トップページ >  中国・四国 > 国立山口徳地青少年自然の家
事業名 キッズチャレンジキャンプ 事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成29年10月14日(土)〜10月15日(日)
事業概要  未就学児(年中,年長)を対象に,様々な遊びや生活体験を通してよりよく生活しようとする心情や態度などの基礎を養うことを目的としたキャンプ。初日は施設内の一角に様々な動きを誘発する遊び場を設置し,そこで自由に遊ばせた。2日目は薪割りや包丁を使って材料を切るところから調理に関わり,カレー,豚汁,ピザを作って楽しく食べた。
参考資料 報告書1
事業名 青少年体験活動ボランティア養成研修 事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 高校生  大学生  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 その他 期 間 平成29年5月20日(土)〜5月21日(日)
平成29年6月3日(土)〜6月4日(日)
事業概要  青少年教育の体験活動を支援するボランティアに求められる知識や技能等を,講義や演習で学び,これからのボランティア活動への充実を図ることを目的とした研修である。外部の講師を招き,「ボランティア活動の意義」や「安全管理」での応急処置の方法などを習得するようにした。また,研修後には法人ボランティアの登録をし,これからのボランティア活動への意欲を高めた。
参考資料 報告書1
事業名 森の環境キャンプ 事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 森林・草原 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年3月25日(土)〜3月26日(日)
事業概要  森の木々やそこに住む生き物について考えたり,人とのつながりについて考えたりする活動を通して,森の環境への関心を高めるキャンプ。葉っぱの下に棲む生き物に着目し,さらに森に棲んでいる生き物の生態系について考え,森の木々の役割について学んだ。そして,森の環境と人間の生活のつながりや森を守るための間伐という活動について体験的に学び,間伐材を活用したクラフト作りを楽しんだ
参考資料 報告書1
事業名 元気いっぱい!ちびっこキャンプ 事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成29年3月18日(土)〜3月19日(日)
事業概要  未就学児(年中,年長)に多様な動きを獲得させ,体力・運動能力の基礎を培うことを目的としたキャンプ。施設内の一角に様々な遊び場を設置し,そこで自由に遊ばせながらバランスをとったり物を操作したりして多様な動きを引き出す。参加者の関わりやすい雰囲気づくりとして合間におやつを作り一緒に食べる時間も設定した。
参考資料 報告書1
事業名 「学び合う集団づくり」セミナー 事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成29年2月4日(土)〜2月5日(日)
事業概要  「徳地アドベンチャープログラム」(以下,TAP)の体験や理念,菊池省三氏の実践紹介を通して,学校において,児童・生徒集団を自ら主体的,能動的に成長を図ろうとする「学び合う集団」に育てるための理念や手法を学び,指導者としての資質,能力の向上をめざした。
参考資料 報告書1
事業名 「徳地アドベンチャープログラム」指導者講習会 事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成29年1月7日(土)〜1月8日(日)
事業概要  「徳地アドベンチャープログラム」(以下,TAP)の実習や講義を通して,高め合う集団づくりに必要な人間関係の構築や自己肯定感の向上を目的としたグループワークにおける指導者に求められる知識・技能を習得することを目標に企画した。本所職員が参加者にファシリテーションを行い、指導者視点のふりかえりをしながら活動の意図を確認したり内容が適切だったかを協議したりした。
参考資料 報告書1
事業名 H28年度 山口徳地天体観察指導者養成講習会 事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成28年12月3日(土)〜12月4日(日)
事業概要  本所を利用する団体や各種事業において,天体観察を実施する際の指導者を養成することを目的に開催した。本所が有する510mm反射望遠鏡の操作方法を習得したり、同日開催した本所教育事業「星をみる会」(天体観察会)の見学をしたりして、講師としての指導内容や手法等を学んだ。
 ・講義「天体観察施設・教材とその活用について」
 ・指導実習「本所教育事業『星をみる会』の準備から、指導補助」
 ・講義・プレゼンテーション「屋内での星の話」
参考資料 報告書1
事業名 森の子くらぶ 秋の会 事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 その他
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成28年11月12日(土)〜11月13日(日)
平成28年11月19日(土)〜11月20日(日)
事業概要  自然体験活動を通して自然に親しむ態度や豊かな情操を育むとともに、集団での宿泊体験を通して自立心や望ましい生活習慣を身に付ける素地を養うことを目的に本事業を行った。
 ・自然体験活動(フィールドビンゴ)
 ・竹ランタンに火を灯そう
 ・野外炊飯(親子丼を作ろう)
参考資料 報告書1
事業名 「徳地アドベンチャープログラム」研修会
〜笑顔あふれるクラスづくりのために〜
事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成28年10月15日(土)〜10月16日(日)
事業概要  「徳地アドベンチャープログラム」(以下,TAP)の体験を通して,TAPで大切にしている考え方を理解し、参加者それぞれの指導や活動の場面で、TAPの考え方や手法を実践する意欲を高めることを目指すことを目標に企画した。TAPを実践している教員2名を講師として迎え、学校の現状報告及び実践紹介をいただいた。TAP実践及びその理論活用のための一助となったとともに、学校等で活用する意欲の向上につなげることができた。
参考資料 報告書1
事業名 平成28年度
青少年体験活動ボランティア入門セミナー
事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 大学生  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( その他の奉仕体験 ) 期 間 平成28年9月23日(金)〜9月24日(土)
事業概要  国立青少年教育振興機構のボランティア養成共通カリキュラムに対応した研修を行い、青少年教育の体験学習活動を支援するボランティアに求められる知識や技能を習得させ、教育事業や研修支援事業などへの運営協力や指導における実践機会の場面を与えることで、ボランティア活動への意欲を高めることができた。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→