防寒着について

選ぶときのポイント

  • フリース素材のもの

写真
8月中旬です。山中でのビバークの朝。
けっこう寒い。

  トレッキングやキャンプでは、山や水辺での活動が多く、夏場で昼間は暑くても朝夕や夜などは意外と冷え込むことがあります。水辺での活動では水に浸かった後などは外気温が高くても体が冷え切ってしまうこともあります。また、汗をかいた後に食事など長い休憩をとるときなども意外に体が冷えるものです。私の経験で、ある林の中でのビバークでは盛夏(八月上旬)でそれほどの標高(富士山の2合目くらいです)でもなかったのですが、朝の気温が8度まで下がったというときもありました。気温が下がってきた場合いったん体が冷えてしまうとなかなか暖まらないものです。

 そういった意味で防寒着は、仮に使用する機会がなかったとしても持っていたほうがよいと思います。

写真
同じく8月中旬。防寒してます。
後ろは富士山です。

  寒いときは、重ね着が基本です。フリース素材のものをおすすめします。フリースは保温性が高く、軽く、速乾性が高いのが特徴です。メーカーにこだわらなければ比較的安く手に入れることができます。フリースの弱点は風を通してしまうことですが、上に風を通しにくい素材のものを着ることで、より暖かくなります。防水透湿性素材のカッパと組み合わせるだけでかなり暖かです。ただ、体を動かすなどして汗をかく場合は防水透湿性のように透湿性があればよいのですが、カッパの内側がむれて中のシャツが湿って逆に体温をうばわれてしまうこともあるので注意が必要です。

  最近では、下着やシャツ類も、水分を吸収して外に逃がす素材の良いものがあるようです。私自身はアレルギー体質(アトピーがある)なので化学繊維がダメなので、下着は綿100パーセントです。が、綿は汗を吸収してくれるけど、なかなか乾かないので野外活動での下着としてはあまり適していないようです。湿ったり濡れるような場合は、まめに着替える、体をまめに拭くのが一番です。

ダウンロード用PDF

 防寒着について(PDF/103KB)

ページの先頭へ戻る