トップページ >  東北 > 国立那須甲子青少年自然の家
事業名 子どもを支援する青年ボランティア養成研修 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 大学生  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成30年6月16日(土)〜6月17日(日)
事業概要  本施設や、本機構で活躍するボランティアの養成を目的とした研修を実施した。
 NPO法人の理事や大学教授などを講師としてお招きし、「青少年教育施設の役割」や、「ボランティア活動の意義」、「青少年理解」などの講義を行っていただいた。また、演習として、「野外炊事」を実際に体験したり、当施設の事業の企画案を考えたりすることにより意欲的を高める内容となった。
参考資料 報告書1
事業名 体験活動推進委員養成講座 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成30年3月3日(土)
事業概要  受講者が、「体験活動推進員」として活躍してもらうために、西郷村と連携して行った。
 福島大学や那須高原ビジターセンターなど、当施設近隣で活躍している専門家を講師とし、「青少年の現状と課題」「青少年の体験活動の意義と実際」「体験活動の安全管理」の講義を行った。
 実際の活動に照らし合わせて考える時間を設けることで、参加者同士、理解を深め実践的に学ぶことができた。
参考資料 報告書1
事業名 第4回なすかしの森ファミリーミーティング 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 幼児  小学生  中学生  親子   事業目的 子育て
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( 雪中での活動 ) 期 間 平成30年2月17日(土)〜2月18日(日)
事業概要  幼児・小学生・中学生のいる親子を対象に自然体験を通して絆を深めることを目的として、スキーやスノーボード等の雪中活動を行った。能力別のグループに分かれ、インストラクターの指導もと、技能の向上に取り組み、自由滑走の時間で家族ごとに滑れるようにした。また、学生ボランティアが企画運営し家族同士が交流できるプログラムを行った。
 ウインタースポーツの楽しさを実感し、家族の絆を再確認することができた。
参考資料 報告書1
事業名 なすかしの森 ステップアップスクール 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 家族間交流 ) 期 間 平成30年2月3日(土)
事業概要  小学校入学を控えた幼児を含む親子や幼稚園・保育園・こどこも園の指導者を対象に、「36の基本的な動き」を活用し、幼児期に必要な体力・運動能力の基礎を培うため、様々な体験活動を行った。
 屋内でも楽しめる「運動遊び体験」を通して、楽しく体を動かし、親子のコミュニケーションも促進することができた。また、指導者も一緒に体験することで、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」をみんなで考える一助となった。
参考資料 報告書1
事業名 なすかしの森 親子キンボール教室 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 小学生  親子   事業目的 その他
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( その他のスポーツ・レクリエーション ) 期 間 平成30年1月20日(土)〜1月21日(日)
事業概要  キンボール体験を通して、親子間の交流を目的として実施した。福島県キンボールスポーツ連盟理事長を講師に、基本動作から、ルールを学んで、体験した。幅広い年齢層が同じコートで試合を行い、チームで応援し合い、無理なく楽しく交流することができ、チームワークを高めることができた。
参考資料 報告書1
事業名 第3回なすかしの森ファミリーミーティング 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 幼児  小学生  中学生  親子   事業目的 子育て
活動内容 文化芸術体験 ( 創作活動 ) 期 間 平成29年12月16日(土)〜12月17日(日)
事業概要  幼児・小学生・中学生のいる親子を対象に創作体験を通して絆を深めることを目的として、クリスマスリースやクリスマスケーキ作りを行った。いろいろな年齢構成がある中で、家族間で話し合い、個性豊かなリースやケーキができあがった。ケーキを食べている間も、笑顔で、会話が弾み、有意義な交流の場となった。
参考資料 報告書1
事業名 なすかしの森ファミリーフェスティバル 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 幼児  小学生  中学生  親子   事業目的 子育て
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 家族間交流 ) 期 間 平成29年10月28日(土)〜10月29日(日)
平成29年10月29日(日)
事業概要  家族を対象とし、大自然の中で親子の交流を図ることを目的に「遊びリンピック」(宿泊者対象)、「体験プログラム」、「協力団体プログラム」を行った。
 「遊びリンピック」では、様々な競技を行い記録を競い合い、「体験プログラム」では、本施設の所員やボランティアを中心に様々な体験を行った。また、多くの協力団体にも、ブースを担当することにより、多様なプログラムを実施した。
参考資料 報告書1
事業名 なすかしの森チャレンジスクール 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( その他の交流体験 ) 期 間 平成29年9月6日(水)〜9月8日(金)
事業概要  本施設のある西郷村立小学校全5校に在籍する6年生が、中学校に進学するに当たって、不安をなくし、意欲を持つとともに中1キャップを解消することを目的に実施した。村長や教育長、中学校長の講話や、学校を超えた男女混合グループで、様々な体験プログラムを行うことで、交流が深まるよう工夫した。本事業と村内立小学校5年生対象のセカンドスクールと継続することで中1ギャップ解消につながる。
参考資料 報告書1
事業名 まるごとふくしま冒険キャンプ 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成29年7月29日(土)〜8月6日(日)
事業概要  20名の小学生がボランティアの若者と9日間にわたって地域の自然や文化、施設や人材等の特色を生かした様々な活動に集団で挑戦する過程で、自分で考えて行動する力、仲間に対する思いやりや助け合う心、身近な方々や社会に対する感謝の気持ち、忍耐力等を育んでいく。また、地元福島県の地域教育力を最大限に生かし、郷土に目を向けられる心情を育てる。
参考資料 報告書1
事業名 第2回なすかしの森ファミリーミーティング 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 幼児  小学生  中学生  親子   事業目的 子育て
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成29年7月8日(土)〜7月9日(日)
事業概要  幼児・小学生・中学生のいる親子を対象に自然体験を通して絆を深めることを目的として、野外炊事やキャンプファイヤーを行った。家族間で話し合い、調理メニューを決める「びっくり野外炊事」や参加者全員が一体感感じることのできたキャンプファイヤーやキャンプ生活の体験も行うことで、家族について考える一助ともなった。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→