Resource id #40 独立行政法人 国立青少年教育振興機構

トップページ >  キーワード:中学生
事業名 〜スプリングキャンプ in のりくら〜
第13回乗鞍青少年交流の家所長杯バレーボール大会
事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 中学生   事業目的 その他
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成28年4月23日(土)〜4月24日(日)
事業概要  バレーボールを行っている中学生が、国立乗鞍青少年交流の家に集い、バレーボールの試合をとおして自らの技術や心に磨きをかけるとともに、交流会におけるコミュニケーションゲームにより参加者相互の交流を図る。
参考資料 報告書1
事業名 徳地の森アドベンチャーキャンプ 事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成28年3月12日(土)〜3月13日(日)
事業概要  重源上人が奈良の東大寺再建のために巨木を切り出した「徳地の森」を子供たちに知ってもらい,森に対する関心を高めるとともに,マウンテンバイクで,巨木を運んだルートを森から海まで60匐瓩を旅することで,達成感を味わうとともに自分に自信を持つことができた。
参考資料 報告書1
事業名 Kibi Kibi ふれあい交流キャンプ 事業施設 国立吉備青少年自然の家
対 象 中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成28年2月27日(土)〜2月28日(日)
事業概要  不登校傾向にある中学生を対象とし,自然体験活動を通じて交流し,社会性や協調性,忍耐力を育成する。
参考資料 報告書1
事業名 子どもゆめ基金体験の風リレーションシップ事業
おおすみスポーツキャンプ 〜バスケットボール編〜
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成28年1月23日(土)〜1月24日(日)
事業概要  鹿屋体育大学との連携により、コミュニケーション能力の向上によるチームづくりや,青少年の体力・運動能力を踏まえたトレーニング法によるスポーツ技術の向上を図ることにより,青少年の自立を支援することを目的に実施した。
 今回は,中学生20人が参加し,体力測定や個別の練習プログラムを体験することができた。現役選手(大学生)が直接指導をするので,的確で質の高いトレーニングを受けることができ,中学生も満足していた。
参考資料 報告書1
事業名 平成27年度 全国防災ジュニアリーダー育成合宿 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 中学生  高校生   事業目的 リーダー養成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 世代間交流 ) 期 間 平成28年1月14日(木)〜1月17日(日)
事業概要  兵庫県立舞子高等学校との協力のもと、全国から中学生・高校生を集め、リーダー育成合宿を行った。阪神・淡路大震災や東日本大震災から得た教訓を共有するとともに、防災や減災についての知識を学び、今後の備えについて話し合い、深く考える。また、「あわじ防災ジュニアキャンプ」に参加する小学生と共に、避難所体験を実施する。
参考資料 報告書1
事業名 夢冒険 真冬にチャレンジ
〜Treasure hunting!(宝探しのキャンプ)〜
事業施設 国立曽爾青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成28年1月9日(土)〜1月11日(月)
事業概要  夢冒険 真夏にチャレンジから5ヶ月。冬の自然環境の中、真冬にチャレンジ 〜Treasure hunting!(宝探しのキャンプ)〜をテーマに、異年齢集団である小中学生が、大自然の中で日頃できない体験に挑戦した。 夏のキャンプのふりかえりや、冬山の冒険、テント設営宿泊体験、自炊、早朝ハイキング(日の出鑑賞)などの活動を盛り込んだプログラムを通して、曽爾や曽爾周辺の自然にふれると共に、自分や仲間と向き合った。全てのプログラム内容は真夏にチャレンジの「自分探し」から「宝探しに」繋がる設定とした。
参考資料 報告書1
事業名 信州高遠アセアン加盟国中学生招聘交流事業 事業施設 国立信州高遠青少年自然の家
対 象 中学生  その他 事業目的 リーダー養成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成27年11月19日(木)〜11月29日(日)
事業概要  【対象者】
 アセアン中学生 ブルネイ,シンガポール,カンボジア
 各国6名 計18名 , 引率者3名
 日本人中学生 伊那市立高遠中学校中学生 147名
 日本人中学生交流実行委員 21名
 
 アセアン諸国の中学生を招聘し,地域の特性を生かした自然体験・文化体験・日本人の青少年との交流体験を通して,日本に対する理解の増進を行う。また,日本の青少年に対して国際的視野の醸成・次世代リーダーの養成を図る。
参考資料 報告書1
事業名 通学キャンプ
〜おらが町発見!猪苗代・通キャン大好き!〜
事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成27年11月15日(日)〜11月22日(日)
事業概要  猪苗代町内各小学校に通う5年生から6年生が、交流の家から通学した。下校後は、自由遊び、勉強、夕食作りなどを行った。夕食後のプログラムは日替わりで星空観察、レクリエーション、家族への手紙を書く活動、坐禅体験などを行った。土曜日には地域探索を行った。中学生リーダー、高校生・大学生ボランティアが生活や活動の支援を行い、小学生も安心して楽しく7泊8日を過ごすことができた。
参考資料 報告書1
事業名 子どもゆめ基金体験の風リレーションシップ事業
おおすみスポーツキャンプ 〜バレーボール編 
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成27年6月6日(土)〜6月7日(日)
事業概要  鹿屋体育大学との連携により、コミュニケーション能力の向上によるチームづくりや,青少年の体力・運動能力を踏まえたトレーニング法によるスポーツ技術の向上を図ることにより,青少年の自立を支援することを目的に実施した。
 今回は,中学生及び学校担当者(監督やコーチ),保護者等を含め110人が参加し,体力測定や個別の練習プログラムを体験することができた。現役選手(大学生)が直接指導をするので,的確で質の高いトレーニングを受けることができ,中学生も満足していた。
参考資料 報告書1
事業名 信州高遠アセアン加盟国中学生招聘交流事業 事業施設 国立信州高遠青少年自然の家
対 象 中学生   事業目的 リーダー養成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成26年11月18日(火)〜11月28日(金)
事業概要  アセアン諸国の中学生を招聘し、地域の特性を生かした自然体験、文化体験、日本人の青少年との交流体験を通して、日本に対する理解の増進を行う。また、日本の青少年に対して国際的視野の醸成、次世代リーダーの養成を図る。
参考資料 報告書1

←戻る  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→