トップページ >  対象者: 大学生
事業名 自然体験活動上級指導者(NEALインストラクター)養成事業 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 大学生  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成30年2月26日(月)〜2月28日(水)
事業概要  全国体験活動指導者認定委員会が制定した「自然体験活動指導者養成カリキュラム」に則り、自然体験活動上級指導者(NEALインストラクター)を養成することにより、青少年向け自然体験活動プログラムにおいて、子どもの発達段階に応じて適切かつ安全に指導ができる自然体験活動指導者を育成する。
参考資料 報告書1
事業名 イーハトーブチャレンジキャンプ・冬 事業施設 国立岩手山青少年交流の家
対 象 大学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年2月21日(水)〜2月23日(金)
事業概要  大学生を対象に,自然体験活動をとおしたチームビルディングにより,社会人基礎力という,社会人として必要な力を身に付けることを目指して事業を行った。初日に社会人基礎力調査を行い,自身の得意分野や苦手分野を意識させた後,調査結果を基に似たような特徴の者同士や違う者同士などのグループ編制を行い,グループを入替ながら雪山登山や雪像作りなど自然体験活動を行った。事業後,参加者からは社会人基礎力を意識して行動することで自己の成長を感じることができたという感想があった。
参考資料 報告書1
事業名 学社共同参画セミナー 事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 大学生   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年2月16日(金)〜2月18日(日)
事業概要  教員等を目指す学生に対し、社会教育に関する演習を実施し、事業の企画・運営・評価を実践的に学ぶ機会を提供する。
 社会教育に関する演習では、スノーシューハイク、雪中泊を実施した。
 また、演習での体験をもとに、各グループで事業をマネージメントし、それぞれに対して意見交流を行った。
参考資料 報告書1
事業名 しまラブ 〜We love とかしき〜 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成30年2月13日(火)〜2月15日(木)
事業概要  法人ボランティアが他府県の法人ボランティアとの交流により培った知識・技能・経験を活かし、自然体験活動における実践的な取り組みを通して、ボランティアとしての意識の向上を図る。また、参加者に対し、集団宿泊体験を通して、仲間との交流、自然体験活動と法人ボランティアの魅力を伝える。
参考資料 報告書1
事業名 中1ギャップ解消プログラム開発事業「うずしお交遊塾」 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生  大学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( その他の交流体験 ) 期 間 平成30年1月24日(水)〜1月27日(土)
事業概要  子どもたちが家庭を離れ、異年齢の青少年が集って共同生活をすることを通して、望ましい人間関係の育成や自主自立の精神を養う。また、地域の安全・防災について、日常の備えや的確な判断のもと、地域の安全・防災について主体的に行動することや災害時の助け合いの大切さについての理解を深める。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成事業 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年1月22日(月)〜1月24日(水)
事業概要  全国体験活動指導者認定委員会が制定した「自然体験活動指導者養成カリキュラム」に則り、青少年向け自然体験活動プログラムにおいて、子どもの発達段階に応じて適切かつ安全に指導ができる自然体験活動指導者を養成する。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講習 事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成30年1月17日(水)〜1月19日(金)
事業概要  全国体験活動指導者認定委員会自然体験活動部会が定める「自然体験活動指導者養成カリキュラム」の「概論機18時間)」に基づき、青少年向け自然体験活動プログラムにおいて、子供の発達段階に応じて、適切かつ安全に指導ができる自然体験活動指導者(NEALリーダー)を養成する。
参考資料 報告書1
事業名 白金カップクロスカントリースキー記録会 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生  大学生  その他 事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成29年12月9日(土)〜12月10日(日)
事業概要  ・クロスカントリースキー選手の競技力を高めるとともに参加者の交流を深める。
 ・雪のない時期のトレーニングの場としての利用を促す。
参考資料 報告書1
事業名 青少年教育指導者講習会 事業施設 国立三瓶青少年交流の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 青少年教育施設職員 )
活動内容 その他 期 間 平成29年11月21日(火)〜11月22日(水)
事業概要  山陰・山陽6施設の青少年教育施設の職員や教育関係者が集まり、それぞれの特性を生かしたプログラムを実際に体験すること等を通して、指導に関する手法を学び、情報交換を行う。プロジェクトアドベンチャー(PA)の考え方をベースとした人間関係づくりの普及、発展に取り組んでおられる方を講師に招き、講義を聞いたり、実際に演習を行ったりしながら「人間関係づくり」の理論や手法について学んでいく。
参考資料 報告書1
事業名 国際交流きらめき阿蘇キャンプ 事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 大学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成29年11月11日(土)〜11月12日(日)
事業概要  熊本県内の大学に在学している留学生と日本人学生が交流できる場を提供することにより、国際社会に向けた学生の視野を広げるとともに、相互の異文化理解と交流を図る。また、持続可能な共生社会の実現に貢献し得る態度を養うとともにグローバルな視点を備えた次世代リーダーの育成を図る。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→