雪の上でしり滑り!

はじめに

 降り積もった雪の斜面を、ビニールシートを使って滑ります。
 一人で滑ったり友達と一緒に滑ったり、おしりで滑ったりおなかで滑ったり・・・。
 雪に親しみながら、スピード感あふれる滑走にチャレンジしませんか?

準備するもの
   ・ビニールシート(農業用肥料袋などの厚手のもの)    ・帽子     ・手袋     ・寒くない服装

対象
   ・幼児~

所要時間
   ・30分~1時間

注意事項
   ・障害物(雪面から飛び出た植物や大きな凹凸など)がない斜面を選びましょう。
   ・滑るコースと登って戻るコースを分けて、衝突しないように気をつけましょう。
   ・安全のため必ず帽子、手袋をして、寒くない服装をしましょう。

 1.基本的な滑り方

1.雪の斜面の上部でシートを広げ、おしりがシートの中央に
  くるように座ります。
2.シートの前の部分をしっかりと手に持ち、滑り始めます。
3.足を上げ、背中をつけるよな姿勢で滑ると、よく滑ります。

 2.いろいろなスタイルで楽しもう!

1.スーパーマン スーパーマン
2.親亀子亀
4.2人で仲良く

5.みんなで Let’s Go!!

おわりに

 ・基本的な滑り方をベースに、いろいろな滑り方に挑戦してみましょう。
 ・安全管理のために、斜面の上部と下部に指導者を配置するといいでしょう。
 ・国立立山青少年自然の家では、タイヤチューブを使った「チューブそり」も楽しめます。

情報提供
国立立山青少年自然の家
2014年 6月作成

ページの先頭へ戻る