トップページ >  九州・沖縄 > 国立大隅青少年自然の家
事業名 ファミリーキャンプ3月
ファミリーキャンプ3月
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 家族間交流 ) 期 間 平成29年3月11日(土)〜3月12日(日)
平成29年3月18日(土)〜3月19日(日)
事業概要  クラフト活動を通して家族の絆を深め,家族相互の交流を図ることを目的に実施した。
 1日目にプラスチック板と木工のクラフトを行い,親子一緒にオリジナルのキーホルダーやペンダントを作成した。
 2日目には,草木染めを行い,参加者はきれいに染め上げたハンカチに満足していた。
参考資料 報告書1
事業名 子どもゆめ基金体験の風リレーションシップ事業
ファミリーキャンプ3月 淵侫.潺蝓璽ャンプ─
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 家族間交流 ) 期 間 平成29年3月4日(土)〜3月5日(日)
事業概要  自然体験やクラフト活動を通して家族の絆を深め,家族相互の交流を図ることを目的に実施した。
 1日目には,各自色鮮やかなバードコールを作ったり,高隈山周辺で見られる野鳥の話を聞いたりして,翌日のバードウォッチングへの意欲を高めていった。
 2日目,小雨の中ではあったが,バードウォッチングを実施した。遠くからの観察となったが,いろいろな野鳥の鳴き声を聞くことができた。
参考資料 報告書1
事業名 児童養護施設との連携事業
〜子ども生き生き体験学習ぁ
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生  中学生  高校生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成29年2月25日(土)〜2月26日(日)
事業概要  児童養護施設と連携を深め,施設で暮らしている子どもたちがさまざまな体験活動を通して,豊かな情操を養い,自立できるように支援した。
 スケート体験を通して冬の遊びの楽しさを知ることができた。また,草木染めの体験を通して,地元の伝統文化に触れることができた。
参考資料 報告書1
事業名 子どもゆめ基金体験の風リレーションシップ事業
おおすみスポーツキャンプ
〜バスケットボール編〜
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成29年2月18日(土)〜2月19日(日)
事業概要  鹿屋体育大学との連携により、コミュニケーション能力の向上によるチームづくりや,青少年の体力・運動能力を踏まえたトレーニング法によるスポーツ技術の向上を図ることにより,青少年の自立を支援することを目的に実施した。
 今回は,体力測定や個別の練習プログラムを体験することができた。現役選手(大学生)が直接指導をするので,的確で質の高いトレーニングを受けることができ,中学生も満足していた。
参考資料 報告書1
事業名 子どもゆめ基金体験の風リレーションシップ事業
ファミリーキャンプ2月
ファミリーキャンプ2月
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 家族間交流 ) 期 間 平成29年2月11日(土)〜2月12日(日)
平成29年2月18日(土)〜2月19日(日)
事業概要  クラフト活動や星空観察を通して家族の絆を深め,家族相互の交流を図ることを目的に実施した。
 1日目に4種類のクラフト作成を行い,広いプレイホールで親子一緒に遊んだ。夜は,冬の星空を親子で見上げ,月や金星の表面を望遠鏡で観察した。
 2日目には,親子で7mの壁に挑戦するスポーツクライミングを実施した。
参考資料 報告書1
事業名 子どもゆめ基金体験の風リレーションシップ事業
おおすみスポーツキャンプ
〜バレーボール編◆
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 中学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成29年1月28日(土)〜1月29日(日)
事業概要  鹿屋体育大学との連携により,コミュニケーション能力の向上によるチームづくりや,青少年の体力・運動能力を踏まえたトレーニング法によるスポーツ技術の向上を図ることにより,青少年の自立を支援することを目的に実施した。
 中学生及び学校担当者(監督やコーチ),保護者等が参加し,体力測定や個別の練習プログラムを体験することができた。現役選手(大学生)が直接指導をするので,的確で質の高いトレーニングを受けることができ,中学生も満足していた。
参考資料 報告書1
事業名 新春ファミリーキャンプ 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 家族間交流 ) 期 間 平成29年1月14日(土)〜1月15日(日)
事業概要  クラフト活動や伝統文化体験を通して家族の絆を深め,家族相互の交流を図ることを目的に実施した。
 1日目,出会いのつどいの後,早速たこ作りに取りかかった。参加者全員が和だこ作るのが初めてで,集中して説明を聞いていた。そのご,親子で協力して作り上げていた。
 2日目,前日作ったたこを親子で楽しく揚げることができた。また,炭火でもちを焼く経験が初めての参加者が多く,もちが膨らむ様子をとても喜んでいた。
参考資料 報告書1
事業名 山から君へのメッセージ 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生  中学生  高校生   事業目的 子どもの抱える問題 ( 不登校・ひきこもり )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成28年12月25日(日)〜12月28日(水)
事業概要  冬の高隈山登山を通して,自然の厳しさを体感し,目標に向かって頑張り抜く力と協力心を培い,友情の輪を広げ,たくましく実践力のある青少年を育てることを目的に3泊4日で実施した
 鹿児島県山岳連盟の指導のもと,適切な状況判断を行い,参加者の安全を確保することができた。
 また,心に悩みを抱える参加者もみんなの支えにより,最後までやり遂げることができた。
参考資料 報告書1
事業名 家族で楽しむクリスマス 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 その他
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 家族間交流 ) 期 間 平成28年12月17日(土)〜12月18日(日)
事業概要  クリスマスに関連するクラフト活動や行事を体験し,親子で一緒に楽しむことで, 親子間の絆を深める。
 クリスマスキャンドルやキャンドルグラスを親子で作ることで家族の絆を深めたり,他の家族と仲良く過ごしたりすることができた。また,クリスマスツリーやメッセージカードを作ることで,クリスマスを迎える気持ちを高めることができた。
参考資料 報告書1
事業名 子どもゆめ基金体験の風リレーションシップ事業
ファミリーキャンプ
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 家族間交流 ) 期 間 平成28年12月10日(土)〜12月11日(日)
事業概要  自然体験やクラフト活動を通して家族の絆を深め,家族相互の交流を図ることを目的に実施した。
 1日目,テント泊を希望する参加者は,出会いのつどいの前に太陽の家の広場にテントを設営した。夜は,天文広場で星空観察を行い,美しい星空に参加者は感動していた。
 2日目には,クリスマスやお正月が近いこともあり,松ぼっくりを利用したクリスマスツリーか,ミニ門松のどちらかを選択して,作成していった。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→