木皿アート・木皿ポエム

はじめに

 木皿に、木の実や枝などをつけてデザインする場合は、天然の素材を採集しておきましょう。
 夜須高原青少年自然の家の周りには、天然の素材がたくさんあります。

 内容

準備するもの
   ・杉皿(1枚)直径21cm 
               ※自然の家の売店で40円で販売しています。 
               ※その他の購入先については自然の家にお問い合わせください。  
   ・ペン(マジック・カラーペン・筆ペン等)
  【墨絵等を描く場合】 
         ・書道セット ・絵の具セット ・新聞紙 ・必要に応じてラッカーなど
  【接着して作品を作る場合】 
         ・木の実 ・枝  ・麻ひも ・ホットボンド ・のり
    ・はさみ   ・マット等

対象
   ・幼児~

所要時間
   ・30分~2時間

注意事項
   ・絵の具や墨汁等を使う際は、部屋を汚さないように新聞紙を敷く等の工夫をしてくだ
           さい。
   ・植物を採集するときは、身のまわりの自然を大切にするよう心がけ、必要な分だけ採
            集しましょう。
   ・刃物やホットボンドを扱うときは、取扱いに注意しましょう。

 

 作り方

 購入した杉皿に、絵を描いたり、詩を綴ったりして、思い思いの作品を作っていきましょう。

 1.杉皿は、大人の手のひらよりちょっと大きいくらい
      のサイズです。
  杉皿の特有の木目を使ってデザインしてみるのも効
  果的です。
杉皿
 2.杉皿に思い思いの絵などを描いていきます。 描いている様子

  3.作品例:

  ①木の実や枝をボンドでくっつけて、アートをして

         みた一例

 木の実や枝をくっつけた例
  ②ペンや色えんぴつを使って夏の風物詩を描いてみ
         た一例
夏の風物詩
   ③筆で一文字を表現したものの一例 筆で一文字を表現

    ④思い出や普段言えないありがとうの気持ちを表現
   してみる

普段言えない言葉を描いた一例
  ⑤好きな詩(ポエム)を書いてみた一例 好きな詩を描く

   ★point★
    ・日付や場所や研修会の名前等を書きいれると、さらに思い出に残る作品になります。
    ・油性のペンで描いた場合は特にその後の加工入りませんが、水性の絵の具や墨汁を使った
     場合、仕上げにラッカー等を塗ると水にも耐えて、一層長持ちします。

作成後

 ・展覧会を実施し、他の人の作品を見て、共有する時間を作るという展開も考えられます。
 ・自身が工夫したところや、ここを見てもらいたいというポイントを発表する機会を設定することもで
  きます。

おわりに 

 ・お家の人へのプレゼントとしても作成できます。
 ・フックと取り付けて壁掛けにしたり、スタンドにすることもできます。
 ・杉皿のみでも、通常の食器として利用できます。
 ・紙皿を使用すれば、ペーパークラフト(紙皿アート、紙皿ポエム)として作品を作ることもできます。

情報提供
夜須高原青少年自然の家
2014年3月 作成

 

つくる

  • 体験・遊びナビゲーターダウンロードページへリンク
  • 子どもゆめ基金

ページの先頭へ戻る