トップページ >  対象者: 青少年教育指導者
事業名 体験活動推進委員養成講座 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成30年3月3日(土)
事業概要  受講者が、「体験活動推進員」として活躍してもらうために、西郷村と連携して行った。
 福島大学や那須高原ビジターセンターなど、当施設近隣で活躍している専門家を講師とし、「青少年の現状と課題」「青少年の体験活動の意義と実際」「体験活動の安全管理」の講義を行った。
 実際の活動に照らし合わせて考える時間を設けることで、参加者同士、理解を深め実践的に学ぶことができた。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動上級指導者(NEALインストラクター)養成事業 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 大学生  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成30年2月26日(月)〜2月28日(水)
事業概要  全国体験活動指導者認定委員会が制定した「自然体験活動指導者養成カリキュラム」に則り、自然体験活動上級指導者(NEALインストラクター)を養成することにより、青少年向け自然体験活動プログラムにおいて、子どもの発達段階に応じて適切かつ安全に指導ができる自然体験活動指導者を育成する。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成事業 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年1月22日(月)〜1月24日(水)
事業概要  全国体験活動指導者認定委員会が制定した「自然体験活動指導者養成カリキュラム」に則り、青少年向け自然体験活動プログラムにおいて、子どもの発達段階に応じて適切かつ安全に指導ができる自然体験活動指導者を養成する。
参考資料 報告書1
事業名 おおすみくん家スポーツキャンプ
バレーボール
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 中学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年1月20日(土)〜1月21日(日)
事業概要  鹿屋体育大学との連携により,コミュニケーション能力の向上によるチームづくりや,青少年の体力・運動能力を踏まえたトレーニング法によるスポーツ技術の向上を図ることにより,青少年の自立を支援することを目的に実施した。
 中学生及び学校担当者(監督やコーチ),保護者等が参加し,体力測定や個別の練習プログラムを体験することができた。現役選手(大学生)が直接指導をするので,的確で質の高いトレーニングを受けることができ,中学生も満足していた。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講習 事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成30年1月17日(水)〜1月19日(金)
事業概要  全国体験活動指導者認定委員会自然体験活動部会が定める「自然体験活動指導者養成カリキュラム」の「概論機18時間)」に基づき、青少年向け自然体験活動プログラムにおいて、子供の発達段階に応じて、適切かつ安全に指導ができる自然体験活動指導者(NEALリーダー)を養成する。
参考資料 報告書1
事業名 平成29年度
自然体験活動上級指導者(NEALインストラクター)養成事業
事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 学校教員  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年1月9日(火)〜1月12日(金)
事業概要  小学校新学習指導要領に、自然体験活動を中心とする長期集団宿泊活動が推奨されたことを受け、自然体験活動上級指導者養成事業を実施し、自然体験活動プログラムの企画、実施者を養成するとともに、自然体験活動指導者(NEALリーダー)を指導できるインストラクターを養成する。
参考資料 報告書1
事業名 卓球クリニック in 淡路
〜目指せ!TOKYO●2020〜
事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生  青少年教育指導者   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年1月3日(水)
事業概要  卓球を通じて、子ども達の心身の健康増進を図る。また、団体間の交流を深める。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講座 事業施設 国立大洲青少年交流の家
対 象 青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 自然観察 ) 期 間 平成29年12月1日(金)〜12月3日(日)
事業概要  前半にボランティア養成講座との読み替え可能な講座を配置し、ボランティアにとってはスキルアップ講習として受講できる形にした。受講者は、国立大洲青少年交流の家敷地内の「鴾ヶ森」を活動の中心として、インタープリテーションについて学んだ。屋内での活動は、大半をワークショップ形式とし、受講者自らが考え、発言する主体的な活動を中心に進めた。最終日にはグループに分かれ、それぞれが考案したインタープリテーションを実演した。
参考資料 報告書1
事業名 青少年教育指導者講習会 事業施設 国立三瓶青少年交流の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 青少年教育施設職員 )
活動内容 その他 期 間 平成29年11月21日(火)〜11月22日(水)
事業概要  山陰・山陽6施設の青少年教育施設の職員や教育関係者が集まり、それぞれの特性を生かしたプログラムを実際に体験すること等を通して、指導に関する手法を学び、情報交換を行う。プロジェクトアドベンチャー(PA)の考え方をベースとした人間関係づくりの普及、発展に取り組んでおられる方を講師に招き、講義を聞いたり、実際に演習を行ったりしながら「人間関係づくり」の理論や手法について学んでいく。
参考資料 報告書1
事業名 青空教室 〜若狭の自然の中で〜 事業施設 国立若狭湾青少年自然の家
対 象 小学生  中学生  青少年教育指導者   事業目的 子どもの抱える問題 ( 不登校・ひきこもり )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成29年11月11日(土)〜11月12日(日)
事業概要  東海市教育委員会(愛知県)と連携し、今年度は「リフレッシュ&チャレンジ」をテーマに東海市内在住の不登校傾向にある児童・生徒が自然の中で心身をリフレッシュし、交流を深め、今後の生活の中での課題にチャレンジすることのできる力を養うプログラムへの支援のあり方を探ることを目的とした。
 若狭湾の立地を生かした海型を中心とした自然体験プログラムや野外炊事などの体験活動を通して、子どもの達成感を醸成し自己肯定感の向上と今後の生活における質の変化をねらいとした。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→