イグルーの作り方

イグルーとは…カナダ北部の雪と氷でおおわれた地域で暮らすイヌイットの人たちが、狩りに出かけた旅先で作る雪のブロックの簡易住居です。
積雪1メートル以上の時みんなで力を合わせてトライしてみましょう。あまり雪がないと、雪を運ばないといけないので正直きついです。

準備するもの

  • 角スコップ 2個
  • スノーソー(雪用のこぎり) 1本
  • ちりとり 1個
  • ゴム手袋(綿入り) 1枚
  • 1mのロープ 1本 (両端に輪を作り、35cm、25cmの幅にしるしをつける

所要時間
  ● 5時間

注意事項
 ● 雪質によっては固まりにくく実施が難しい場合もあります
 

作り方

Step1 

画像

雪を踏みしめイグルーとブロックの基礎を作ります。

 

Step2
 

画像

ロープで直径2メートルの円を描き、スノーソーを使って切り出します。 内側は、80センチほど掘りこみます。

Step3

画像

35センチ×25センチ×25センチくらいのブロックをスノーソーと角スコップで作ります。Step2の堀りこみの時にもつくると良いです。

*注:雪が少ない時は、プラスティックの衣装ケースを利用し雪を詰めるとちょうどよい形のブロックを作ることが出来ます(大きいブロックが出来ますので半分に切って使用します)。

Step4

画像
 

直径2メートルの外側にブロックを並べ隙間に雪を詰め、一段一段丁寧に重ねる。

*注:内側にブロック押さえ役としてあらかじめ3人程度が入る必要があります。ブロックが高くなった後はもう中に入れません。要注意!!。また、ブロックはドームの内側を削り、意識的に角度をつけることがポイントです。

 

Step5

画像
 

7段程度積み上げたらドームを作り、最上部は直径60センチ程度のブロック(キーストーン)を作り、はめ込みます。

Step6

写真

入り口をスノーソーで切り取り、入り口までの導入路と階段を作ります。

*注:内部の壁が融けて装備が濡れるので、内側の外周には溝を作ります。
また、ブロックの間には隙間が空くので、周囲にある雪か、雪の固まりでその
隙間を埋めます。

Step7

最後に導入路の屋根を作り、内部を整地し、寒風や雪を防ぐため、入り口を通気性の布でふさげば完成!

   
 

ダウンロード用PDF

 簡単イグルーの作り方!(PDF/154KB)

情報提供

国立磐梯青少年交流の家

2003年作成

国立磐梯青少年交流の家について

国立磐梯青少年交流の家でイグルー作りを体験できます。道具貸し出しします。ご相談ください。是非ともチャレンジしてください。

ページの先頭へ戻る