トップページ >  対象者: 青少年教育指導者
事業名 自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成事業 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 大学生  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成29年8月30日(水)〜9月1日(金)
事業概要  全国体験活動指導者認定委員会が制定した「自然体験活動指導者養成カリキュラム」に則り、自然体験活動上級指導者(NEALリーダー)を養成することにより、青少年向け自然体験活動プログラムにおいて、子どもの発達段階に応じて適切かつ安全に指導ができる自然体験活動指導者を育成する。
参考資料 報告書1
事業名 NEALリーダー養成&ボランティア養成研修 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成29年6月17日(土)〜6月19日(月)
事業概要  ボランティア養成では,青少年の体験活動を支援するボランティアに求められる知識・技能を習得するとともに,ボランティア活動の意欲を高めることを目的に研修を実施した。
 NEALリーダー養成研修では,自然体験活動指導者認定制度における養成カリキュラム(概論機砲亡陲鼎い森崕会を実施し,自然体験活動指導者を養成することで,自然体験活動の推進に寄与することを目的に研修を実施した。
 研修には県内を中心に67名が参加した。
参考資料 報告書1
事業名 妙高アドベンチャープログラム指導者養成研修 事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成29年6月9日(金)〜6月11日(日)
事業概要  教職員、社会教育関係者、一般の方、学生等、妙高アドベンチャープログラム指導者を目指す方を対象に、児童・生徒のコミュニケーション能力の向上に資する指導法について研修し、実際の教育現場で集団内の一人一人の信頼と安心を構築することのできる妙高アドベンチャープログラムの指導者を育成する。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動指導者養成事業(NEALリーダー) 事業施設 国立吉備青少年自然の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年5月20日(土)〜5月21日(日)
平成29年6月24日(土)〜6月25日(日)
事業概要  全国体験活動指導者認定委員会が制定した「自然体験活動指導者養成カリキュラム」に則り、自然体験指導者(NEAL)リーダーを養成することにより、青少年向け自然体験活動プログラムにおいて、子供の発達段階に応じて適切かつ安全に指導ができる自然体験活動指導者を育成する。
参考資料 報告書1
事業名 AWAJI体験フェスタ 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 親子  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 学校教育支援 ( 教員 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( レクリエーション ) 期 間 平成29年3月24日(金)〜3月25日(土)
事業概要   国立淡路青少年交流の家で実施しているプログラムを指導者等が体験し、その目的についての理解を深める。また、親子等を対象に創作活動や体験プログラムの機会を提供する。
参考資料 報告書1
事業名 体験活動推進員養成研修会 事業施設 国立吉備青少年自然の家
対 象 大学生  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成29年3月9日(木)〜3月9日(木)
事業概要  教育支援活動関係者が体験活動の重要性について理解を深めるとともに、地域の青少年への普及を推進する「体験活動推進員」を養成する。
参考資料 報告書1
事業名 チームワークや組織力を向上させるための指導力が身につく諫早コミュニケーションアドベンチャープログラム研修会 事業施設 国立諫早青少年自然の家
対 象 青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成29年2月28日(火)〜3月2日(木)
事業概要  青少年教育に携わる指導者等を対象とした事業で,参加者同士がグループを構成し,学び合うことで,チームの力を高めるために必要な言動を考え,チームや個人の心情の変化等を体感する。その上で,グループの凝集力を高め,グループ構成員の協調性を高めるための理念を理解することを通して,参加者自身がチームビルドの手法を実践する場で活用することを目的とする。
参考資料 報告書1
事業名 大雪冬のレクスポーツ祭典 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  中学生  高校生  大学生  親子  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( 雪中での活動 ) 期 間 平成29年2月25日(土)〜2月26日(日)
事業概要  北海道の生活に身近な「雪」を楽しんだり、工夫したりするプログラムを子供たちに提供し、明るく、仲良く、元気よく活動することで、冬をたくましく生きる素地を身につける機会を得るものとする。
参考資料 報告書1
事業名 「学び合う集団づくり」セミナー 事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成29年2月4日(土)〜2月5日(日)
事業概要  「徳地アドベンチャープログラム」(以下,TAP)の体験や理念,菊池省三氏の実践紹介を通して,学校において,児童・生徒集団を自ら主体的,能動的に成長を図ろうとする「学び合う集団」に育てるための理念や手法を学び,指導者としての資質,能力の向上をめざした。
参考資料 報告書1
事業名 子どもゆめ基金体験の風リレーションシップ事業
おおすみスポーツキャンプ
〜バレーボール編◆
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 中学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成29年1月28日(土)〜1月29日(日)
事業概要  鹿屋体育大学との連携により,コミュニケーション能力の向上によるチームづくりや,青少年の体力・運動能力を踏まえたトレーニング法によるスポーツ技術の向上を図ることにより,青少年の自立を支援することを目的に実施した。
 中学生及び学校担当者(監督やコーチ),保護者等が参加し,体力測定や個別の練習プログラムを体験することができた。現役選手(大学生)が直接指導をするので,的確で質の高いトレーニングを受けることができ,中学生も満足していた。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→