トップページ >  関東・甲信越 > 国立赤城青少年交流の家
事業名 平成28年度
自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成事業
事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年1月7日(土)〜1月9日(月)
事業概要  小学校新学習指導要領に、自然体験活動を中心とする長期集団宿泊活動が推奨されたことを受け、自然体験活動指導者養成研修を実施し、特定の活動プログラムの指導に当たる指導者並び、自然体験活動の普及や振興に貢献できる指導者を養成する。
参考資料 報告書1
事業名 あかぎ多文化共生推進事業 事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生  親子  その他 事業目的 その他
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成28年8月18日(木)〜8月20日(土)
平成28年10月1日(土)〜10月2日(日)
事業概要  目的としては、参加者が体験活動を通して他の文化や人を知り、自分以外の価値観を認める考えを持つことである。
 本事業は、次の3つに分類される。
 ,△ぎワールドキャンプ…国籍も様々、言語も様々な参加者を赤城に集めて交流キャンプを行う。
 (H26主催事業、H27共催事業、H28協力事業)
 △△ぎ多文化交流キャンプ…群馬大学 学生支援機構・大学教育の文化庁委託事業 平成28年「生活者としての外国人」のための日本語教育事業(通年)の第3回・第4回を「あかぎ多文化交流キャンプ」として実施する。
 在日外国人学校プログラム支援…群馬県における在日外国人への体験の場を提供する。
参考資料 報告書1
事業名 赤城やまなみチャレンジキャンプ
〜目指せ!赤城全山制覇!!〜
事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成28年8月13日(土)〜8月20日(土)
事業概要  赤城山を構成する主要七山を、仲間と協力しながら全て制覇することを目標に行ったチャレンジキャンプ。途中で起こる様々なことを乗り越えながら、困難に立ち向かう心を養い、豊かな人間性を育み、自然への敬愛の念や周囲への感謝の気持ちを持つことをねらいとした。前橋市赤城少年自然の家を拠点として行った。運営は、交流の家職員3名、ボランティア5名、社会教育実習生4名、看護師3名、講師1名の計16名のスタッフで行った。
参考資料 報告書1
事業名 あかぎサンサンかがやきキャンプ 事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  ボランティア   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成28年7月30日(土)〜7月31日(日)
平成28年9月10日(土)〜9月11日(日)
平成29年2月18日(土)〜2月19日(日)
事業概要  本事業では、障がいを持った子と健常の子とが、普段体験できないようなプログラムを体験したり、集団で宿泊する体験を行った。参加者同士がキャンプの中で一緒に過ごすことで、同年代の子どもたちと共に学び、育つ機会の足掛かりを作ることをねらいの一つとしている。また、事前の事業計画から運営までボランティアスタッフに関わってもらうことで、実践的な指導力を身に着けてもらうこともねらいとしている。
参考資料 報告書1
事業名 ふじみフレンドシップキャンプ 事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成28年5月21日(土)〜5月22日(日)
平成28年11月25日(金)〜11月27日(日)
事業概要  前橋市富士見地区に住む子どもたちが元気にのびのび自然の中で育つことができるよう、仲間作りがテーマのキャンプです。同じ中学校に進学する小学生が早い時期から顔見知りになることを目指す。1回目は、富士見地区子ども会育成会連合会とリーダーキャンプを実施した。2回目は、前橋市富士見地区地域プラットホーム形成委員会と富士見地区の自然や農業、文化に触れるキャンプを実施した。
参考資料 報告書1
事業名 ボランティア養成セミナー
〜できることから始めてみよう〜
事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成28年5月14日(土)〜5月15日(日)
事業概要  講義では「ボランティア」の基礎的な知識を学んだ。実習では野外炊事の体験、救急救命法の技能を習得した。また、グループワークではそれぞれのボランティアに対するイメージや思いを語り合った。さらに、法人ボランティアが青少年教育施設のボランティアについての具体的な実践発表を行った。
参考資料 報告書1
事業名 平成28年度 青少年教育施設職員研修 事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 青少年教育施設職員 )
活動内容 その他 期 間 平成28年4月12日(火)〜4月15日(金)
事業概要  今年度新規採用となった職員が青少年教育施設職員として必要な指導スキルを修得する機会とすることや施設間連携を生み出す関係づくりの機会とすることを趣旨として行いました。参加者は、当所の新任職員7名と群馬・千葉・茨城から4施設4名が参加し合同で実施しました。
参考資料 報告書1
事業名 リスクマネジメントセミナー 事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成28年1月16日(土)〜1月17日(日)
事業概要  リスクマネジメントセミナーでは、自然体験活動推進協議会(CONE)と連携協働し、リスクマネジメントディレクター(活動現場における安全管理者)とリスクマネジャー(組織運営における安全管理者)の養成を行った。規定のカリキュラムではスタッフのトレーニングや安全確認などを行い、参加者が安心安全に事業に参加できるよう、またスタッフが不安なく参加者を迎えられるように、良い現場の雰囲気を作ることのできるスキルを学んだ。(希望者は資格申請もできるようにした)
参考資料 報告書1
事業名 平成27年度 自然体験活動上級指導者(NEALインストラクター)養成事業 事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 学校教員  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成27年12月7日(月)〜12月10日(木)
事業概要  小学校新学習指導要領に、自然体験活動を中心とする長期集団宿泊活動が推奨されたことを受け、自然体験活動上級指導者養成事業を実施し、自然体験活動プログラムの企画、実施者を養成するとともに、自然体験活動指導者(NEALリーダー)を指導できるインストラクターを養成する。
参考資料 報告書1
事業名 平成27年度
自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成事業
事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成27年11月21日(土)〜11月23日(月)
事業概要  小学校新学習指導要領に、自然体験活動を中心とする長期集団宿泊活動が推奨されたことを受け、自然体験活動指導者養成研修を実施し、特定の活動プログラムの指導に当たる指導者並び、自然体験活動の普及や振興に貢献できる指導者を養成する。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→