トップページ >  東北 > 国立磐梯青少年交流の家
事業名 猪苗代町通学キャンプ 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成28年11月6日(日)〜11月12日(土)
事業概要  猪苗代町立6小学校に在籍する4年生から6年生の希望者44名で実施した。児童は交流の家に宿泊しながら通学し、下校後は復習予習のための自学自習(学習タイム)、特設授業の受講、夕食づくりなどを行った。特に新設した特設授業では、専門家による会津歴史教室、考えを構築するデザイン教室、感謝作文つづり方教室を実施し、子供たちの学習の場を設けた。また、最終日前夜には、初めて保護者宿泊参観日を設定し、児童手作りディナー、子供と競う「子ども体験遊びリンピック」を行った。
 地元高校生や大学生の法人ボランティアの協力を得て、生活や活動の支援を受け、安心して充実した6泊7日を過ごすことができた。
参考資料 報告書1
事業名 森もり盛りキャンプ 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成28年11月5日(土)〜11月6日(日)
事業概要  森の中での遊びを通して、「36の基本的な動き」を幼児が自由に遊びながら身につけることができるように、また親子に体を動かす心地よさや楽しさを感じることができるようにするための場を提供することを目的とした。
 こどもの森での森遊びや探検、子ども体験遊びリンピックで 「36の基本的な動き」を多く取り入れた活動を行った。また屋内でのテント設営や家族ごとのテント泊体験、絵本の読み聞かせなど、親子でたくさんふれあう場を設定した。
 ととかか子育てカフェでは、保護者同士が子供の活動の様子や子育てについて話し合うことで、交流を深めたり若い親世代には子育てに関して学んだりする機会となった。
参考資料 報告書1
事業名 チャレンジ・ジオキャンプ 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成28年7月30日(土)〜8月11日(木)
事業概要  長期自然体験活動を通じて、子どもの防災力を高める様々なプログラムを提供し、防災に関する知識や技術を身につけ、災害時に自他の命を守る適切な行動について考えさせることをねらいとした。また、自ら困難を乗り越える体験を通じて、一人ひとりの自己肯定感を高めるとともに、何事にも主体的に取り組む力や支え高め合うことに対する理解を深め、協調性を育むことも併せてねらいとした。
参考資料 報告書1
事業名 ボランティアセミナー 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成28年6月4日(土)〜6月5日(日)
事業概要  ボランティア活動に興味のある高校生以上の学生、社会人を対象とし、施設での教育事業や研修支援等の運営協力・指導補助などを行うボランティア人材を養成する事業である。
 また、「ボランティア養成共通カリキュラム」に準拠した内容を実施しており、受講後は法人ボランティアとして登録する事ができる。
参考資料 報告書1
事業名 通学キャンプ
〜おらが町発見!猪苗代・通キャン大好き!〜
事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成27年11月15日(日)〜11月22日(日)
事業概要  猪苗代町内各小学校に通う5年生から6年生が、交流の家から通学した。下校後は、自由遊び、勉強、夕食作りなどを行った。夕食後のプログラムは日替わりで星空観察、レクリエーション、家族への手紙を書く活動、坐禅体験などを行った。土曜日には地域探索を行った。中学生リーダー、高校生・大学生ボランティアが生活や活動の支援を行い、小学生も安心して楽しく7泊8日を過ごすことができた。
参考資料 報告書1
事業名 免許状更新講習 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 自然観察 ) 期 間 平成27年9月21日(月)〜9月23日(水)
事業概要  今日の社会的環境,児童の現状,発達段階を踏まえ,体験活動の意義と必要性,教育的効果を理解する。また,自然体験活動を実際に体験し,教師に求められるコミュニケーション能力の向上や自然体験活動の指導方法を身につけることにより教師としての指導力の向上を図ることをねらいとして,体験活動の意義や学習指導要領における集団宿泊の位置づけ,安全管理,体験活動の指導技術,人間関係作りの手法についての内容で実施した。
参考資料 報告書1
事業名 免許状更新講習 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 自然観察 ) 期 間 平成27年9月17日(木)〜平成28年9月19日(月)
事業概要  今日の社会的環境,児童の現状,発達段階の研修を踏まえ,体験活動の意義と必要性,教育的効果について理解する。また,自然体験活動を実際に体験し,教師に求められるや自然体験活動の指導方法を身につけることにより,教師としてのコミュニケーション能力や指導力の向上を図ることをねらいとして,学習指導要領における集団宿泊の位置づけ,安全管理,体験活動の指導技術,人間関係作りの手法についての内容で実施した。
参考資料 報告書1
事業名 すくすくキャンプ 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 家族間交流 ) 期 間 平成27年7月31日(金)〜8月2日(日)
事業概要  NICU(新生児特定集中治療室)の卒業生とその家族が,ハイキング,カヌー体験,キャンプファイヤー,野外炊飯等,自然の中での様々な体験活動を通じて,互いに交流を深めるとともに,NICUの医師や保護者同士のネットワークを構築し,NICU卒業後も子育てに対する継続した支援ができる体制を整えるための事業である。日本未熟児新生児学会としては,初の取り組みとなる。
参考資料 報告書1
事業名 我ら、ジオパーク探検隊 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 森林・草原 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成27年7月17日(金)〜7月20日(月)
事業概要  挑戦意欲を高める冒険的プログラムを通して、自然の偉大さや厳しさを感じる。
 磐梯山周辺地域の地質学的価値・希少な自然の素晴らしさを感じると共に、磐梯山が噴火した明治時代の人々の様子から防災について学び、キッズジオガイドを養成する。
 集団宿泊体験において仲間との絆を深めるとともに、異年齢集団との交流を通じて自己成長の機会とする。
参考資料 報告書1
事業名 ワールド・ミーティング in 磐梯 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 大学生  その他 事業目的 その他
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成27年2月13日(金)〜2月15日(日)
事業概要  外国人青年と日本人青年が日本の様々な文化に触れながら、共同生活を通じて異文化や多様な価値観について理解する機会を作ることを目的とする。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→