トップページ >  北海道 > 国立大雪青少年交流の家
事業名 子どもたちのワンダーランド 春編 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年3月17日(土)〜4月2日(月)
事業概要  小学生が春休みを利用して、子ども達だけで宿泊活動を行い、自分たちで企画した体験活動、集団宿泊を通して、生活リズムを身に付けさせるとともに、地域自然環境、体験活動の楽しさを感じ取り、併せて子供の自主・自立の心を育てる。
参考資料 報告書1
事業名 子供クロスカントリースキー教室 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年2月24日(土)〜2月25日(日)
事業概要  ・スキーを通した野外活動を通して、身近な冬の自然に親しむ態度を養う。
 ・異年齢での遊びを通して、友達との関わり方や集団遊びの楽しさを体験する。
参考資料 報告書1
事業名 Taisetsu Futsal Festival 2018 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年1月27日(土)〜1月28日(日)
事業概要  試合を通し選手同士の交流、技術の向上を図るとともに、夜には選手間のコミュニケーショントレーニングや、保護者対象として家庭でできるアスリートの育て方、身体作りに役立つ生活習慣の改善、食事のとり方等の講義を行う。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成事業 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年1月22日(月)〜1月24日(水)
事業概要  全国体験活動指導者認定委員会が制定した「自然体験活動指導者養成カリキュラム」に則り、青少年向け自然体験活動プログラムにおいて、子どもの発達段階に応じて適切かつ安全に指導ができる自然体験活動指導者を養成する。
参考資料 報告書1
事業名 子どもたちのワンダーランド 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年12月26日(火)〜平成30年1月14日(日)
事業概要  小学生が冬休みを利用して、子ども達だけで宿泊活動を行い、自分たちで企画した体験活動、集団宿泊を通して、生活リズムを身に付けさせるとともに、地域自然環境、体験活動の楽しさを感じ取り、併せて子供の自主・自立の心を育てる。
参考資料 報告書1
事業名 みんなでバスケ 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成29年12月23日(土)〜12月24日(日)
事業概要  バスケットボールをとおして交流を深め、協調性や技術向上を図る。
 冬季は子供たちの運動する機会が減るため、運動不足の解消を促す。
参考資料 報告書1
事業名 白金カップクロスカントリースキー記録会 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生  大学生  その他 事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成29年12月9日(土)〜12月10日(日)
事業概要  ・クロスカントリースキー選手の競技力を高めるとともに参加者の交流を深める。
 ・雪のない時期のトレーニングの場としての利用を促す。
参考資料 報告書1
事業名 ココロとカラダをリフレッシュ 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 大学生  その他 事業目的 その他
活動内容 文化芸術体験 ( 創作活動 ) 期 間 平成29年10月28日(土)〜10月29日(日)
事業概要  勉強や仕事で毎日を忙しくしている成人女性が、活動をとおして心身共にリフレッシュを図る。
参考資料 報告書1
事業名 ゆーすフェスタ 2017 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  中学生  高校生  大学生  親子  その他 事業目的 その他
活動内容 その他 期 間 平成29年10月1日(日)
事業概要  幅広い世代や地域の方々と交流し、子供たちが様々なプログラム(発表・展示・自然体験他)の体験を通して、体験活動の関心を高めるとともに、多くの方々に交流の家の活動を知っていただく機会として実施。
参考資料 報告書1
事業名 海の子 山を知る 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年9月23日(土)〜9月24日(日)
事業概要  日頃から海辺における体験活動を行うことが多い子どもたちが、北海道の内陸に位置する大雪青少年交流の家周辺のフィールドを活用した体験活動をとおして、地域の特色や差異を肌で感じる場とするとともに、自分の住む地域の良さを再確認する機会とする。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→