トップページ >  中国・四国 > 国立室戸青少年自然の家
事業名 ジオパーク防災キャンプ 事業施設 国立室戸青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成29年10月7日(土)〜10月9日(月)
事業概要  現在の小学生が大人になるまでの間に、南海トラフを震源とした巨大地震が高い確率で発生することが予想されている。そのような状況の中で生きていく高知県民として、地震や津波に対して正しい知識を持つことや被害を最小限にとどめるための減災の考え方を身につけておくことは非常に有効である。各方面の専門家から話を聞き、実際の体験を行うことで自分たちにできることを考える機会とする。
参考資料 報告書1
事業名 日本列島ともだちの輪(夏編) 事業施設 国立室戸青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 地域間交流 ) 期 間 平成29年8月17日(木)〜8月20日(日)
事業概要  異なる地域の子どもたちが交流し、生活様式や自然環境等の違いを体験することで、ともだちの輪を広げる。離れた地域のともだちと交流することにより、お互いにとって刺激的であり、相手の地域の良さを知るとともに、自分の郷土の良さを再認識し、他者を尊重する気持ちを育むことをねらいとする。
参考資料 報告書1
事業名 平成28年度 青年期の大学生による大学生のための体験活動育成事業「ボラミックスキャンプ」 事業施設 国立室戸青少年自然の家
国立信州高遠青少年自然の家
オリンピック記念青少年総合センター・機構本部
対 象 ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( その他の交流体験 ) 期 間 平成29年2月16日(木)〜2月18日(土)
平成29年2月26日(日)〜2月28日(火)
平成29年3月3日(金)〜3月5日(日)
事業概要  ボランティア活動の活性化のため、ボランティアの養成に従事している各施設のボランティア・コーディネーターと法人ボランティアが集い、「今後の施設のあり方」を考えることを目的として、国立室戸青少年自然の家・国立信州高遠青少年自然の家にて「ボラミックスキャンプ」を実施した。また、オリンピック記念青少年総合センターにて、各施設で考えた「今後の施設のあり方」の共有を行うボランティア分科会を実施した。
参考資料
事業名 平成28年度 教員免許状更新講習
「学級指導・学級経営に生かす自然体験活動」
事業施設 国立室戸青少年自然の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成29年1月21日(土)〜1月22日(日)
事業概要  1日目は「学校教育の現状と課題」、「子供の意欲・健康に関する生活習慣の重要性」、「体験活動の意義と学習指導要領」、「災害時に役立つ野外炊事」、「安全管理」の講義と実習を行った。
 2日目は「学級経営に生かせる体験活動の指導法」、「ジオパークを生かした自然体験学習の指導法」の演習と講義を行った。
 18時間の盛りだくさんの講習であったが、体験活動の意義や指導技術の向上が図られた。
参考資料 報告書1
事業名 法人ボランティア自主企画事業 事業施設 国立室戸青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( レクリエーション ) 期 間 平成29年1月14日(土)〜1月15日(日)
事業概要  法人ボランティアリーダー自らが子供達を対象とした事業を企画・運営することを通して、今後地域における中心的な指導者になっていくための企画力・実践力・意欲を高める。
 仲間と一緒に思いっきり遊べる子供、自ら工夫して遊べる子供を育成したいという思いで、「みんなで遊ぼう」「工夫して遊ぼう」「考えて遊ぼう」とステップアップするよう2日間の計画を立て、実施した。
参考資料 報告書1
事業名 日本列島ともだちの輪(冬編) 事業施設 国立室戸青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 地域間交流 ) 期 間 平成29年1月6日(金)〜1月8日(日)
事業概要  異なる地域の子どもたちが交流し、生活様式や自然環境等の違いを体験することで、ともだちの輪を広げる。離れた地域のともだちと交流することは、お互いにとって刺激的であり、相手の地域の良さを知るとともに、自分の郷土の良さを再認識するとともに、他者を尊重する気持ちを育むことをねらいとする。
参考資料 報告書1
事業名 体験!発見!ジオパーク 事業施設 国立室戸青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 海洋 )
活動内容 文化芸術体験 ( 地域学習 ) 期 間 平成28年10月8日(土)〜10月10日(月)
事業概要  室戸世界ジオパークの地質だけでなく、その地質や地形を生かした室戸の人の営みを知ることで、ジオパークの地学や歴史学に興味関心を高めるとともに、自然の偉大さと人間に与える恵みの大きさを体感する。
参考資料 報告書1
事業名 ジオパーク防災キャンプ 事業施設 国立室戸青少年自然の家
対 象 小学生  中学生  高校生  大学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成28年9月17日(土)〜9月19日(月)
事業概要  自然災害に伴うライフラインの途絶えた中で、行政の支援が始まる72時間を生き残るために、電気やガスに頼らないサバイバル体験を行い、仲間と協力したり知恵を出し合ったりすることで不便を快適に変えることを実感する。災害時にも他人任せになったり悲観したりすることなく、自助・共助のできる青少年を育成する。
参考資料 報告書1
事業名 日本列島ともだちの輪(夏編) 事業施設 国立室戸青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 地域間交流 ) 期 間 平成28年8月17日(水)〜8月20日(土)
事業概要  異なる地域の子どもたちが交流し、生活様式や自然環境等の違いを体験することで、ともだちの輪を広げる。離れた地域のともだちと交流することは、お互いにとって刺激的であり、相手の地域の良さを知るとともに、自分の郷土の良さを再認識するとともに、他者を尊重する気持ちを育むことをねらいとする。
参考資料 報告書1
事業名 ふれあい通学合宿 事業施設 国立室戸青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成28年2月21日(日)〜2月27日(土)
事業概要  室戸市内の他地域の子どもたちがお互いに交流し、ともだちの輪を広げながら、規則正しい生活を行いながら学校に登校し通常生活を行う。青少年自然の家を家とし、多くの友達や職員、リーダーとともに学習を行ったり、自然体験活動を行ったりしながら集団生活の大切さを実感する。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→