トップページ >  対象者: 高校生
事業名 平成30年度 宮城県「体験の風をおこそう」運動推進事業「夢・HOCKEY・inはなやま」
事業施設 国立花山青少年自然の家
対 象 小学生  中学生  高校生  その他 事業目的 その他
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成31年1月25日(金)〜1月26日(土)
事業概要  トップアスリートの豊かな経験と高い技術に触れ、ホッケーを通して技術の向上・知識の向上を図るとともに、 望ましい生活習慣を身に付ける。
参考資料 報告書1
事業名 中1ギャップ解消プログラム開発事業「うずしお交遊塾」 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生  大学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( その他の交流体験 ) 期 間 平成31年1月23日(水)〜1月26日(土)
事業概要  子どもたちが家庭を離れ、異年齢の青少年が集って共同生活をすることを通して、望ましい人間関係の育成や自主自立の精神を養う。また、地域の安全・防災について、日常の備えや的確な判断のもと、地域の安全・防災について主体的に行動することや災害時の助け合いの大切さについての理解を深める。
参考資料 報告書1
事業名 平成30年度全国防災ジュニアリーダー育成合宿 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 中学生  高校生  学校教員   事業目的 リーダー養成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 地域間交流 ) 期 間 平成31年1月10日(木)〜1月13日(日)
事業概要  2020年に東京でオリンピック・パラリンピックが開催されることを契機に、阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震や火山噴火、水害などが頻発している我が国における災害やその対策等の現状を世界にアピールするとともに、次代を担う人材の育成、防災意識と社会参画意識のさらなる向上を目指し、これからの防災・減災の担い手である中学生・高校生を中心とした防災会議を4年計画で開催する。その初年度として、今年度は兵庫、次年度は東北・熊本を会場として実施し、2020年のオリンピック・パラリンピックイヤーでは、東京を会場として、海外の被災地中高生を招聘して実施し、さらなる取組の広がりを目指す予定である。
参考資料 報告書1
事業名 のりくら雪ん子スノーキャンプ! 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生   事業目的 子どもの抱える問題 ( 不登校・ひきこもり )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( 雪中での活動 ) 期 間 平成31年1月6日(日)〜1月7日(月)
事業概要  生活に課題や不安を抱える小中高生が、「冬の乗鞍の大自然」という日常とは異なる環境の中で、自然の癒しを受けたり、青年との交流を深めたりして、心身のリラックスを図る。また、スキー・スノーボード実習を通し、達成感や人と関わるよさを味わい、今後の生活の意欲付けを図る。
参考資料 報告書1
事業名 卓球クリニック in 淡路
〜目指せ!TOKYO●2020〜
事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生  青少年教育指導者   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成31年1月3日(木)〜1月4日(金)
事業概要  卓球を通じて、子ども達の心身の健康増進を図る。また、団体間の交流を深める。
参考資料 報告書1
事業名 山から君へのメッセージ 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生  中学生  高校生   事業目的 子どもの抱える問題 ( 不登校・ひきこもり )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年12月25日(火)〜12月28日(金)
事業概要  冬の高隈山縦走を通して,自然の厳しさや偉大さを体感するとともに,最後までやり遂げる忍耐力や協力心を培い,青少年の自立を支援することを目的に3泊4日で実施した。
 鹿児島県山岳・スポーツクライミング連盟の指導のもと,適切なコース設定を行い,参加者の安全を確保した。参加者はお互いに声をかけ合い助け合いながら全員が縦走を終えた。
参考資料 報告書1
事業名 平成30年度ボランティア自主企画事業 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 世代間交流 ) 期 間 平成30年11月17日(土)〜11月18日(日)
事業概要  国立淡路青少年交流の家を新しい居場所にしてもらうとともに、今回のキャンプを通してボランティアに必要なスキルを身につける。また、自然体験活動の魅力を体感し、今後の活動につなげることで淡路ボランティアの確保と育成を図る。ボランティアスタッフにより、「アイスブレイク」「野外炊飯」「やきいも座談会」「テント泊」「レクリエーション作り」を実施した。
参考資料 報告書1
事業名 平成30年度教育事業
国立中央青少年交流の家「オープンハウス2018」
事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  中学生  高校生  親子   事業目的 その他
活動内容 その他 期 間 平成30年11月3日(土)〜11月4日(日)
事業概要  当交流の家の活動プログラムを中心とした様々な体験活動を通して,体験活動の楽しさを体感するとともに,体験活動の重要性の普及と当交流の家の周知を図る。
 「情報発信」をキーワードに学習成果の発表や団体間の交流の機会とすることにより,地域の生涯学習の振興に寄与するとともに,本事業の取組を通して,関係団体との連携をより一層緊密にし,地域に親しまれる施設づくりの一環とする。
参考資料 報告書1
事業名 第40回 さんべ祭 事業施設 国立三瓶青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  中学生  高校生  大学生  親子  ボランティア  その他 事業目的 その他
活動内容 その他 期 間 平成30年10月13日(土)〜10月14日(日)
事業概要  三瓶山周辺地域の5施設と3団体が軸となり,地域の人々と密接な連携のもとに事業を展開し,地域の活性化を図る。また,「三瓶の魅力四重奏」のテーマのもと,参加施設の強みである「体験」「文化(食)」「交流」「健康」を活かした企画を展開し,参加者に三瓶地域の魅力を知ってもらい,三瓶を好きになってもらう。
参考資料 報告書1
事業名 さんべ夢ステージ
ヾ覯菠圻∨榿嵎
事業施設 国立三瓶青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  ボランティア   事業目的 リーダー養成
活動内容 その他 期 間 平成30年9月28日(金)〜9月30日(日)
平成30年10月12日(金)〜10月14日(日)
事業概要  本事業は、主体的に社会参画を目指す青年に対し、将来のリーダーとして不可欠な、リーダーシップを身につけるための場として、体験を通した学びを提供する。
 リーダーシップをキーワードに、企画・運営の様々な場面で合意形成・問題解決を繰り返し、対人関係力等のリーダーとして必要な資質の向上を図る。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→