カッパ(レインウェアー)について

選ぶときのポイント

  • 上下でわかれていてある程度じょうぶなもの
  • できれば防水透湿性素材のもの(あくまでもできれば)

写真
カッパを着て楽しんでます。

 野外活動をするのに絶対持っていくものをあげるとすれば、絶対にあげられるものとしてカッパがあるでしょう。(これだけは、キャンプを始めるときから買った。)雨をしのぎながら行動ができますし、風を防ぐこともできます。また、防寒着としても大変有効に使えます。

 カッパにも数百円の透明なビニールカッパから3万円前後のものまでピンからキリまであります。

 動きやすさという点から上下分かれたものがいいでしょう。数百円で売っている透明なカッパはその場しのぎで数時間とか一日だけ使用するのにはいいかもしれ ませんが、強度がないので物に当たったり擦れたり激しい動きをすると、すぐにやぶけてしまいますのでおすすめできません。動きの激しい子どもたちは、ガムテープで補修しているうちにガムテープだらけになってしまうなんてこともあります。

写真
雨の中のハイク もうすぐゴール。

 長い目でみるのなら防水透湿性(防水性と透湿性を兼ね備えている)という素材を使用したカッパがよいです。3万円前後という価格から、なかなか手をだしに くいのですが、カッパの内側が湿気でびっしょりとなるあの不快な思いをしないですみます。雨の中でも快適です。私自身、指導者から「カッパだけはいいもの を買った方がいいよ」と言われたのを思い出します。とは言っても3万円はなかなかでませんよね。

 やはり高価なものですし、ある程度しっかりしたものがあればいいかもしれません。(特に子どもに買ってやろうと考えると)また、少しくらい不快な思いをす ることも意義のあることだと思います。私自身キャンプをはじめたころは、安物のカッパを使っていました。防水透湿性素材のカッパに替えたときの快適さには 本当に驚きました。はじめから快適なものを身に付けていたら、その「快適さ」に気づかなかったかもしれません。

 最後にいくらカッパを着ていてもただの靴では足がびしょ濡れになってしまいます。足がぬれると本当に不快です。キャンプに行くならカッパと長靴はセットで考えていた方がいいですね。ただ、トレッキングや移動型のキャンプなどにはかさばるので水が浸みてこない靴を履くか、濡れてもがまんするかですね。ちなみに私はがまんです。(冬場はがまんはやめてください。洒落になりません。)

 ちなみに靴にも防水透湿性素材のものがあります。これは無敵ですね。長靴を持って行かなくてすみますし。ただやはり高価です。子どもに買ってやるには考え物です。(ちなみに私は持っていませんので仲間が履いているのを見ていいなあと思っただけです。)

ダウンロード用PDF

 カッパ(レインウェアー)について(PDF/97KB)

ページの先頭へ戻る