トップページ >  事業目的:リーダー養成
事業名 平成28年度 国立花山青少年自然の家
利用者300万人達成記念事業「目指せ日本一の山!〜宮城の子どもたちの富士山登山〜」
事業施設 国立花山青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 リーダー養成
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成28年6月18日(土)
平成28年7月3日(日)
平成28年7月25日(月)〜7月28日(木)
平成28年9月3日(土)
平成28年10月23日(日)
事業概要  富士山登山をメインプログラムとし、その前後の研修会及び活動報告の場を設け、登頂することの達成感を得て完了とするのではなく、体験したことやその過程を自分でも蓄積し、他者にも伝えられる機会を設けた。
参考資料 報告書1
事業名 平成27年度全国防災ジュニアリーダー育成合宿 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 中学生  高校生   事業目的 リーダー養成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 世代間交流 ) 期 間 平成28年1月14日(木)〜1月17日(日)
事業概要  兵庫県立舞子高等学校との協力のもと、全国から中学生・高校生を集め、リーダー育成合宿を行った。阪神・淡路大震災や東日本大震災から得た教訓を共有するとともに、防災や減災についての知識を学び、今後の備えについて話し合い、深く考える。また、「あわじ防災ジュニアキャンプ」に参加する小学生と共に、避難所体験を実施する。
参考資料 報告書1
事業名 信州高遠アセアン加盟国中学生招聘交流事業 事業施設 国立信州高遠青少年自然の家
対 象 中学生  その他 事業目的 リーダー養成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成27年11月19日(木)〜11月29日(日)
事業概要  【対象者】
 アセアン中学生 ブルネイ,シンガポール,カンボジア
 各国6名 計18名 , 引率者3名
 日本人中学生 伊那市立高遠中学校中学生 147名
 日本人中学生交流実行委員 21名
 
 アセアン諸国の中学生を招聘し,地域の特性を生かした自然体験・文化体験・日本人の青少年との交流体験を通して,日本に対する理解の増進を行う。また,日本の青少年に対して国際的視野の醸成・次世代リーダーの養成を図る。
参考資料 報告書1
事業名 体験活動支援セミナー
〜ドキドキ わくわく ボランティア・秋〜
事業施設 国立岩手山青少年交流の家
対 象 高校生  大学生   事業目的 リーダー養成
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成27年9月12日(土)〜9月13日(日)
事業概要  高校生と大学生が,子供たち(小学生)の自然体験活動の支援を行いながら,体験活動に必要な知識や技術を研修する事業である。
 1日目の午前中に小学生の活動支援についての講義や演習を行い,午後から小学生を受け入れて1泊2日の宿泊体験を行った。1つの班に2〜3名ずつリーダーとして高校生や大学生をつけ,7〜8人の小学生の野外活動の支援を行った。体験活動支援セミナーに参加のグループリーダーに加えて,先輩の法人ボランティアが,2日間の活動を事前に企画し,当日は運営補助に入りグループの補助することで活動を円滑に行うことができた。
参考資料 報告書1
事業名 伊予の伝承文化を学び伝えるリーダー村 事業施設 国立大洲青少年交流の家
対 象 小学生  大学生   事業目的 リーダー養成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 世代間交流 ) 期 間 平成27年8月24日(月)〜8月29日(土)
事業概要  地域を大切にし、地域に根ざして活動するリーダーが求められている中で、愛媛の伝承文化を学び、先人の知恵と自然体験の融合した体験活動をすることで、地域を大切にしようとする心を育むとともに、「子どもむかし生活体験村」の運営を自ら計画し、運営することで、地域に根ざして活動しようとするリーダーを養成する。
参考資料 報告書1
事業名 小学生チャレンジキャンプ 事業施設 国立三瓶青少年交流の家
対 象 小学生  大学生  ボランティア   事業目的 リーダー養成
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成27年8月18日(火)〜8月23日(日)
事業概要  本事業は地域や社会に貢献し、次代のリーダーとして活躍できる人材を育成するため、これからの社会で中心となる青年ボランティアを対象に、小学生への体験活動の提供をコンセプトとしたキャンプの企画を、立案から運営までの一連の流れの中で体験するプログラムとして開発することを目的に実施した。
参考資料 報告書1
事業名 ユース オブ ワールド 2015 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  その他 事業目的 リーダー養成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成27年8月12日(水)〜8月15日(土)
事業概要  青少年教育施設を中核に、自然体験、文化体験等の機会を通じて、東アジアの青少年と日本の青少年が交流を深め、グローバルな視点を備えた次世代リーダーの育成を目的に、文部科学省の委託を受けて実施。
参考資料 報告書1
事業名 福島こども力プロジェクト ふみだす探検隊
福島復興支援事業 なすかしドリームプロジェクト
事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 リーダー養成
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成27年7月19日(日)〜8月2日(日)
平成27年12月24日(木)〜12月26日(土)
事業概要  自然体験活動(縦走登山、防災自立キャンプ)と震災復興学習を通して、知力・体力・心力を鍛え、これからの福島の未来を担う困難に負けずにたくましく生きる力を身につけた児童を育てることを目的とした事業である。15日間を5つのステージに分けて、チームビルディングから始まり、最後には学んで考えたことを仮設住宅でプレゼンテーションした。
参考資料 報告書1
事業名 さんりく体験!探検ツアー 事業施設 国立岩手山青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 リーダー養成
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成27年7月18日(土)〜7月20日(月)
事業概要  本事業は,東日本大震災を「風化させない」「忘れない」ために,岩手の将来を担う児童生徒たちが被災地を訪問し,沿岸地域の人々と自然体験活動を通して触れ合う中で,被災地復興の現状を理解し,復興支援の一役を担う意識を高めるため行う事業である。
 参加者は,震災学習列車や民泊体験,サッパ船体験や番屋群見学などを通じて,沿岸部の復興状況について理解することができ,今後どのように復興に関わっていくべきかを考える機会となった。
参考資料 報告書1
事業名 平成27年度文部科学省委託事業(青少年教育施設を活用した交流事業)タイ王国高校生相互交流事業 事業施設 国立夜須高原青少年自然の家
対 象 高校生   事業目的 リーダー養成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成27年7月4日(土)〜7月5日(日)
平成27年7月11日(土)〜7月12日(日)
平成27年8月2日(日)〜8月9日(日)
平成27年8月29日(土)
平成27年9月26日(土)
平成27年10月16日(金)〜10月25日(日)
平成27年11月7日(土)
事業概要  東アジアを中心とした海外の青少年を日本に招き、青少年教育施設を中核に、周辺の高等学校・高等専門学校、文化・スポーツ施設等関係機関と連携し、地域の特性を生かした自然体験・スポーツ体験・文化体験等の機会を提供する。また、日本の青少年を東アジアに派遣し、相互交流を行い、日本に対する理解の増進を図るとともに、招いた海外の青少年との国際交流体験を通じて日本の青少年の国際的視野を醸成し、東アジアの中核を担う次世代リーダーを養成する。
参考資料 報告書1

←戻る  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→