Resource id #40 独立行政法人 国立青少年教育振興機構

トップページ >  キーワード:子ども
事業名 わくわく!のり森ランド 〜家族の絆プロジェクト〜 第3回「秋の森」 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年10月20日(土)〜10月21日(日)
事業概要  幼児期の子育てを行う親が「五感」を使って自然を味わい楽しむことで自然体験の必要性を実感し、子どもとの体験活動への意欲を高める。また、子育てに関わる情報の共有化を図り、ネットワーク作りのきっかけとする。
参考資料 報告書1
事業名 子ども環境探検隊 事業施設 国立花山青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 森林・草原 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年10月6日(土)〜10月8日(月)
事業概要  花山青少年自然の家の周辺フィールドにある豊かな自然のもと、自然体験活動を通じて、自然の仕組みについて理解を深めるとともに、その保護や活用について考え、地域に根ざした環境教育の推進を図る。
参考資料 報告書1
事業名 ばんだいこどもの森キッズランド 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年9月29日(土)〜9月30日(日)
事業概要  年間を通して「ばんだいこどもの森」を活用し、幼児期に必要な運動能力を高め、基礎体力を養う体験を提供し、また、保護者には体験活動の重要性や子育てのヒントを得る機会を提供することを目的として開催した。
 ばんだいこどもの森での遊びを通して、幼児が自由に遊びながら自ら考え活動していくための場の設定や親子で体を動かす心地よさや楽しさを感じることができるための場を提供した。具体的には、こどもの森での森遊びや探検、子ども体験遊びリンピックを取り入れた活動を行った。また、雨のため屋内で森のクラフトやアウトドアクッキング(けんちんうどん作り)を行った。家族合同で行い、交流を深めることができた。
 子育てカフェでは、保護者同士が子供の活動の様子や子育てについて話し合うことで交流を深めたり、若い親世代には子育てに関して学んだりする機会となった。
参考資料 報告書1
事業名 生活・自立支援キャンプ事業
〜子ども生き生き体験学習〜
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成30年8月26日(日)〜8月27日(月)
事業概要  児童養護施設と連携を深め,施設で暮らしている子どもたちがさまざまな体験活動を通して,豊かな情操を養い,自立できるように支援した。
 1日目は,ペタンクやサンドアート,夕食作りを行った。
 2日目は,垂水市漁業協同組合に行き,冷凍庫などの施設見学や養殖カンパチへの餌やり体験を行った。
参考資料 報告書1
事業名 夜須高原長期チャレンジキャンプ
〜海・川・山の自然を体感!自分にチャレンジ!〜
事業施設 国立夜須高原青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成30年8月12日(日)〜8月19日(日)
事業概要  子どもたちを、SNSやゲーム、テレビ等のメディアに依存した生活から離し、カヌー、ヨット体験、登山、野外炊飯、テント泊など様々な自然体験活動を通して、人間関係能力や自己肯定感を高めていくことをねらいとする。
参考資料 報告書1
事業名 生活・自立支援キャンプ事業
〜子ども生き生き体験学習◆
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成30年8月2日(木)〜8月4日(土)
事業概要  児童養護施設と連携を深め,施設で暮らしている子どもたちがさまざまな体験活動を通して,豊かな情操を養い,自立できるように支援した。
 1日目は,スポーツクライミングやマウンテンバイク,夕食作りを行った。
 2日目は,垂水市漁業協同組合に行き,冷凍庫などの施設見学や養殖カンパチへの餌やり体験を行った。午後はカヌー体験や海辺遊びを行った。
 3日目は,七宝焼き体験を行った。
参考資料 報告書1
事業名 生活・自立支援キャンプ事業
〜子ども生き生き体験学習 
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成30年7月24日(火)〜7月25日(水)
事業概要  母子生活支援施設と連携を深め,施設で暮らしている子どもたちが様々な体験活動を通して,豊かな情操を養い,自立できるように支援した。
 1日目は,ボルダリングなどのニュースポーツや夕食作りを行った。
 2日目は,鹿屋市漁業協同組合に行き,冷凍庫などの施設見学や養殖カンパチへの餌やり体験を行った。
参考資料 報告書1
事業名 ばんだいこどもの森キッズランド 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年7月21日(土)〜7月22日(日)
事業概要  年間を通して「ばんだいこどもの森」を活用し、幼児期に必要な運動能力を高め、基礎体力を養う体験を提供し、また、保護者には体験活動の重要性や子育てのヒントを得る機会を提供することを目的として開催した。
 ばんだいこどもの森での遊びを通して、「36の基本的な動き」を幼児が自由に遊びながら身につけることができるようにした。また、親子で体を動かす心地よさや楽しさを感じることができるための場を提供した。
 こどもの森での森遊びや探検、子ども体験遊びリンピックを取り入れた活動を行った。また、アウトドアクッキング(ピザ作り)では親子で一緒に体験することによって、たくさんふれあう場を設定した。
 子育てカフェでは、保護者同士が子供の活動の様子や子育てについて話し合うことで交流を深めたり、若い親世代には子育てに関して学んだりする機会となった。
参考資料 報告書1
事業名 子ども環境探検隊「三陸ジオパーク編」 事業施設 国立花山青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 海洋 )
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成30年7月14日(土)〜7月16日(月)
事業概要  三陸ジオパークとその周辺の豊かな自然のもと、自然体験活動を通じて、自然の雄大さを感じとり、自然の仕組みについて理解を深めるとともに、その保護や活用について考え、地域に根ざした環境教育の推進を図る。
参考資料 報告書1
事業名 平成30年度ボランティア養成セミナー 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 世代間交流 ) 期 間 平成30年6月16日(土)〜6月17日(日)
事業概要  キャンプや野外活動に興味を持っている人、子どもたちと関わることに興味がある人を募ったセミナー。ボランティア活動について理解を深め、必要な知識・技術を学ぶことで、若者のスキルアップを図る。また、今後のボランティア活動の見通しを立て、継続してボランティア活動に携わることができる人材を育成する。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→