トップページ >  近畿 > 国立曽爾青少年自然の家
事業名 そにっとキャンプ 冒険のキャンプ 事業施設 国立曽爾青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子どもの抱える問題 ( 発達障害 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年8月25日(金)〜8月27日(日)
事業概要  全3回の第2弾として、子供たちは山・水の冒険、保護者は、ワークショップや野外炊事、子供たちの応援などのプログラムに取組む親子別2泊3日のキャンプを実施した。
 1回目同様、「そにっと」のキャラクター活用し、ミッションが与えられるストーリーキャンプを行った。活動全体では手順カードで子供たちに流れを事前に提示し、見通しをもって行動できるようにした。また、「キャンプのやくそく」により具体的な好ましい行動を示し、達成感を味わうことができるようにした。
参考資料 報告書1
事業名 夢冒険 真夏にチャレンジ
〜『∞』の一歩〜
事業施設 国立曽爾青少年自然の家
対 象 中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年8月6日(日)〜8月13日(日)
事業概要  曽爾青少年自然の家から伊勢まで続く伊勢街道を辿り、そこにある「自然」「人」「歴史」に触れ、仲間とともに様々な課題や困難を乗り越える移動型キャンプ。
 約100kmの道のりは「歩くこと」と「川下り」を組み合わせ、一歩一歩、一漕ぎ一漕ぎ、仲間と声をかけ合い、協力しながら、自分と向き合い、仲間と助け合い目的地を目指した。野外調理や川の活動、ウォークラリーなどの体験活動を盛り込みながら、仲間と共に協力する場面、自分自身の力を発揮する場面を設け、様々なことにチャレンジした。
参考資料 報告書1
事業名 教員免許状更新講習
「学校教育における自然体験活動」
〜体験の風をおこそう〜
事業施設 国立曽爾青少年自然の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年7月24日(月)〜7月25日(火)
事業概要  本講習は「教員免許状更新講習」の選択講習(12時間)として奈良教育大学と連携して実施したものである。本講習では、自然体験活動の教育課程上の位置づけや各教科との関係、体験活動の効果や重要性について、学校での実践事例を通して確認した。同時に、学校でよく行われている野外活動(キャンプファイアー、野外炊事など)について、実習を通して最新の知識や技能、指導法を習得できるプログラムとして、また、各校で自然体験活動の普及・啓発に努める力を育成することを目指して内容を構成した。
参考資料 報告書1
事業名 曽爾ボランティア養成研修 第1回 事業施設 国立曽爾青少年自然の家
対 象 高校生  大学生  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成29年4月22日(土)〜4月23日(日)
事業概要  本事業は、施設ボランティアとして、自然体験活動を支援するために必要な資質の確保並びに、ボランティア活動の意義や知識・技能の習得を目指し、施設ボランティアの役割やボランティア活動の魅力を伝えることを目的に行われた。また、当施設の使い方や様々な野外活動の実施方法なども含めて、ボランティアとして今後必要な力を「体験」を通して身につけるとともに、参加者が互いにコミュニケーションをとることができるプログラムを実施した。
参考資料 報告書1
事業名 幼児からの自然体験活動 「あそべ!げんキッズ」 事業施設 国立曽爾青少年自然の家
対 象 幼児   事業目的 学校教育支援 ( 幼稚園・保育園 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年4月1日(土)〜平成30年3月31日(土)
事業概要  モデル園を対象に、曽爾の豊かな自然の中で、登山などの自然体験活動や外遊びを通して、体を動かすことの楽しさや心地よさを感じることができるプログラムを実施した。
参考資料 報告書1
事業名 そにっとキャンプ 旅立ちのキャンプ 事業施設 国立曽爾青少年自然の家
対 象 小学生  親子   事業目的 子どもの抱える問題 ( 発達障害 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年1月28日(土)〜1月29日(日)
事業概要  全3回の最終回として、子供は1泊2日、保護者は日帰りキャンプを実施した。子供は「亀山登山」「そにリンピック」「汁物作り」、保護者は2日目から参加し「焼き芋作り」に取組んだ。午後からは、親子が「そにっとキャンプ」の思い出のスピーチをして、本事業のまとめとした。
 曽爾のキャラクター「そにっと」が登場してミッションが与えられるストーリーキャンプを行った。活動全体においては「手順カード」を活用し、「キャンプのやくそく」により具体的な好ましい行動を示し、達成感を味わうことができるようにした。
参考資料 報告書1
事業名 夢冒険 真冬にチャレンジ
〜一歩から広がる『∞』の可能性〜
事業施設 国立曽爾青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年1月7日(土)〜1月9日(月)
事業概要  『∞』の可能性をテーマに、真夏にチャレンジの体験や経験を活かし、冬の自然の素晴らしさや厳しさを自ら体験し、そこにある「自然」「人」「歴史」に触れ、仲間とともに、冬のテント泊や登山などの様々な困難やチャレンジを重ねた。
 また、夏のキャンプのふりかえりや夏から冬の自分の成長の発表、冬の冒険、テント設営宿泊体験、自炊、早朝ハイキング(日の出鑑賞)などの活動を盛り込んだプログラムを通して、曽爾周辺の自然にふれると共に、自分や仲間と向き合った。
参考資料 報告書1
事業名 夢冒険 真夏にチャレンジ 〜『∞』の一歩〜 事業施設 国立曽爾青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成28年8月7日(日)〜8月14日(日)
事業概要  曽爾から伊勢まで続く伊勢本街道を辿りながら、そこにある「自然」「人」「歴史」に触れ、仲間とともに様々な困難やチャレンジを乗り越え、約100kmの道のりを歩く移動型キャンプを行った。1日16km前後の距離を5日間かけて歩き、最後の道のりは夜間歩行を行った。
 野外調理や川・海の活動、ウォークラリーなどの体験活動を盛り込みながら、仲間と共に協力する場面、自分自身の力を発揮する場面を設け、様々なことにチャレンジした。
参考資料 報告書1
事業名 教員免許状更新講習
「学校教育における自然体験活動」
〜体験の風をおこそう〜
事業施設 国立曽爾青少年自然の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成28年7月25日(月)〜7月26日(火)
事業概要  本講習は「教員免許状更新講習」の選択講習(12時間)として奈良教育大学と連携して実施したものである。本講習では、自然体験活動の教育課程上の位置づけや各教科との関係、体験活動の効果や重要性について、学校での実践事例を通して確認するとともに、学校でよく行われている野外活動(キャンプファイアー、野外炊事など)について、実習を通して最新の知識や技能、指導法を習得できるプログラムとして、また、各校で自然体験活動の普及・啓発に努める力を育成する内容で構成した。
参考資料 報告書1
事業名 「そにっとキャンプ 出会いのキャンプ」 事業施設 国立曽爾青少年自然の家
対 象 小学生  親子   事業目的 子どもの抱える問題 ( 発達障害 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成28年5月28日(土)〜5月29日(日)
事業概要  仲間作りと曽爾の秘密をさぐることをテーマとしたストーリーキャンプを実施した。活動全体において手順カードでプログラムの流れを子供たちに視覚化して示した。1日目の「そにっとウォークラリー」では、指令に沿って班で協力しながら曽爾高原を巡り、亀山に向かって班で決めた一言を大きな声で叫んだり、班の仲間と協力してポーズを考えて記念写真を撮ったりして、コミュニケーションを深めた。夜の活動では「ナイトハイク」を実施した。不安に打ち勝とうと、声を掛け合ったり、まとまって歩いたりする様子が見られた。2日目の野外炊事では、かまど係・調理係に分かれてお好み焼き作りに取組んだ。「むすびの式」ではサイン交換を行い、冒険のキャンプでの再会を誓い合った。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→