魚取り(川・湖編)

はじめに

 吉備青少年自然の家には、魚捕り用の網やバケツ、大型水槽、観察用小型水槽、エアーポンプなど、水辺の生き物の採集や観察をする道具がそろっていますので、これらの道具を借りることができます。

内容

 

準備するもの
   ・魚捕り用網 ・バケツ ・水槽(捕った魚を入れる大きな水槽、観察用の小さい水槽)
   ・タオル


 1.川や沼に入る時の注意を聞きましょう。

加茂川
加茂川

(1)川や沼の中はすべりやすく、またまれにとがった
  石や木などがあることがあります。
 「走らない」「足下をよく見る」など安全に気をつ
    けた活動しましょう。

(2)生き物はやさしく扱いましょう。手で直接にぎっ
    たり、さわったりすると死んでしまう事もありま
    す。

(3)活動範囲の確認もしましょう。

2.生き物の採集

加茂川横沼
加茂川横沼

    魚の種類によって捕り方は違います。砂地や泥に
 棲んでいるもの、石の上や間に棲んでいるもの、川
 の流れのあるところに棲んでいるものなどいろいろ
 です。ただ網を持って追いかけても、なかなか捕ま
 りません。
  何度も失敗しながら、少しずつ上手に捕れるよう
 になってきます。

3.生き物の学習

  ただ捕るだけの活動でも十分に楽しいと思います
が、捕った魚や水棲生物の名前を調べたり、水辺の
自然環境について学習したりするなど、体験したこ
とをまとめてみましょう。
 生き物調べや環境学習の講師についても紹介する
ことができます。

 加茂川横の沼

 

オイカワとカワムツ
オイカワとカワムツ

トンボのヤゴ
トンボのヤゴ

 

スジエビ
スジエビ

オイカワ(雄) 婚姻色がきれいです。
オイカワ(雄) 婚姻色がきれいです。

おわりに

 川の上から見ているだけでは、その川にどんな生き物がどれだけたくさん棲んでいるのかほとんど気づかないでしょう。加茂川はけっして大きな川ではありませんが、中に入ってみると、オイカワ、カワムツ、ヨシノボリ、ドンコ、ドジョウ、ムギツク、ギギ、ナマズ、モロコ、フナ、ニゴイなどの魚類の他、トンボのヤゴの仲間、ホタルの幼虫やカゲロウなどの水棲昆虫、シジミ貝やカワニナなどの貝類など、たくさんの生き物を採集することができます。直接水辺の自然と触れ合うことで、水辺の自然環境についての理解が深まっていくのではないでしょうか。

 

情報提供

国立吉備青少年自然の家

2011年 9月作成

 

 

ページの先頭へ戻る