森の基地で遊ぼう!

はじめに

 準備された遊び場(ブランコ・シーソーなど)で活動しているうちに、子ども達は自分たちでも遊び場を作ってみようという意欲がわいてきます。
 子どもたちは豊な発想を生かして、アスレチックや秘密基地を作り楽しく遊ぶことでしょう。
 安全に、のびのびと活動できるように大人はそっと見守り、励ましていきます。

内容

森の基地1

準備物
 ・丸太 ・竹   ・コンパネ

 ・荒縄   ・ロープ ・鎌

 ・ビニールシート ・軍手

 ・雑巾 ・懐中電灯

対象・人数
 ・何人でも可

 ・年長以上

森の基地2

場所・時間
 
・森の木立の中

 ・3時間~

1.活動の前に

(1)事前準備として、基地の中にブランコやシーソー、ターザンロープなどを準備しておきます。
   また、興味がわいたら自分たちで作ることができるように丸太、竹、縄も準備しておきます。
(2)子ども達に、森の基地での安全や作り方の順番についての約束を説明します。
(3)基地作りや遊びを始めます。

2.基地の作り方

森の基地3
(1) 4本の木に丸太を縛る

森の基地4
(2) 縛り方は「かくしばり」(角縛りは、「 ドラ
   ム缶風呂に入ろう」のページ参照) わり
       入れてゆるみをなくす
   ※ わり:巻いたロープに直交するようにロープを巻く

森の基地5
(3) 30cm程度おきに竹をわたして縛る

森の基地6
 

森の基地7
(4) コンパネを敷く

森の基地8
(5) ベースができたら屋根を作る

森の基地9
(6) 竹でハリを作る方法

森の基地10
(7) 屋根にブルーシートをはる

   森の基地11
(8) 完   成

3.遊び場の例

森の基地13
 シーソー①

森の基地14
シーソー② 

森の基地15
 すべり台

森の基地16
ブランコ

森の基地12
一本橋で遊ぶ

森の基地17
ターザンロープ

森の基地18
はしご作り

 森の基地19
縄はしご 

4.留意点

(1)ブランコなど力のかかるものは、安全を考えてロープを使います。       
(2)危険な箇所には、指導者が安全確保に立つようにします。 
(3)鎌は、必ず地面にさして、目立ちやすくしておきます。

おわりに

他のグループの基地に行って、遊んだり、自分たちの基地よりもよいところを探したりして、お互いのがんばりを評価し合いましょう。がんばりを分かち合うことで、充実感や成就感が生まれます。

情報提供

国立立山青少年自然の家

2011年 9月作成

ページの先頭へ戻る