アウトドアでピザ!

 パンやピザが見ている間にふっくらと膨らんで焼き上がって行くのを見たことがありますか?どうやって焼き上がるのか知っていますか?富士のさと国立中央青少年交流の家(以下、中央青少年交流の家と記します)では、こんなことが、実際に体験できるのです。さて、このページではアウトドア石窯クッキングとして活躍している中央青少年交流の家の石窯について、遠赤外線とは何?から始まって、石窯クッキングまで余すところなく公開します。

1.遠赤外線とは?

 良く耳にする「遠赤外線」とは何なのでしょうか?この「遠赤外線」という言葉を分解して考えてみます。「遠」「赤」「外」「線」→遠く赤い外の線?と言うことになりますが、これはどういうことなのでしょうか?青空の下、ちょっと科学的視点で考えてみましょう。

まめ知識 <遠赤外線の発見!>

画像:赤外線のしくみ

 1800年にイギリスの天文学者ハーシェルによって発見されました。彼は、太陽光をプリズムに通す実験をしていた時、色のない部分は他の部分よりも温度が上がることを発見したそうです。これが赤外線を発見した最初だと言われています。

 では、太陽光をプリズムに通すとはどういうことなのでしょう?
 図(1)を見て下さい。プリズムの中を通ってきた太陽光は、赤・緑・紫などの色に分解されて見ることができます。ちなみに、私たちが色として認識できるこの部分を、見ることが可能な光ということから、「可視光線」と呼んでいます。反対に私たちには見えない部分は、図(1)でいうと、赤より上・紫より下と言うことになります。このことから、目に見えない部分をそれぞれ赤外線・紫外線と呼ぶようになりました。ハーシェルの実験では、この赤外線が当たっている部分の温度が上がったのですね。

 つまり「遠赤外線」とは、「赤の外側、遠くに位置する光線」のことで、しかも物を温める力を持った光線のことなのです。

 どうでしょう?「遠赤外線」について少し理解していただけたでしょうか。

2.石窯の遠赤外線効果!

 驚くべき事に、私たちの身の回りにあるもの、例えば人間や動物の身体、机の上にある物、岩や小石など全ての物から「赤外線」が発生しているのです。石窯の場合は、石から発生する「遠赤外線」を利用してパンやピザを焼き上げるわけです。ちなみに、発生する量は、物の温度が高くなるほど増えます。ですから、石窯に薪で火を入れ、パンやピザを焼くのに十分な「遠赤外線」量を発生できるまで窯(耐火煉瓦)を熱するのです。

まめ知識 <石窯の遠赤外線効果!>

写真:石釜

写真:石釜の中の様子

 どうして、石窯でパンやピザを焼くと遠赤外線効果でおいしく
仕上がるのでしょうか?  
 これは、遠赤外線の特性を考えてみると説明がつきます。



石窯の遠赤外線効果
 
  1. 食べ物の四方(窯の側面・天井・床)から遠赤外線が放射さ
    れる。
  2. 食べ物の水分が必要以上に蒸散しないため、食べ物の湿気
    がある程度保たれる。
  3. 食べ物の内側から火が通り始め、出来上がりは、内側がも
    っちり外側がぱりぱりになる。

 という効果のためにおいしく仕上がるのですね。
 写真(1)のようにガンガン火を焚き石窯の温度を上げる。そし
 てその余熱でピザを焼くのです。
 あくまで余熱・遠赤外線で焼きます。(写真2) 

3.中央青少年交流の家の石窯はこうして作られた!

 現在、中央青少年交流の家にて活躍中の石窯は全部で3基あります。しかも、この3基はなんと全て職員の手作りによる自慢の作品なのです。この章では”石窯の出来上がるまで”を紹介します。(注:今回は、抜粋して紹介しています。実際はこんなに簡単なものではありません。あしからず。)

 写真:石窯ができるまで

4.こんなにおいしく食べられる石窯クッキング!

 さて、ここまで読んだあなたは石窯特製パン・ピザが食べたくなってきたのではないですか?この章では、そんなあなたの願いを叶えるべく、中央青少年交流の家で体験できる石窯クッキングメニューを紹介します。

メニュー1 「石窯ピザ」

 老若男女を問わず、古今東西で大人気の“ピザ”づくりを体験することができます。もちろん、ピザ生地をつくるところから体験していただけます。材料を混ぜ合わせ、こねて、発酵、伸ばして、トッピング、ここまで出来たら石窯に入れて一丁上がりです。

準備するもの(4人分)
  ・水210cc           ・小麦粉(強力粉)400g   ・塩4g    ・砂糖24g
  ・ドライイースト9g  ・オリーブオイル25g     ・ぬるま湯   ・とけるチーズ
  ・ピザソース      ・お好みのトッピング 
  ・大きめのボウル    ・のし板           ・めん棒    ・ピザ皿     

作り方

 step1 :ひたすら窯の温度を上げる

step2 :材料を入れて混ぜる
画像

 

・ボウルに強力粉をふるって入れ、塩、
   砂糖、
ドライイーストを加えて軽く
   混ぜたらオリーブイルとぬるま湯を
   加えて手でよくこねる。

 step3:よくこねる
画像

 

・生地がボウルや手に付かなくなるまで
   体重
を乗せながらよくこねる。
・なめらかになるまでよくこねよう。

 

・生地がなめらかになったら、その後30
   分ねかせて発酵させる。

 step4:うすくのばす 
画像


・生地をのし板にひろげ、めん棒で丸く、
   うすくのばそう。

・全体が同じ厚さになるようにのばそう。

 step5:好きな具をトッピングする
画像

 

・ピザソースを塗り、その上に玉ネギ、
   ピーマン、ベーコンなどお好みの具を
 のせ、最後にチーズをのせる。

 step6:
画像

 

・ピザ窯に入れて、表面のチーズがと
 けて、おいしそうな季節の野菜やき
 のこを乗せて表面のチーズが溶けて、
 焼き色がついたら出来上がり。
 

※作る前にはしっかり手を洗いまし
 ょう。
※石窯は熱のでやけどに注意!

 アウトドアでピザ!

  アウトドアでピザを焼くにはコンロに乗せられる携帯用オーブンやダッチオーブンを使えば十分
    です。
カセットコンロとフライパンでもできます。
  石窯を使えば「遠赤外線」の効果でより本格的で、もっちりパリパリのピザが焼けます。

  トッピングは、季節の野菜やきのこ、ハム、ベーコン、エビ、コーン、チーズの代わりにマヨネ
     ーズなど特別は味もお楽しみください。
 

メニュー2 「石窯ナン」

写真:石釜ナン

 本場のインド料理を思わせる、“ナン”づくりに挑戦することもできます。いつものアウトドア料理、カレーづくりにもう一品追加して、インド気分を味わってみるのはいかがですか?ちなみに、ナンには、キーマカレーが合うようです。中央青少年交流の家特製ナンはヨーグルト入りの本格派です。

 

  ダウンロード用PDF

   「遠赤外線」で食べる!~石窯クッキング~(PDF/190KB) 


情報提供

中央青少年交流の家

2003年作成

ページの先頭へ戻る