かって燃えていきます。

※ 火つけの場所は、「赤ちゃんまき」の一番下の部分に
    なります。
  しっかりと準備ができていれば、このままで火は上に
    置いてあるまきに移っていきます。

 

※ あとは、上のまきに火が
    ついたら次のまきを足し
    ていきます。
※ 細いまきから順に太いま
    きに火がつくようにして
    いきましょう。
  (小学生→中学生→高校生
   →大人)
※ まきを入れるときのポイ
    ントは前述のように、
    ×印になるようにです。

まきの種類

 

画像
 

※ 着火材も新聞紙も使わない自然にやさしい火の
  つけ方で、おいしいご飯作りに是非チャレンジ
    をしてみてください。

 

おわりに

 私たちの身の回りには便利なものがたくさんあります。しかし、自然の中で過ごすときは自然のものを出来るだけ利用してもいいのではないでしょうか。火のつけ方だけでも色々な道具があり、方法もたくさんあります。一つの方法としてこのようなやり方も試してみてはいかがでしょうか。
 くれぐれも、なたで怪我をしたり、火で火傷をしないように注意をして活動を行って下さい。小さい子は大人の方と一緒にやってみましょう。

情報提供

国立諫早青少年自然の家

2011年 9月作成

ページの先頭へ戻る