トップページ >  東海・北陸 > 国立中央青少年交流の家
事業名 富士のさと イングリッシュキャンプ 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成29年8月20日(日)〜8月22日(火)
事業概要  ネイティブの外国人と英会話を用いた様々な活動及び生活をすることで,英語に親しみ,生きた英語を身に付けるとともに,国際的な感覚を身に付ける。同時に,積極的にコミュニケーションをとろうとする姿勢を身に付ける。
参考資料 報告書1
事業名 子どもの挑戦を支える 富士サマーキャンプ
“進化” 〜自分の新たな一面と出会おう〜
事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 その他
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成29年8月6日(日)〜8月12日(土)
事業概要  全国の小学生5・6年生を対象に,富士登山を含む様々な交流・体験活動を通じて,将来に必要な「生きる力」を身につけ,直接体験や挑戦をすることにより,自分自身を“進化”させていくことを目的とした長期宿泊体験事業である。
参考資料 報告書1
事業名 NEALリーダー養成&ボランティア養成研修 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成29年6月17日(土)〜6月19日(月)
事業概要  ボランティア養成では,青少年の体験活動を支援するボランティアに求められる知識・技能を習得するとともに,ボランティア活動の意欲を高めることを目的に研修を実施した。
 NEALリーダー養成研修では,自然体験活動指導者認定制度における養成カリキュラム(概論機砲亡陲鼎い森崕会を実施し,自然体験活動指導者を養成することで,自然体験活動の推進に寄与することを目的に研修を実施した。
 研修には県内を中心に67名が参加した。
参考資料 報告書1
事業名 富士のさと わくわくキャンプ(子ども編) 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成29年2月4日(土)〜2月5日(日)
事業概要  自然の中での体験活動や基本的生活習慣の重要性について、野外での体験活動や共同生活体験を通して学ぶことを目的として実施する。
 また、ボランティアが企画の段階から携わることで、ボランティア養成研修で身につけた知識や技術を実践の場において活用することができるため、ボランティアのスキルアップ研修となる。
参考資料 報告書1
事業名 青少年教育指導者専門研修 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成29年1月21日(土)〜1月22日(日)
事業概要  近隣市町村の放課後児童クラブに携わる19名を対象に,専門的な知識・技能を習得し,「体験活動推進員」の養成を目指し研修会を実施した。
 内容は,放課後子ども教室・クラブの意義を理解する講義,すぐに使えるレクリエーションの実習,子どもとふれあうために必要な,指導者のスタンスや気持ちの受け止め方についての講義・演習であった。
参考資料 報告書1
事業名 平成28年度教育事業「生活・自立支援キャンプ」
「ほっぷ すてっぷ キャンプ」
事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  中学生  高校生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( その他の交流体験 ) 期 間 平成29年1月7日(土)〜1月9日(月)
事業概要  子供たちが,日常の中では体験しがたい活動にチャレンジするとともに,集団宿泊生活を通じて,規則正しい生活習慣の大切さや相互に協力し合うことの意義などを学ぶ「子供たちが将来に向けて踏み出す一歩」を応援するキャンプの実施。
参考資料 報告書1
事業名 教員免許状更新講習
〜学校教育における体験活動の効果的な進め方〜
事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成28年10月29日(土)〜10月30日(日)
事業概要  児童生徒の「生きる力」を育む上で重要な体験活動による教育活動をより一層充実するために,体験活動の意義や指導に関する知識・技術を習得することを目的として実施。
 また,喫緊の教育課題である防災教育等を含む安全教育について,体験活動の視点から理解を図る。
参考資料 報告書1
事業名 平成28年度子どもゆめ基金体験の風リレーションシップ事業
国立中央青少年交流の家「オープンハウス2016」
事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  中学生  親子   事業目的 その他
活動内容 その他 期 間 平成28年10月8日(土)〜10月9日(日)
事業概要  当交流の家の活動プログラムを中心とした様々な体験活動を通して,体験活動の楽しさを体感するとともに,体験活動の重要性の普及と当交流の家の周知を図る。
 また,地域における学習成果の発表や団体間の交流の機会とすることにより,地域の生涯学習の振興に寄与するとともに,本事業の取組を通して,関係団体との連携をより一層緊密にし,地域に親しまれる施設づくりの一環とする。
参考資料 報告書1
事業名 富士のさと わくわくキャンプ(家族編) 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 親子   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成28年9月10日(土)〜9月11日(日)
事業概要  キャンプ活動などの共同生活体験、協働作業を通して、子どもたちの自主性・協調性・基本的生活習慣など心身の発達を促すことを目的として実施する。
 また、ボランティア要請研修で身につけた知識や技術を実践で活用し、ボランティアの実践能力を高める。
参考資料 報告書1
事業名 東北と静岡をつなぐ 富士サマーキャンプ
〜 “前進” 一歩 一歩 確実な歩みを 〜
事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 その他
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( その他の交流体験 ) 期 間 平成28年8月12日(金)〜8月18日(木)
事業概要  震災後,復興に向け前向きに生活しようとしている被災地(宮城県南三陸町,福島県西郷村)の子供たちと御殿場市及び小山町の子供たちが,共同生活を送りながら,富士登山などの自然体験や交流体験を通して,未来へ向かってたくましく生きる力を育む。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→