いかだつくり

 子どもの頃、誰でも憧れたいかだづくり。ここでは、発泡スチロールを浮きにして、板と組み合わせていかだを作ります。
 さあ、仲間と力を合わせて冒険の世界へこぎだそう!

1.実施にあたって

(1) 期間等 
    5月~9月  
   ※小雨実行可 
(2) 対象人数および班編制
    小学5年生以上
   ※10~36名
    (6名×6班まで)
(3) 実施場所  
       下杢左エ門池
    ※能登青少年交流の家
     の敷地内にあるかん
     がい用水池)
(4) 所用時間 
    3時間 
        ※準備、後片付け含む

いかだの材料
いかだの材料

竹竿を通す
竹竿を通す

2.実施上の留意点


 

(1) 転覆時に備え、必ずライフジャケットを着用させします。また、水着も着用させます。
(2) 事前に活動者名簿を提出し、活動前後に確認します。
(3) 救助艇を用意して万が一に備えます。

3.活動内容(いかだ組み立て)

(1) 使う材料を確認します。
(2) 浮きと板に竹竿を通します。(3) ロープで竹竿を固定します。(4) 外枠ができます。
 

ロープで固定する
ロープで固定する。

外枠完成
外枠完成

 

(5) 座席用の板を,ロープを使
      って固定します。
(6) いかだが完成します。
 

座席の固定
座席の固定

いかだの完成
いかだの完成

(7) いかだを桟橋まで力を
    合わせて運びます。
(8) いかだを池に浮かべま
       す。
(9) パドル(オール)を持っ
       て乗り込み、出発しま
       す。
(10) さあ、池へこぎだそう!
 

桟橋へ移動
桟橋へ移動

池に浮かべる
池に浮かべる

いかだ出発!
いかだ出発!

  漕ぎだす

4.おわりに

 いかだ体験は、仲間との協力の大切さを体験できる楽しい活動です。仲間と力を合わせていかだを組み立て、力を合わせてパドル(オール)をこいで進む活動は、幼い頃の冒険心を呼び覚まし、思い出に残る貴重な経験になることでしょう。

情報提供
能登青少年交流の家
2011年9月作成 2013年改正

ページの先頭へ戻る