トップページ >  対象者: 幼児
事業名 幼児からの自然体験活動 「あそべ!げんキッズ」 事業施設 国立曽爾青少年自然の家
対 象 幼児   事業目的 学校教育支援 ( 幼稚園・保育園 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年4月1日(土)〜平成30年3月31日(土)
事業概要  モデル園を対象に、曽爾の豊かな自然の中で、登山などの自然体験活動や外遊びを通して、体を動かすことの楽しさや心地よさを感じることができるプログラムを実施した。
参考資料 報告書1
事業名 元気いっぱい!ちびっこキャンプ 事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成29年3月18日(土)〜3月19日(日)
事業概要  未就学児(年中,年長)に多様な動きを獲得させ,体力・運動能力の基礎を培うことを目的としたキャンプ。施設内の一角に様々な遊び場を設置し,そこで自由に遊ばせながらバランスをとったり物を操作したりして多様な動きを引き出す。参加者の関わりやすい雰囲気づくりとして合間におやつを作り一緒に食べる時間も設定した。
参考資料 報告書1
事業名 大雪冬のレクスポーツ祭典 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  中学生  高校生  大学生  親子  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( 雪中での活動 ) 期 間 平成29年2月25日(土)〜2月26日(日)
事業概要  北海道の生活に身近な「雪」を楽しんだり、工夫したりするプログラムを子供たちに提供し、明るく、仲良く、元気よく活動することで、冬をたくましく生きる素地を身につける機会を得るものとする。
参考資料 報告書1
事業名 平成28年度教育事業
「五感を使って体験しよう!おやこかんかく発見隊」
事業施設 国立花山青少年自然の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子育て
活動内容 文化芸術体験 ( その他の文化芸術体験 ) 期 間 平成29年2月18日(土)〜2月19日(日)
事業概要  本事業は幼児(年中・年長児)とその保護者を対象にした事業である。近年のメディアの発達による疑似体験の増加傾向を踏まえ、五感を活かした親子での直接体験の活動を通して、豊かな情操を育む体験活動に対する保護者の理解を深めることねらいとしている。
参考資料 報告書1
事業名 泊まって 遊んで 親子でポン 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( その他のスポーツ・レクリエーション ) 期 間 平成29年2月4日(土)〜2月5日(日)
事業概要  国立青少年教育振興機構において開発した、幼児期の運動プログラム「36の基本的な動き」を取入れた活動を幼稚園・保育園、家庭等において広く普及し、その成果を広く周知することおを通して、幼児期における体験活動の重要性の取組みを促進する。
参考資料 報告書1
事業名 運動遊びを親子deちゃれんじ
「親子でふれあい遊びにチャレンジ」
〜自分たちであそびもつくってみよう〜
事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 幼児  親子   事業目的 その他
活動内容 その他 期 間 平成29年1月21日(土)〜1月22日(日)
事業概要  親子で楽しみながら体を動かして遊ぶことをテーマとしたプログラムを実施し、幼児期に必要とされる多様な動きの獲得や体力・運動能力の基礎を培う。
 1日目は親子のふれあい遊び、家族対抗遊びリンピック、絵本の読み語り・交流会、2日目は段ボール遊び、段ボールで遊びづくりを実施した。
参考資料 報告書1
事業名 平成28年度生活・自立支援キャンプ
「チャレンジウィンターキャンプ in ASO」
事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  中学生  高校生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( 雪中での活動 ) 期 間 平成29年1月21日(土)〜1月22日(日)
事業概要  児童養護施設に入所する子供たちがたくましく生きる力を育むために、自然体験や集団での宿泊体験を通して規則正しい生活習慣や自立する力を身につけさせることを目的に実施した。スキー体験や雪遊び体験など普段できない体験をさせることで、挑戦しようとする態度や達成感を味わわせる機会となった。また、調理体験では、「朝ごはんポケットレシピ」を活用し、栄養のバランスだけでなく調理することの楽しさを伝えることができた。
参考資料 報告書1
事業名 ニューイヤーフェスティバル 事業施設 国立諫早青少年自然の家
対 象 幼児  小学生  中学生  親子   事業目的 その他
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成29年1月14日(土)〜1月15日(日)
事業概要  白木峰3施設(自然の家,こどもの城,コスモス花宇宙館)の共同企画により,特色を生かした活動プログラムを中心とした様々な体験活動を通して,体験活動の楽しさを体感するとともに,体験活動の重要性の普及と白木峰3施設の周知を図った。また,地域連携の一環として,3施設の他,育成会,婦人会,高等学校に協力いただき,地域に親しまれる施設づくりを目指して実施した。
 この事業は本年度新規の事業であり,10月の子ども体験フェスティバルと同様に2日間で開催し,各種クラフト,昔あそび,天体観察などを実施した。また,宿泊を可能にし,夜のプログラムを取り入れたことにより,多くの来館者に好評を博した。
参考資料 報告書1
事業名 平成28年度教育事業「生活・自立支援キャンプ」
「ほっぷ すてっぷ キャンプ」
事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  中学生  高校生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( その他の交流体験 ) 期 間 平成29年1月7日(土)〜1月9日(月)
事業概要  子供たちが,日常の中では体験しがたい活動にチャレンジするとともに,集団宿泊生活を通じて,規則正しい生活習慣の大切さや相互に協力し合うことの意義などを学ぶ「子供たちが将来に向けて踏み出す一歩」を応援するキャンプの実施。
参考資料 報告書1
事業名 メリークリスマスin立少 事業施設 国立立山青少年自然の家
対 象 幼児  小学生  中学生  親子  その他 事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 共同生活体験 ( 野外炊事 ) 期 間 平成28年12月17日(土)〜12月18日(日)
事業概要  家族で宿泊したり、様々な活動を体験したりすることを通して、自然の家に親しみを感じてもらう。冬の立少ならではの雪の活動やクリスマスの演出を楽しむ。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→