森のコックさん(さつまいものきんつば作り)

 はじめに

 子どもたちに、自分たちの力で作ったものを食べさせたい。でも本格的な料理はちょっと・・・という方におすすめのメニューです!
 今回は、さつまいもを使った「きんつば」作りです。親子で一緒に作ってみませんか? 一生懸命作った「きんつば」はとっても美味しいですよ。      

 内容                            

材料(一口大サイズのきんつば6個程度) 

森のコックさん2

・餡(あん)の材料・・・300g程度のさつまいも1本 
           砂糖36g 寒天5g 水50g 

・薄皮の材料・・・・・白玉粉30g
           水160g 小麦粉

・その他・・・・・・・油少量

※ 分量を間違わないように!!

調理に必要な道具(似たような物であれば違う物でも大丈夫です)

  ・まな板   
  ・はかり(砂糖や水などの重さをはかります)
    ・包丁(さつまいもを切ります)        ・鍋(寒天を作るのに使います)
    ・スプーン(砂糖を入れるときに便利です)   ・お皿(平皿が3枚あれば便利です)
    ・計量カップ                  
    ・キッチンバット(さつまいもと寒天を混ぜる時に使います)
    ・蒸し器(さつまいもを蒸します)       ・蒸し布               
    ・つまようじ                                 
    ・フライパン(テフロン加工であれば焦げ付きにくいですよ)  
    ・すり棒&大きめのボウル(さつまいもをすり潰すのに使います)

注意

 ・火傷には充分注意してください。
 ・大人の方が必ず付き添ってください。

作り方

森のコックさん3

(1) 水洗して、土を綺麗に落としたさつまいもを皮がついたまま
     ぶつ切りにします。
     (ぶつ切りにする大きさは一口で食べることができる大きさで
       大丈夫です)
   ぶつ切りにしたさつまいもを蒸し布でくるみ、蒸し器で30分
     ほど蒸します。

 

森のコックさん4

(2) ぶつ切りにしたさつまいもに爪楊枝が「スッ」と刺さるくら
      いになれば蒸し上がり!蒸し上がったさつまいもはボウルに
      入れて、すり棒でつぶします。(さつまいもが完全に潰れる
      まですりつぶしてください)

     気合いを込めてすりつぶそう!!

 

森のコックさん5

(3) 鍋に、水50gと寒天5gを入れ沸騰させます。沸騰したら、
     火を止めて砂糖36gを入れて溶かします。
      (砂糖は完全に溶かしてください)

 

(4) (2)で作ったすり潰したさつまいもと、(3)で作った砂糖入り
     寒天を良く混ぜます。(混ぜ残りがないようにしてください)
   混ぜ合わせたら、キッチンバットに流し込み、表面を平らに
     して冷まします。 (人肌よりも冷ましてください)

 

森のコックさん6

(5) 冷めたら1cmくらいの厚さの四角い形にします。(切っても、
     直接手で形を作っても、どちらでもOK)

 

(6) 白玉粉30gに水160mlを少しずつ加え、(ダマにならないよ
     うに)砂糖20gと小麦粉80gを混ぜ合わせます。
 

 

森のコックさん7

(7) フライパンに、薄く油をひいて(4)で作った四角いさつまい
     もに(5)を塗り、少し焦げ目が付くまで焼き上げたらできあ
     がり。

おわりに

 秋のさつまいも収穫時期に合わせて行うと、さつまいも本来の味がより引き出され、美味しい
きんつばを食べることができます。
 また、いもほり体験をしたあとで行うと、より一層自然の恵みを感じることができるでしょう。

 

情報提供

国立曽爾青少年自然の家

2011年 9月作成

ページの先頭へ戻る