星座早見缶の作り方

はじめに

 星座早見表としてだけではなく、お部屋のインテリアとして、またペン立てとしても使える優れもの。
 空き缶をリサイクルして簡単にできる星座早見缶の作り方を紹介します。

内容

準備するもの

準備するもの

 ・星座表を印刷した用紙
 ・カッター、ハサミ
 ・方位や時刻等を印刷した用紙
 ・両面テープ
 ・ラミネートフィルム
 ・セロテープ
 ・缶切り
 ・ペンチ など 

 対象
  ・小学校低学年以上

 所要時間
  ・0.5~1時間

1.作り方

 (1)空き缶のフタの部分を缶切り
   で切り取り、切り口を内側に
   折り曲げます。

図1

図2

 

(2)星座表を印刷した用紙、方位
   や時刻等を印刷した用紙を切
   り抜きます。

図3

図4

 

(3)切り抜いた用紙ののりしろ部
   分に両面テープを貼ります。

 ※ 星座表を印刷した用紙には裏
  にも両面テープを貼ります。


 

裏にテープを張る
 

両面テープを貼る
 

 

(4)星座表を印刷した用紙を空
   き缶に貼り付けます。

図7

図8

 

(5)方位や時刻等を印刷した用紙を空き缶に巻きつけるようにして
   のりしろ部分を貼り付けます。


 

缶に巻きつける

 

図10

(6)ラミネートフィルム(ラミネート済み)を空き缶に巻き、セロテープ
   で固定します。

 

図11

(7)時刻と月日のメモリが上下でそろうように高さを考えながら、
   方位や時刻等を印刷した用紙をラミネートフィルムの内側に
   セロテープで固定します。

  ★ポイント★
    時刻と月日のメモリをきちんとそろえましょう

 

(8)星座表を貼り付けた空き缶の上からラミネートフィルムをかぶせると出来上がり。

完成

2.使い方

・ 使い方は星座早見盤と同じで,月日の目盛と時刻の目盛を回転させて合わせます。
・ 見たい日時を合わせてください。
 

おわりに

 星座早見缶を使って、夜空に輝く星をながめながら星座にまつわる伝説や、星の話をしてみませんか。
 大きな宇宙や遠い星に思いをはせながら、ロマンティックな夜になることでしょう。
 大隅半島のほぼ中心に位置し大自然に恵まれた大隅青少年自然の家でも、美しい星空を見ることができます。

情報提供

国立大隅青少年自然の家

2011年 9月作成

つくる

  • 体験・遊びナビゲーターダウンロードページへリンク
  • 子どもゆめ基金

ページの先頭へ戻る