自分で拾った貝やサンゴでつくる「海のフォトフレーム」

はじめに

 ビーチを散歩しながら、お気に入りの貝やサンゴを拾います。それをコルクを張ったシナベニヤ板にグル―ガンでくっつけていきます。
 押しピンにも貝を貼って、世界に一つだけの「海のフォトフレーム」出来上がります。

内容

準備するもの
   ・貝やサンゴ(自分で拾ってきます) ・シナベニヤ板(20cm×15cm×4mm)
   ・コルク板(15cm×10cm×4mm)  ・木工ボンド ・グル―ガン ・押しピン    
         ・キリ   ・新聞紙など(作業をする際に下に敷きます)

対象
   ・小学生以上(低学年は保護者と一緒に)

所要時間
   ・30分~40分(ただし、貝やサンゴを拾ってある場合)

注意事項
   ・グル―ガンは先が熱くなるので、触らないようにしましょう。
   ・小さい子がグル―ガンを使いう際は必ず保護者(大人)の人と一緒に行いましょう。

 作り方

1.完成した形を思い浮かべながら、貝やサンゴを選んで
   拾ってきます。
材料を拾う

2.コルク板をシナベニヤ板へ木工ボンドで張り付けます。

 ※ボンド・グル―ガンを使うので、作業前に机に新聞
      紙などを敷きましょう。

 ※やけどに気をつけましょう。

コルクボードと材料

3.貝やサンゴをグル―ガンを使って板に貼っていきます。

  ※貝などを貼る前に穴をあけておきましょう。

グルーガンで貼る

4.写真を止める押しピンにも貝を貼ります。

  ※グル―ガンの先は熱いので気をつけましょう。

ピンにも貝を貼る

5.お気に入りの写真をフレームに貼って完成!

  ※後ろに貝などで支えを付けると、置くタイプもできます。

      完成    立てるタイプ              

                                 

まとめ

 ・自分で拾ったきれいな貝やサンゴで世界に一つだけの「海のフォトフレーム」完成!季節や気分に応
     じて中の写真を変えて、海の思い出とともに部屋に飾るといいね。

 ・山ならどんぐりや木の実・枝などを使って、「山のフォトフレーム」も作れます。

おわりに

 ・材料を拾うために海岸を歩くことで、海岸に住む小さな生き物や漂流物なども目につくと思います。
   ペットボトルのバーコードを利用して、どこの国から流れてきたかを調べることで、楽しみながら
     世界的な海の環境についても考えることができます。

情報提供
国立沖縄青少年交流の家
2014年 3月作成

つくる

  • 体験・遊びナビゲーターダウンロードページへリンク
  • 子どもゆめ基金

ページの先頭へ戻る