トップページ >  東海・北陸 > 国立能登青少年交流の家
事業名 のともキッズキャンプ 事業施設 国立能登青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年10月21日(土)〜10月22日(日)
事業概要  ・ボランティアが、職員の支援のもと、事業を企画・実施することを通して、企画力・運営力・コミュニケーション能力を身につける。
 ・異学年交流を中心とした体験活動を通して、様々な人や物、事と触れ合い、コミュニケーション能力を高める機会とする。
参考資料 報告書1
事業名 ホップ・ステップ・Camp 事業施設 国立能登青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 森林・草原 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年10月14日(土)〜10月15日(日)
事業概要  ・森を舞台にした自然体験活動をとおして仲間や自然とかかわり、グループの連帯感を高めるとともに、自然の良さを知る機会とする。
 ・初めて自然体験をする子どもに良質な活動を提供し、今後積極的に自然体験に取り組もうとする意識を育てる。
参考資料 報告書1
事業名 幼小いっしょに!のとまり会 事業施設 国立能登青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成29年9月3日(日)
平成29年9月9日(土)〜9月10日(日)
平成30年1月13日(土)〜1月14日(日)
事業概要  ・異年齢集団(年長児と小学1・2年生)による生活体験活動をとおして,低年齢期の子供たちが体験活動の楽しさを感じるとともに,集団行動や人とのかかわり方のルール等に気付く。
 ・保護者が活動をとおして学び,自らの子育てについて振り返る。また,保護者同士がかかわりをもち,子育てに対して思いを深める。
参考資料 報告書1
事業名 教員免許状更新講習 事業施設 国立能登青少年交流の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成29年8月18日(金)〜8月20日(日)
事業概要  教員が,学習指導要領改訂で示された児童・生徒の「体験活動」の必要性について,一層の理解を深め,教員としての資質の向上を図る。またその実習体験をすることにより,教育内容の充実を図る。
参考資料 報告書1
事業名 石川縦断キャンプACTIVE2017 事業施設 国立能登青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成29年8月11日(金)〜8月21日(月)
事業概要  石川県の山と海をフィールドにして、共同生活をしながら、全力で取り組む活動を行う。これらの活動を通して、これからの激動の社会を主体的に生き抜く力の基礎を培う。
 白山登山や長距離サイクリングを行いながら、日々、自分や仲間について振り返る。課題に対してねばり強く取り組み、やり遂げることで、「かかわる力、感じる力、見つめる力」を育む。参加者は、課題に対して力を合わせて取り組むことの大切さを感じ取った。
参考資料 報告書1
事業名 やる気!元気!ボランティア! 事業施設 国立能登青少年交流の家
対 象 ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成29年5月27日(土)〜5月28日(日)
平成29年9月30日(土)〜10月1日(日)
事業概要  ボランティア活動に必要な知識や技能の向上を図り,ボランティアとしての資質を高め,広く社会でボランティア活動に取り組める青少年を育成するとともに、全国体験活動指導者認定員会が制定した「自然体験活動指導者養成カリキュラム」に則り、子供の発達段階に応じて安全に活動が指導できる人材を養成する。
参考資料 報告書1
事業名 幼小いっしょに!のとまり会 事業施設 国立能登青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成28年9月4日(日)
平成28年9月10日(土)〜9月11日(日)
事業概要  ・異年齢集団(年長児と小学1・2年生)による生活体験活動をとおして,低年齢期の子どもたちが体験活動の楽しさを感じるとともに,集団行動や人とのかかわり方のルール等に気付く。
 ・保護者が活動をとおして学び,自らの子育てについて振り返る。また,保護者同士がかかわりをもち,子育てに対して思いを深める。
参考資料 報告書1
事業名 教員免許状更新講習 事業施設 国立能登青少年交流の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成28年8月17日(水)〜8月19日(金)
事業概要  教員が,学習指導要領改訂で示された児童・生徒の「体験活動」の必要性について,一層の理解を深め,教員としての資質の向上を図る。またその実習体験をすることにより,教育内容の充実を図る。
参考資料 報告書1
事業名 石川縦断キャンプACTIVE2016 事業施設 国立能登青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成28年7月31日(日)〜8月10日(水)
事業概要  石川県の山と海をフィールドにして、共同生活をしながら、全力で取り組む活動を行う。これらの活動を通して、これからの激動の社会を主体的に生き抜く力の基礎を培う。
 白山登山や長距離サイクリングを行いながら、日々、自分や仲間についてふりかえる。課題に対してねばり強く取り組み、やり遂げることで、「かかわる力、感じる力、見つめる力」を育む。参加者は、課題に対して力を合わせて取り組むことの、大切さを感じ取った。
参考資料 報告書1
事業名 やる気!元気!ボランティア! 事業施設 国立能登青少年交流の家
対 象 ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成28年4月29日(金)〜5月1日(日)
事業概要  ボランティア活動に必要な知識や技能の向上を図り,ボランティアとしての資質を高め,広く社会でボランティア活動に取り組める青少年を育成するとともに、全国体験活動指導者認定員会が制定した「自然体験活動指導者養成カリキュラム」に則り、子供の発達段階に応じて安全に活動が指導できる人材を養成する。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→