ネイチャークラフト「焼き板」

はじめに

 杉板と木の実を使って、自分だけのオリジナルプレートを作ってみませんか?
 

内容

準備するもの
   ・ガストーチ ・真鍮ブラシ ・グル―ガン ・延長コード ・テーブルフック
   ・布きれ ・ふで ・水入れ ・はさみ ・きり       
   ・新聞紙 ・ゴミ袋  ・軍手

対象
   ・小学生~

所要時間
   ・2~3時間

注意事項
   ・火を使いますのでやけどやけが、また周囲の安全も確認して行いましょう。
   ・グル―ガンの先端はとても熱くなります。やけどに注意しましょう。
   ・床や机などを傷つけたり、汚さないように配慮してください。

作り方

 作業の前に、まずどんなものを作るか杉板の上に木の実を置いて完成を想像しましょう。
 それから絵の具やグル―ガンで仕上げていきます。
 

1.杉板をガストーチで焼きます

・焼き具合はお好みですが、焦げるぐらいまで焼いても
 大丈夫です。
・側面も忘れずに。表面はお好みで。
・安全のために必ず軍手をしましょう。

 ★point★
   湿らせた新聞紙を下に置きましょう。
   湿らせた新聞紙の上で板を焼きます。新聞紙が乾

   いたらまた必ず湿らせてください。

板を焼く


2.すすを落とします

 

・全体が焼けたら、真鍮ブラシでこげやすすを落としま
 す。

・こすってみて、だいたい手につかないくらい落としま
 す。
・部屋の中ですると汚れるので、外でするとよいでしょ

 う。
 ※軍手をしましょう。

板を磨く

3.磨きましょう

 

・絵を描いたり、字を書いたりする前に、布きれで残っ
 たすすやよごれを落とし、きれいに磨きます。

磨く

4.絵や字をかきましょう

  

・アクリル絵の具で絵を描いたり、字を書いたりしま
 す。
・飾りは、どこにつけるか板に置いてみて、後でグル
 ―ガンで貼りつけます。

  ★point★
    アクリル絵の具は水をつけすぎないようにす
    るときれいに塗ることができます。

絵や文字をえがく

5.飾りをつけましょう

 

・飾りを置く場所が決まったら、好きなものからグル
 ―ガンで取り付けます。 

  ★point★
    特に小さい木の実には直接つけず、杉板の方
    にグル―ガンで接着剤を盛ってからつけるよ
    うにします。
    やけどに注意して作業しましょう。

飾りをつける

6.ヒートンをつけて紐を通しましょう 

 

・最後にヒートンを取り付け、紐を通して完成です。
 ヒートンが板に入りにくい場合は、キリで穴をあ
 けると入りやすくなります。    
 ※キリを使うときは、安全に気をつけましょう。

紐を通す

 おわりに 

  他のプログラムと組み合わせて、1日かけての活動にすることも可能です。
   (例えば:登山、ハイキング、周辺散策等で木の実を拾い、その後焼き板制作)

情報提供

国立三青少年交流の家

2014年3月作成

つくる

  • 体験・遊びナビゲーターダウンロードページへリンク
  • 子どもゆめ基金

ページの先頭へ戻る