ミニチュアストーン

はじめに

みなさんは、海岸を歩いているときにきれいな石を拾ったことはありませんか。
そんな石でお気に入りの動物の置物やオリジナルのアクセサリーができたら、素敵ですね。
そこで、海岸の小石を使い、接着剤で自分の好きな形に作り上げるプログラムを紹介します。

内容

準備するもの
  ・小石
        (淡路青少年交流の家の近くの海岸で拾ってきます。色、形、大きさ・・・いろいろな
         形を選んでみましょう)
  ・ 接着剤(速乾性がよい)  ・ へら  ・ 新聞紙  ・ ピンセット

対象・人数
  ・ 小学生以上     ・~90人ぐらいまで(交流の家で行う場合)

所要時間
  ・ 90分ぐらい

1.はじめに
 

・ 作成全体の手順を確認しましょう
  ① 材料確認→②イメージ作り→③小石選び→④作成
・ 淡路青少年交流の家で行う場合は、活動・プログラムの打ち合わせで制作手順を説明します。
 

2.作成の手順

石と接着剤

  (1)材料確認
   ・ 材料である小石適量と接着剤1本を各机上に配布
     します。
     ・ 接着剤は「速乾」と書かれていますが、5分ぐら
             いは仮固定する
      (手で持っておく)必要があります。

 

  (2)何を作るかイメージします。

 

ミニチュアストーン

  (3)小石選び 
   ・ 作るものが決定したら、そのイメージに合う小石
            を選び出します。

 

  (4)作成
   ・ 接着剤を必要量だけ新聞紙等に出し、ヘラ等を使
     って材料に少し厚めに塗ります。
        ・ 細かい作業になります。接着剤がつかないよう注
            意してください。 

 

ミニチュアストーンいぬ

  (5)小さな石を使って

   ・ 小さな石を使った右図のミニチュアでは、ピンセッ
          トを使って作成しました。

3.応用


 

・ 右図は金属スペーサーに接着した例を
    掲載しています。
  筆記用具等に装飾することも可能です。

応用

 

 ※ 終了後は清掃及び使用した物品を整理整頓しましょう。

おわりに

 集団宿泊活動等における小学生に対して、本プログラムを実施することにより、その情操面や創造性の育成が期待できます。また、自分から石を拾うところから行うと、自然観察のプログラムへと発展できます。

情報提供

国立淡路青少年交流の家

2011年 6月作成

つくる

  • 体験・遊びナビゲーターダウンロードページへリンク
  • 子どもゆめ基金

ページの先頭へ戻る