沢のぼりでアドベンチャー

はじめに

 安全にできる沢登りの紹介をします!
 水しぶきをあび、流れに浸かったり滝に打たれたりしながら、仲間と協力して、楽しい沢登りをしてみませんか?
  諫早青少年自然の家では、難易度に応じて4つのコースがあります。沢を協力して登った後は、信頼関係も生ま
 れてきます。
 冒険心をかきたてられたり、清流の爽快感を味わったりしてみませんか?学校などのいろいろな団体に活用され
 ています。是非、この機会に試してみてはいかがですか?

準備するもの

服装
     (服装) けがをしないようにしっかりと準備をする

・リュックサック ・水筒  ・タオル  
・運動靴(ぬれてもいいもの)
・ヘルメット(準備できるなら) 
・非常食(あめなど) 
・服装は、長袖・長ズボンが望ましい
・沢活動計画書
 (用紙は諫早青少年自然の家に
  あります)

※ 諫早青少年自然の家から貸し出しで
  きるもの   
・無線機  ・沢マップ  ・コンパス
・ヘルメット  ・ライフジャケット
 

活動のめやす 

・2時間程度

内容

1.安全に沢登りを行うために

 (1)水の中を歩こう!
   ぬれて藻の生えている石の上はツルツルしているので注意!
   水の中の藻の生えていないところを歩いた方が安全です。

かわいた岩
藻があるところは滑りやすく危険

水の中
   足もとに注意しながらゆっくり進む


(2)サポート方法 
                    【上から下へ・・・下っていく際のサポート】


 


【下から上へ・・・登っていく際のサポート】

2.その他に注意すること

沢かに

(1)下見を必ず実施してください。
   ルートや危険箇所、水温、所用時間、難易度、
   疲労度などを確認しておきましょう。

(2)実施不可能なときもあります。
   雷時、荒天時、荒天後の倒木や土砂が崩れてる
  ときの実施は、絶対に無理をしないでください。  

(3)体力、体調に合ったコース選びをしましょう。
   諫早では、難易度が違うコースが4つあります。

(4)沢遊びだけでも可能です。
   水たまりで遊ぶだけですが、水の中のいろいろ
  な生き物を観察したり、触れたりして楽しむことが
  できます。

おわりに

この方法を頭にいれて、楽しい沢へと出発しましょう!
そして仲間との絆も深めましょう!
諫早の沢登り方法および各コースについての問い合わせは、国立諫早青少年自然の家まで。

情報提供

国立諫早青少年自然の家

2011年 9月作成

ページの先頭へ戻る