森のレストラン

はじめに

 子どもたちは森のレストランのシェフです。想像力や感性を引き出しながら、森の中の様々な素材(木の実・落ち葉等)を使って、楽しいレストランのメニューを作りましょう。

内容

準備するもの
   (1)皿(ぬれても汚れても再利用できるものの方がよい)
   (2)メニューの名前をつけるプレート(段ボール片や厚紙)
   (3)色鉛筆またはクレヨン

対象・人数
   (1)年少以上
   (2)何人でも(人数が多い場合はペア、あるいはグループとしてもできます)
     ※ 低年齢の場合は、できるだけ個々の活動の方がよいでしょう。

活動場所
   ・森や林。木々や植物のある広場。

所要時間  
   ・40分程度
 

2.活動の進め方

森のレストラン

(1)「森のレストランがオープンします。」
   「みんなはレストランのシェフです。」
    森の中の素材を料理に見立て、 お皿の中にメニュー
  を作っていくことを伝えます。 
 

(2)「材料を探しに出かけましょう。」
  森の中の探す範囲を伝えます。
  集める材料は、 落ちているもので、 生えている葉っぱ
  などがどうしても欲しい場合は、必要最小限にするな
  どの注意事項を伝えましょう。 
 

(3)「さあ、 盛り付けです。」
  集めた材料の盛り付けをします。 盛り付けが終わった
  人から、 メニューの名前を考えプレートに記入します。

森のレストラン2

(4)「レストランのメニューをみんなで見てみましょう。」
  メニューを広場やテーブルに上にならべ、 みんなでお
  披露目をします。 

 

(5)「メニューのおすすめポイントを教えて。」
   シェフとお客さんになりきりながら、おすすめポイント
   を紹介したり、一人一人発表しても良いでしょう。

 

(6)「お客さんに食べてもらいましょう。(実際には食べま
  せんが…)」
   お料理を食べて、 おいしかったところやすばらしいと
  ころをシェフに教えてあげます。
 

3.留意点

(1) 落ちているものを中心に材料集めをすることを伝えましょう。
(2) 採取が必要な場合は、その採取の仕方、生き物などの役割を話し、最小限にすることを伝えましょう。
(3) うるし等、危険な植物がある場合は、森の中を歩く前に、実物を見せ、そのものに触らないよう呼びかけま
   しょう。

4.活動の発展・応用等

 低年齢の場合は、できるだけ個々の活動として実施することが大切ですが、年齢に合わせて、ペアあるいはグループでメニューづくりをする活動もできます。その場合は、友達との協力や仲間作りなどをねらいに加えられます。
 葉っぱそのものを器にすることもできます。子どもたちの発想を生かしましょう。その場合、レストランのお客さんを動物たちに設定し、森の中にメニューを置いてくることもできます。本当にお客さんがくるかも…

おわりに

 低年齢の子どもたちは、何かになりきる活動が大好きです。本当のレストランのような場面を設定し、シェフが料理を運んできて、おすすめポイントをお客様に紹介するのもよいでしょう。お客さんが食べて、感想をシェフに伝えるなど、ふりかえり、わかちあい自体を活動にしてしまう工夫ができます。

情報提供

国立立山青少年自然の家

2011年 9月作成

つくる

  • 体験・遊びナビゲーターダウンロードページへリンク
  • 子どもゆめ基金

ページの先頭へ戻る