フォトテーリング

はじめに

オリエンテーリングをやってみたいのだけれど、少しむずかしいなあと思っている人いませんか?
そのような人には、フォトテーリングがうってつけです!フォトテーリングなら、お手軽にできますよ!
フォトテーリングとは、写真を用いたオリエンテーリングのことです。地図と写真を見ながら、それぞれの写真の場所を探します。
そして、その写真に関連するクイズを解いていきます。
使用する地図やそれぞれのポイントの写真、クイズについては、皆さん独自のアイデアをもりこみながら作っていくことができます。
山や野原はもちろんのこと、皆さんの住んでいる町や学校の中、商店街、観光地など、それぞれの場所に合わせてオリジナルのフォトテーリングを作って楽しむことができますよ!それぞれの目的に合わせたフォトテーリングを作成し行っていくことで、その場所について親しみがわき、さらに興味・関心を深めることができますよ。
では、フォトテーリングの作り方について紹介していきます!それぞれのねらいに合わせた独自のフォトテーリングを作成し、楽しんでいきましょう!

内容

準備する物

  ・筆記用具    ・フォトテーリング用紙(地図・写真とクイズ)    ・解答用紙
   ※ フォトテーリング用紙については、みなさんで作成します。作り方については、以下の活動内容を
     参考にしてください。

所要時間
  ・必要な時間は、作成したコースによって時間の調整をすることができますが、およその目安として、
   ショートコース(10ポイント)で1時間、ロングコース(20ポイント)で2時間程度です。
   上級になると、半日コース、1日コースの設定もできます。(例えば、観光地など)

1. 事前準備をしよう!

フォトテーリングを実施するにあたっては、グループの参加者を以下のように分けます。
  (A) フォトテーリングを作成し、運営する人。
   ※ 各団体やグループのリーダー(学校であれば担任の先生、子ども会であれば保護者の代表の方など)

  (B) フォトテーリングを実際に行う人。
   ※ 参加者(学校であれば生徒など)

「フォトテーリングを作成する人」は、フォトテーリングを行う日までに地図・フォトテーリング用紙と解答用紙を作成しま
しょう!

(1) フィールドを決めよう!

フォトテーリング2

 フォトテーリングを行うフィールドを決めましょう。選ぼうとするフィールドを何
 度も歩いてみましょう。

  ① フィールドについては、日頃から行き慣れているところや町内、学校
     探検における学校内や社会見学の見学場所など、お好みに合わ
     せてどこでも設定することができます。

  ② フィールドを決めた後は、それぞれの目的に応じて、ポイントとなる場
     所の候補地を検討しましょう。

(2) 写真を撮ろう!

フォトテーリング3

 決めたフィールドに出向き、ポイントの候補となっている場所の写真を撮りま
 しょう。

  ① ポイントの数は、フォトテーリングを行う時間を考慮して5~20ポイント
     にします。
  ② 幼児なら5ポイント、中学生以上なら20ポイント程度が目安です。

(3) クイズを作ろう!

  各ポイントの写真をもとにして、それぞれのポイントに関連するクイズを作りましょう。

  (例) ・ この場所に立っている木の名前は何でしょう?
      ・ この山の標高は何mでしょうか?(山頂にて標高の標示板がある場合)
      ・ この部屋の名前は何という部屋ですか?(学校探検の場合)

(4) 地図を作ろう!

フォトテーリング4

 フィールド内の地図を作成しましょう。
  ※ 市販の地図を用いることもできますが、手書きで地図を作成する
    と、その場所ならではの独自のものを作成することができます。

(5) フォトテーリング用紙を作ろう!

フォトテーリング5

 (2)の写真をパソコンに取り込み、(3)のクイズと組み合わせてフォトテーリ
    ング用紙を作成しましょう。

   ※ パソコンの操作がわからないようであれば、パソコンに詳しい人(学校
     であれば先生など)に聞きましょう。

(6) 解答用紙を作ろう!

  クイズの数にあわせて、 解答用紙を作成しましょう。

  ※ 解答用紙が完成したら、事前準備は終了です!
   あとは、実際にフォトテーリングを行うことが楽しみですね!!

2. フォトテーリングをやってみよう!

(1) 班編成をしよう!

 運営者が中心となって班を編成(1グループ4~8人程度)します。

(2) 地図、フォトテーリング用紙、解答用紙を配ろう!

 各班に、地図とフォトテーリング用紙、解答用紙を配ります。

(3) さあ、スタートです!!

フォトテーリング6

 スタートは、一斉スタートでも時間差スタートでもかまいません。
 スタートをする前に、地図を見てどのような順路で各ポイントを探していくの
 か、グループ内で作戦を立てておくとスムーズに進めていくことができます。
 
 

(4) 写真の場所をさがそう!

 スタートしたら、地図を見ながら、写真の場所を探します。
 何番からスタートしてもかまいません。

(5) クイズに答えよう!

 ポイントにたどりついたら、解答用紙に写真の番号を記入して、そのポイントのクイズに答えます。

 ※ 写真の番号については、作成した問題の数によって変わります。

(6) チャレンジしよう!

 決められた時間内(およそ90分、ただし時間は自由に設定できます。)に、できるだけたくさんのポイントを探し、クイズ
 に答えていきます。

(7) 集合しよう!

 集合時刻になったら、ゴール地点に集合しましょう。集合時刻にゴールできるように、地図を見ながら時間の計算に気をつけましょう。

3. 注意

・ フォトテーリングを行うフィールドをあらかじめ下見し、安全確保に努めましょう。
・ 自然を大切にし、交通ルールを守りましょう。
・ ポイントを探すことだけではなく、まわりの自然を十分に楽しんでください。

おわりに

各ポイントを探すことや問題を解くことだけでなく、周りの自然を感じることで、より一層楽しんで活動することができます。
国立曽爾青少年自然の家は、標高700mの山の上にあり、自然がいっぱいです。秋はススキで有名な曽爾高原です。
秋の紅葉はもちろんのこと、季節によって様々な表情を見せる曽爾高原でぜひフォトテーリングをやってみませんか?

情報提供

国立曽爾青少年自然の家

2011年 9月作成

ページの先頭へ戻る