トップページ >  関東・甲信越 > 国立妙高青少年自然の家
事業名 学社共同参画セミナー 事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 大学生   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年2月16日(金)〜2月18日(日)
事業概要  教員等を目指す学生に対し、社会教育に関する演習を実施し、事業の企画・運営・評価を実践的に学ぶ機会を提供する。
 社会教育に関する演習では、スノーシューハイク、雪中泊を実施した。
 また、演習での体験をもとに、各グループで事業をマネージメントし、それぞれに対して意見交流を行った。
参考資料 報告書1
事業名 学社共同参画セミナー 事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 大学生   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年8月20日(日)〜8月22日(火)
事業概要  教員等を目指す学生に対し、社会教育に関する演習を実施し、事業の企画・運営・評価を実践的に学ぶ機会を提供する。
 社会教育に関する演習では、人と関わる体験活動と自然の関わる体験活動の2つの視点で実施した。
 また、企画・運営・評価に関しては、妙高体験学習法とプログラムデザインの手法を元にチームに分かれ立案、発表を行った。
参考資料 報告書1
事業名 教員免許状更新講習 事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 学校教員  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成29年8月8日(火)〜8月10日(木)
事業概要  1日目に、講義「体教育における体験活動の意義」、実習「体験活動の指導法機
 2日目に、講義「体験活動の指導法供彈遜「体験と学びのある総合的な学習の創造」
 3日目に、講義「長期集団宿泊体験活動の意義と安全管理」実習「体験活動の指導法掘廚鮃圓辰拭
 また、3日間の講習について、それぞれ認定試験を実施した。
参考資料 報告書1
事業名 妙高アドベンチャープログラム指導者養成研修 事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成29年6月9日(金)〜6月11日(日)
事業概要  教職員、社会教育関係者、一般の方、学生等、妙高アドベンチャープログラム指導者を目指す方を対象に、児童・生徒のコミュニケーション能力の向上に資する指導法について研修し、実際の教育現場で集団内の一人一人の信頼と安心を構築することのできる妙高アドベンチャープログラムの指導者を育成する。
参考資料 報告書1
事業名 妙高ネイチャープログラム・
幼児の自然体験活動指導者養成研修
事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 大学生  学校教員  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年6月2日(金)〜6月4日(日)
平成30年2月2日(金)
事業概要  環境教育等についての講義・演習や源流体験など妙高ネイチャープログラムの様々な体験を通して、環境教育の指導者として必要な資質や指導力の習得を目指す。併せて平成28年度に開発した大洞原ハイキング(森林)コース・元気もりもりの森を活用したプログラム開発研修も実施した。さらに幼児の自然体験活動指導者養成の講座も設け、施設の幼児プログラム担当職員を講師とし園の先生方の指導に生かせるようにした。
 冬季の研修においては、スノーシューハイクも内容に加え、研修の充実を図った。
参考資料 報告書1
事業名 NEAL自然体験活動指導者(リーダー)養成研修
兼 MYOKOボランティア養成研修
事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 大学生  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年5月19日(金)〜5月21日(日)
事業概要  自然体験活動指導者(NEALリーダー)と青少年教育振興機構の法人ボランティアの養成カリキュラム互換事業として実施し、NEALリーダー及び法人ボランティアの養成・普及を図る。
 本年度、NEALリーダーの養成研修を含め連続する3日間で事業を行った。NEALリーダー養成研修については、1日目2日目で修了できる様に日程を組んだ。3日間受講した者は、NEALとボランティアの両資格を取得できるものとした。
参考資料 報告書1
事業名 ボランティア育成プロジェクト 事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 大学生  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年5月14日(日)
平成29年6月24日(土)〜6月25日(日)
平成29年8月26日(土)〜8月27日(日)
平成29年11月3日(金)〜11月4日(土)
平成29年12月9日(土)〜12月10日(日)
平成30年3月10日(土)〜3月11日(日)
事業概要  ,魯椒薀鵐謄ア養成研修の準備として、野外炊事の安全管理講習と妙高青少年自然の家のボランティアについて共通理解を図った。
 ◆↓は「MYOKOサンクスプロジェクト(感謝祭ボランティア企画)」としての10月に実施される感謝祭で出店するブースの企画立案を行った。
 ぁ↓イ砲弔い討蓮◆屬呂庸魯ャンプ!in妙高・企画運営委員会」として、1月に実施した小学生向けキャンプの企画立案を行った。
 Δ蓮嵎神29年度のまとめと次年度に向けて」として、各ボランティアの取組を発表し、意見交換を行った。また、次年度に向けて「ボランティア」についてディスカッションし、ボランティアについて理解を深めた。
参考資料 報告書1
事業名 妙高ネイチャープログラム スキルアップ研修 事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 大学生  学校教員  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 川・湖での活動 ) 期 間 平成29年5月6日(土)
事業概要  5月のスキルアップ研修では、源流探険コースの冬期からの雑木除去作業などのコース整備作業を行った。実際に源流探険コースを歩きながら、子どもが目に当たりそうな枝を落としたり、倒木の撤去をしたりした。整備をしながら、指導に生かせそうな植物の確認や指導内容の共通理解を行った。
 同日開催の妙高ユニバーサルプロジェクト(学生ボランティア活動)に参加している学生も整備作業に加わった。指導は、小中学生に対して行うことが多いが、今回は整備に加わった学生に対して指導を行ったことにより、より年齢が大きな相手がどのようなことに疑問を抱いたり、興味関心を示したりするのか学べた。
参考資料 報告書1
事業名 豊かな実践活動・体験活動推進フォーラム 事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 その他
活動内容 その他 期 間 平成28年11月5日(土)〜11月6日(日)
事業概要  全国小学校学校行事研究会との共催事業として、青少年教育施設職員,教育行政関係者,青少年団体関係者,学校教員,自然学校といった民間教育団体関係者等が一堂に会し,体験活動の充実のための基調講演及びシンポジウム等を実施した。
 指導者間のネットワークを拡げることをねらいとして,学校教育・青少年教育・幼児教育の3分科会を開催し,団体間の情報の交換・交流の場となった。
参考資料 報告書1
事業名 妙高アドベンチャープログラムスキルアップ研修 事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成28年10月22日(土)〜10月23日(日)
事業概要  教職員、社会教育関係者、一般の方、学生等、妙高アドベンチャープログラム指導者養成研修を受講した人を対象に、児童・生徒のコミュニケーション能力の向上に資する指導法について研修し、実際の教育現場で集団内の一人一人の信頼と安心を構築することのできる妙高アドベンチャープログラムの指導者のスキルアップを目指す。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→