トップページ >  東海・北陸 > 国立乗鞍青少年交流の家
事業名 のりくら雪ん子スノーキャンプ! 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生   事業目的 子どもの抱える問題 ( 不登校・ひきこもり )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( 雪中での活動 ) 期 間 平成31年1月6日(日)〜1月7日(月)
事業概要  生活に課題や不安を抱える小中高生が、「冬の乗鞍の大自然」という日常とは異なる環境の中で、自然の癒しを受けたり、青年との交流を深めたりして、心身のリラックスを図る。また、スキー・スノーボード実習を通し、達成感や人と関わるよさを味わい、今後の生活の意欲付けを図る。
参考資料 報告書1
事業名 親子ファミリーフットサル大会 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 親子   事業目的 その他
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年11月24日(土)
事業概要  フットサルを通して家族の触れ合いの場、身近なスポーツの場となり参加者同士の交流を深めることを目的とする。また、乗鞍青少年交流の家での体験活動を通して家族の絆を育む機会とする。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講習会 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年11月23日(金)〜11月25日(日)
事業概要  自然体験活動指導者認定制度における養成カリキュラム(概論機砲亡陲鼎い森崕会を実施し、自然体験活動指導者(NEALリーダー)を養成することで、自然体験活動の推進に寄与する。
参考資料 報告書1
事業名 オータムVキャンプ in のりくら 秋季バレーボールカップ 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 中学生   事業目的 その他
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年11月10日(土)〜11月11日(日)
平成30年11月17日(土)〜11月18日(日)
事業概要  バレーボールを行っている中学生が、国立乗鞍青少年交流の家に集い、バレーボールの試合をとおして自らの技術や心に磨きをかけるとともに、つどいなどにおけるコミュニケーションゲームにより参加者相互の交流を図る。
参考資料 報告書1
事業名 わくわく!のり森ランド 〜家族の絆プロジェクト〜 第3回「秋の森」 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年10月20日(土)〜10月21日(日)
事業概要  幼児期の子育てを行う親が「五感」を使って自然を味わい楽しむことで自然体験の必要性を実感し、子どもとの体験活動への意欲を高める。また、子育てに関わる情報の共有化を図り、ネットワーク作りのきっかけとする。
参考資料 報告書1
事業名 集まろう!のりくら◆‖茖顕鷭蠶糠娵道大会 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 中学生   事業目的 その他
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年10月13日(土)〜10月14日(日)
事業概要  剣道を通して心身を錬磨し、技術の向上を図る。集団宿泊を通じて参加者交互の広域的な交流を目指す。
参考資料 報告書1
事業名 のりくら探険隊「焼岳登山」 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 大学生  その他 事業目的 その他
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年10月6日(土)〜10月8日(月)
事業概要  日常を離れ乗鞍の自然を身体全体で満喫する中で自然体験活動の理論や技術を学び、自然体験活動の楽しさを多くの人に伝える人材を育成する。
参考資料 報告書1
事業名 わくわく!のり森ランド 〜家族の絆プロジェクト〜 第2回「森で遊ぼう」 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年10月6日(土)〜10月7日(日)
事業概要  幼児期の子育てを行う親が「五感」を使って自然を味わい楽しむことで自然体験の必要性を実感し、子どもとの体験活動への意欲を高める。また、子育てに関わる情報の共有化を図り、ネットワーク作りのきっかけとする。
参考資料 報告書1
事業名 秋季自然体験活動ボランティアリーダー養成セミナー 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 大学生   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年9月23日(日)〜9月28日(金)
事業概要  自然体験活動の理論や技術,ボランティア活動の意義や青少年教育施設におけるボランティア活動について学習することで,自然体験活動の楽しさを伝えることができる大学生を育てるとともに,青少年教育施設におけるボランティア活動をリードできる人材の育成を図る。
参考資料 報告書1
事業名 アドベンチャーキャンプ in GIFU
〜飛騨の山、美濃の水「飛山濃水」2018〜
事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成30年7月28日(土)〜8月5日(日)
事業概要  飛騨・美濃の岐阜の大自然を体感する長期キャンプである。飛騨の山、丸黒(1956m)・乗鞍岳(3026m)登山では、全員で力を合わせ登頂する。美濃の水・長良川を辿る行程では、徒歩・ゴムボート・鉄道も使い、源流近くから長良川千鳥橋までを目指す。目標に向かって、粘り強くやり抜く力の育成を目的とした8泊9日の長期キャンプである。(8日目の百々ヶ峰登山は高温のため途中で打ち切った。)
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→