Resource id #40 独立行政法人 国立青少年教育振興機構

トップページ >  キーワード:中学生
事業名 集まろう!のりくら ‖茖恐鷏道錬成会 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 中学生   事業目的 その他
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年5月12日(土)〜5月13日(日)
事業概要  剣道を通して心身を錬磨し、技術の向上を図る。集団宿泊を通じて参加者交互の広域的な交流を目指す。
参考資料 報告書1
事業名 スプリングキャンプ in のりくら
第15回所長杯バレーボール大会
事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 中学生   事業目的 その他
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年4月28日(土)〜4月29日(日)
事業概要  バレーボールを行っている中学生が、国立乗鞍青少年交流の家に集い、バレーボールの試合をとおして自らの技術や心に磨きをかけるとともに、交流会におけるコミュニケーションゲームにより参加者相互の交流を図る。
参考資料 報告書1
事業名 平成29年度 生徒会リーダースキルアップ研修会 事業施設 国立三瓶青少年交流の家
対 象 中学生  学校教員   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( その他の交流体験 ) 期 間 平成30年3月29日(木)〜3月30日(金)
事業概要  県内中学校の生徒会リーダーが共に学び、活動する機会をもつことで、生徒会運営のための技能と意欲の向上を図る。また、1泊2日の宿泊活動を通して、他校との交流を深めるとともに、規則正しい生活時程を再認識する機会とする。
参考資料 報告書1
事業名 子どもゆめ基金体験の風リレーションシップ事業
おおすみスポーツキャンプ 〜バスケットボール編〜
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年2月24日(土)〜2月25日(日)
事業概要  鹿屋体育大学との連携により、コミュニケーション能力の向上によるチームづくりや,青少年の体力・運動能力を踏まえたトレーニング法によるスポーツ技術の向上を図ることにより,青少年の自立を支援することを目的に実施した。
 今回は,体力測定や個別の練習プログラムを体験することができた。現役選手(大学生)が直接指導をするので,的確で質の高いトレーニングを受けることができ,中学生も満足していた。
参考資料 報告書1
事業名 第4回なすかしの森ファミリーミーティング 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 幼児  小学生  中学生  親子   事業目的 子育て
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( 雪中での活動 ) 期 間 平成30年2月17日(土)〜2月18日(日)
事業概要  幼児・小学生・中学生のいる親子を対象に自然体験を通して絆を深めることを目的として、スキーやスノーボード等の雪中活動を行った。能力別のグループに分かれ、インストラクターの指導もと、技能の向上に取り組み、自由滑走の時間で家族ごとに滑れるようにした。また、学生ボランティアが企画運営し家族同士が交流できるプログラムを行った。
 ウインタースポーツの楽しさを実感し、家族の絆を再確認することができた。
参考資料 報告書1
事業名 おおすみくん家スポーツキャンプ
バレーボール
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 中学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年1月20日(土)〜1月21日(日)
事業概要  鹿屋体育大学との連携により,コミュニケーション能力の向上によるチームづくりや,青少年の体力・運動能力を踏まえたトレーニング法によるスポーツ技術の向上を図ることにより,青少年の自立を支援することを目的に実施した。
 中学生及び学校担当者(監督やコーチ),保護者等が参加し,体力測定や個別の練習プログラムを体験することができた。現役選手(大学生)が直接指導をするので,的確で質の高いトレーニングを受けることができ,中学生も満足していた。
参考資料 報告書1
事業名 グローバルチャレンジキャンプ in ETAJIMA  事業施設 国立江田島青少年交流の家
対 象 中学生  ボランティア   事業目的 その他
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成30年1月13日(土)〜1月14日(日)
事業概要  国際化する社会の中で,今後,グローバルな人材がますます求められるようになってくる。本事業では,異年齢の中学生同士が寝食を共にする中で,コミュニケーション能力を磨いていくことを目的とした。外国人留学生との交流等,英語を介して行うグループ活動やワークショップを多く設けることで,積極性や表現力,協力性といった面で深まりが見られた。
参考資料 報告書1
事業名 平成29年度 全国防災ジュニアリーダー育成合宿 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 中学生  高校生  学校教員   事業目的 リーダー養成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 地域間交流 ) 期 間 平成30年1月11日(木)〜1月14日(日)
事業概要  全国の中学生・高校生を対象に、阪神・淡路大震災や東日本大震災の教訓を学び、今後の災害に備え、その取組や内容を日本全体に広げていく。
参考資料 報告書1
事業名 第3回なすかしの森ファミリーミーティング 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 幼児  小学生  中学生  親子   事業目的 子育て
活動内容 文化芸術体験 ( 創作活動 ) 期 間 平成29年12月16日(土)〜12月17日(日)
事業概要  幼児・小学生・中学生のいる親子を対象に創作体験を通して絆を深めることを目的として、クリスマスリースやクリスマスケーキ作りを行った。いろいろな年齢構成がある中で、家族間で話し合い、個性豊かなリースやケーキができあがった。ケーキを食べている間も、笑顔で、会話が弾み、有意義な交流の場となった。
参考資料 報告書1
事業名 白金カップクロスカントリースキー記録会 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生  大学生  その他 事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成29年12月9日(土)〜12月10日(日)
事業概要  ・クロスカントリースキー選手の競技力を高めるとともに参加者の交流を深める。
 ・雪のない時期のトレーニングの場としての利用を促す。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→