トップページ >  九州・沖縄 > 国立沖縄青少年交流の家
事業名 ボランティア自主企画事業
「わくわく自然体験inとかしき」
事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  親子  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成30年10月20日(土)〜10月21日(日)
事業概要  これまで培った知識・技能・経験を活かした自然体験活動における企画や実践的な取り組みをとおしてボランティアとしての意識の向上を図るとともに、新人ボランティアにはこれからの活動にむけた教育的視点づくりを行う。また、参加者に対し、集団宿泊体験をとおして、家族や仲間との交流、ふれあいの大切さや自然体験活動の魅力を伝える。
参考資料 報告書1
事業名 美ら島サンゴ大作戦
〜みつけよう サンゴと人の過去・現在・未来〜
事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 海洋 )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成30年10月13日(土)〜10月14日(日)
事業概要  サンゴという題材をとおして多様な生物のつながりや地球規模の 環境課題について知識を深めることにより、身近な環境問題につ いて関心を高め地域の一員として積極的に環境保全活動に取り組 もうとする意欲を高める。
参考資料 報告書1
事業名 とかしきボランティアスクール及び自然体験活動指導者(NEAL リー ダー)養成事業´ 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成30年5月19日(土)〜5月20日(日)
平成30年9月1日(土)
事業概要  これからボランティア活動を始める方を対象に、独立行政法人 国立青少年教育振興機構「ボランティア養成カリキュラム」に基づ き、ボランティア活動に必要な基礎的な知識や技能を習得させ、ボ ランティアの登録を行う。また、事業全体をとおし仲間づくりを行うこ とで、異年齢交流や様々な価値観に出逢い、ボランティアの事業参 画についての意識向上を図るとともに、青少年の自己実現、自己 発見の場を提供し、主体的な活動を支援する。
参考資料 報告書1
事業名 しまラブ 〜We love とかしき〜 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成30年2月13日(火)〜2月15日(木)
事業概要  法人ボランティアが他府県の法人ボランティアとの交流により培った知識・技能・経験を活かし、自然体験活動における実践的な取り組みを通して、ボランティアとしての意識の向上を図る。また、参加者に対し、集団宿泊体験を通して、仲間との交流、自然体験活動と法人ボランティアの魅力を伝える。
参考資料 報告書1
事業名 美ら島サンゴ大作戦
〜 みつけよう サンゴの不思議 〜
事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 海洋 )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成29年10月7日(土)〜10月9日(月)
事業概要  サンゴという題材をとおして多様な生物のつながりや地球規模の環境課題について知識を深めることにより、身近な環境問題について関心を高め地域の一員として積極的に環境保全活動に取り組もうとする意欲を高める。
参考資料 報告書1
事業名 平成29年度 教員免許状更新講習 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成29年8月23日(水)〜8月25日(金)
事業概要  学校教育における体験活動は、豊かな人間性や自ら学び・自ら考える力などの生きる力の基盤の育成、子供の成長の糧としての役割が期待されている。
 本事業では、講義や実習を通して自然体験活動の意義を理解し、活動に伴う安全管理の意識を高めるとともに学校における体験活動の指導法の工夫改善に資するなど、教員の資質向上を図る。
 選択領域18時間分の講義・実習を行う。
参考資料 報告書1
事業名 無人島アドベンチャーキャンプ2017 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成29年7月24日(月)〜7月30日(日)
事業概要  豊かな自然に恵まれている反面、厳しい生活環境の「無人島」において、全国各地から集まった小中学生が助け合い、協力し合ってサバイバル活動や集団生活を行うことで、自分の力で生きる技能と自信を持ち、たくましい青少年を育成する。
参考資料 報告書1
事業名 とかしきボランティアスクール及び
自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成事業
事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成29年5月3日(水)〜5月5日(金)
事業概要  これからボランティア活動を始める方を対象に、独立行政法人国立青少年教育振興機構「ボランティア養成カリキュラム」に基づき、ボランティア活動に必要な基礎的な知識や技能を習得させ、ボランティアの登録を行う。また、事業全体をとおし仲間づくりを行うことで、異年齢交流や様々な価値観に出逢い、ボランティアの事業参画についての意識向上を図るとともに、青少年の自己実現、自己発見の場を提供し、主体的な活動を支援する。
参考資料 報告書1
事業名 教員免許状更新講習 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成28年12月23日(金)〜12月25日(日)
事業概要  学校教育における体験活動は、豊かな人間性や自ら学び・自ら考える力などの生きる力の基盤の育成、子供の成長の糧としての役割が期待されている。
 本事業では、自然体験活動の意義を理解し、活動に伴う安全管理の意識を高めるとともに学校における体験活動の指導法の工夫改善に資するなど、教員の資質向上を図る。
参考資料 報告書1
事業名 イチ・ニ・サンゴ大作戦 事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 海洋 )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成28年10月8日(土)〜10月10日(月)
事業概要  サンゴという題材をとおして多様な生物のつながりや地球規模の環境課題について知識を深めることにより、身近な環境問題について関心を高め地域の一員として積極的に環境保全活動に取り組もうとする意欲を高める。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→