トップページ >  対象者: 青少年教育指導者
事業名 平成30年度 自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成事業 事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 大学生  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年9月7日(金)〜9月9日(日)
事業概要  小学校新学習指導要領に、自然体験活動を中心とする長期集団宿泊活動が推奨されたことを受け、自然体験活動指導者養成研修を実施し、特定の活動プログラムの指導に当たる指導者並び、自然体験活動の普及や振興に貢献できる指導者を養成する。
参考資料 報告書1
事業名 おおすみくん家 スポーツキャンプ 〜野球〜 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 中学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年7月15日(日)〜7月16日(月)
事業概要  鹿屋体育大学との連携により,コミュニケーション能力の向上によるチームづくりや,青少年の体力・運動能力を踏まえたトレーニング法によるスポーツ技術の向上を図ることにより,青少年の自立を支援することを目的に実施した。
 1日目には,鹿屋体育大学の測定機器を利用し,中学生部員個々の体力やスポーツ能力を測定した。
 2日目には,大学生(現役選手)がポジションごとに直接指導を行うことで,的確で質の高いトレーニングを受けることができ,中学生も満足していた。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成研修 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成30年7月14日(土)〜7月16日(月)
事業概要  自然体験活動指導者認定制度における養成カリキュラム(概論機砲亡陲鼎い森崕会を実施し,自然体験活動指導者(NEALリーダー)を養成することで,自然体験活動の推進に寄与することを目的に研修を実施した。
 研修には今後,交流の家を利用される学校や学童支援員が下見を兼ねての参加や社会教育を学ぶ学生など14名が参加した。
参考資料 報告書1
事業名 富士のさと ボランティア養成研修 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成30年6月16日(土)〜6月17日(日)
事業概要  ボランティア養成では,青少年の体験活動を支援するボランティアに求められる知識・技能を習得するとともに,ボランティア活動の意欲を高めることを目的に研修を実施した。
 研修には県内を中心に33名が参加した。
参考資料 報告書1
事業名 子どもを支援する青年ボランティア養成研修 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 大学生  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成30年6月16日(土)〜6月17日(日)
事業概要  本施設や、本機構で活躍するボランティアの養成を目的とした研修を実施した。
 NPO法人の理事や大学教授などを講師としてお招きし、「青少年教育施設の役割」や、「ボランティア活動の意義」、「青少年理解」などの講義を行っていただいた。また、演習として、「野外炊事」を実際に体験したり、当施設の事業の企画案を考えたりすることにより意欲的を高める内容となった。
参考資料 報告書1
事業名 ボランティア養成研修 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 高校生  大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成30年6月9日(土)〜6月10日(日)
事業概要  青少年教育施設の役割を理解するとともに,野外活動等の指導・ 支援ができるボランティア及び指導者の養成・確保を図った。
 1日目は,講義「青少年における体験活動」,実習「自然体験活 動の技術」(野外炊飯)などを行った。
 2日目は,講義「青少年施設におけるボランティア活動」,実習「自然体験活動の安全管理」などを行った。
参考資料 報告書1
事業名 鹿屋体育大学との連携による
おおすみくん家スポーツキャンプ バレーボール
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 中学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年6月2日(土)〜6月3日(日)
事業概要  鹿屋体育大学との連携により,コミュニケーション能力の向上によるチームづくりや,青少年の体力・運動能力を踏まえたトレーニング法によるスポーツ技術の向上を図ることにより,青少年の自立を支援することを目的に実施した。
 中学生及び学校担当者(監督やコーチ),保護者等が参加し,体力 測定や個別の練習プログラムを体験することができた。現役選手(大学生)が直接指導をするので,的確で質の高いトレーニングを受けることができ,参加者も満足していた。
参考資料 報告書1
事業名 平成30年度教育事業
はなやまボランティアスクールスキルアップ研修 兼 自然体験活動指導者(NEAL)リーダー研修会
事業施設 国立花山青少年自然の家
対 象 高校生  大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 川・湖での活動 ) 期 間 平成30年5月26日(土)〜5月27日(日)
平成30年6月23日(土)〜6月24日(日)
事業概要  全国体験活動指導者認定委員会が制定した「自然体験活動指導者養成カリキュラム」に則り、自然体験活動指導者(NEAL)リーダーを養成することにより、青少年向け自然体験活動プログラムにおいて、子供の発達段階に応じて適切かつ安全に指導ができる自然体験活動指導者を育成する。
参考資料 報告書1
事業名 平成30年度教育事業
「第39期はなやまボランティアスクール」
事業施設 国立花山青少年自然の家
対 象 高校生  大学生  学校教員  青少年教育指導者  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成30年5月26日(土)〜5月27日(日)
事業概要  国立青少年教育振興機構の共通カリキュラムによる研修を行い、青少年の体験活動を支援するボランティアに求められている知識や技能を習得させ、教育事業や研修支援事業等への運営協力や指導における機会の拡充を図るとともに、ボランティア活動に対する意欲を高めた。
参考資料 報告書1
事業名 妙高アドベンチャープログラムスキルアップ研修 事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成30年5月26日(土)〜5月27日(日)
事業概要  教職員、社会教育関係者、一般の方、学生等、妙高アドベンチャープログラム指導者養成研修を受講した人を対象に、児童・生徒のコミュニケーション能力の向上に資する指導法について研修し、実際の教育現場で集団内の一人一人の信頼と安心を構築することのできる妙高アドベンチャープログラムの指導者のスキルアップを目指す。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→